マリアナ 沖 海戦。 【1944年 マリアナ沖海戦】多数の航空戦力を喪失。事実上の機動部隊壊滅

マリアナ沖海戦航空母艦一覧: 空のカケラ ライブラリ

✌ アウトレンジ戦法 [ ] 詳細は「」を参照 本作戦で小沢長官が採用したアウトレンジ戦法は、成果をあげずに多大な犠牲を払うこととなり、連合軍からは「マリアナの撃ち Great Marianas Turkey Shoot 」と揶揄される結果になった。 C08030713100「昭和19年6月20日 軍艦利根戦闘詳報 第7号 あ号作戦中対空戦闘に対する分 」• 「昭和19年6月20日 軍艦利根戦闘詳報 第7号 あ号作戦中対空戦闘に対する分 」第11-12画像、安永弘『死闘の水偵隊』344頁、筑摩所属偵察機乗員。

5
あ号作戦中の邀撃任務に出た21隻のうち8隻の喪失(、、、、、、、) 20隻の内訳(公刊戦史「潜水艦史」による) 5月3日「あ号作戦計画」発令 5月14日「あ号作戦配備」発令 各潜水艦は邀撃任務のため担当散開線に向かう (5月16日没)、(5月19日没) 5月20日「あ号作戦計画開始」発令 ロ106(5月22日没)、ロ104(5月23日没)、ロ116(5月24日没)、ロ108(5月26日没)、ロ105(5月30日没) 6月13日「あ号作戦決戦用意」発令 潜水艦部隊はマリアナ東方海域に急行 6月19〜20日 水上戦闘 6月21日 展開潜水艦部隊に帰還指令 この間での未帰還 イ184、イ185、ロ36、ロ42、ロ44、ロ111、ロ114、ロ117 孤立したマリアナ諸島への物資輸送、通信連絡、パイロット・第六艦隊司令部収容任務での未帰還 、、、、 7月27日を以ってア号作戦中部太平洋潜水艦作戦中止 損失航空機 艦載機と水上機や基地など476機 死傷者 航空搭乗員戦死445名、艦乗組員戦死と失踪3000名以上 その他• 防衛研修所戦史室編 『 41 捷号陸軍作戦 1 レイテ決戦』 、1970年 関連文献 [ ]• 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 「マリアナ沖海戦」の解説 マリアナ沖海戦 まりあなおきかいせん 太平洋戦争末期、1944年(昭和19)6月19~20日に行われた日米艦隊決戦。 渾作戦 [ ] 詳細は「」を参照 5月27日、アメリカ陸軍を主体とした連合軍は西部ニューギニア沖合のへ上陸を開始した。

マリアナ沖海戦航空母艦一覧: 空のカケラ ライブラリ

📱 旗艦 空母) 空母3隻 巡洋艦3隻 駆逐艦14隻 第58. しかも、 この作戦は日本海軍がアメリカを仮想敵国とした明治以来、 研究に研究を重ねてきた武器や戦術、 そして訓練に訓練を重ねてきた邀撃漸減作戦をほぼ計画通りに実施できた作戦であり、 さらにアメリカに先立ち日本海軍が先制攻撃によって開始された作戦であった。 本論では「あ」号作戦の敗因およびその問題点を、 日本海軍の対米戦略や日本海軍の体質など、 この作戦に敗北した要因を戦略的歴史的に考えてみたい。 1 作戦構想と作戦準備 1 「あ」号作戦の原型 邀撃漸減作戦 「あ」号作戦の最大の特徴は日本海軍が明治以来、 営々として構築し演練して来た邀撃漸減作戦を実施したことである。 言葉を変えるならば日本海軍は、 この作戦のために編成も、 艦艇や航空機の建造や装備も、 そして訓練もこの作戦構想に沿って行ってきた。 この邀撃漸減作戦の構想はワシント会議やロンドン会議で、 兵力が劣勢に押さえ込まれた日本海軍がユットランド沖海戦などの戦訓などをもとに1918年にほぼ概成したもので、 1923年には「帝国軍の用兵綱領」に「敵艦隊ノ東洋方面ニ来航スルニ及ヒ、 其途ニ於テ逐次ニ其勢力ヲ減殺スルニ努メ、 機ヲ見テ我主力艦隊ヲ以テ之ヲ撃破ス」と規定され、 東洋所在のアメリカ艦隊を開戦初頭に撃破し、 フィリピン・グアムを攻略後は太平洋を横断して来攻するアメリカ艦隊を、 潜水艦・航空機および水雷戦隊の夜戦によって逐次撃破して勢力の漸減に努め、 同等の兵力となった時期に決戦を挑み撃破するという作戦で、その作戦は概略次の3段階から構成されていた。 1 潜水艦部隊を米艦隊の所在地 ハワイ に派遣して、 その動静を監視し出撃した場合 はこれを追跡触接し て、 その動静を明らかにするとともに襲撃を反復し、 敵兵力の 減殺に努める。 勝敗の要因 [ ] 小沢治三郎司令部 [ ] 指揮官の能力 [ ] 本作戦の敗因の一つに機動部隊の長官である中将の能力不足が挙げられている。 太平洋戦争中の 1944年6月 19日,西方沖で中将指揮下の日本艦隊 第1機動艦隊 と R. 参加兵力 [ ] 日本軍 [ ] 第一機動艦隊(正規空母3、改造空母6 搭載機225機、99機、27機、108機、、、498機との説あり。

3
旗艦 空母) 空母4隻 巡洋艦4隻 駆逐艦13隻 第58. 『真実の太平洋戦争』(第二章 数多い誤認と誤解 2 夢に終わったより 157-158頁)• 編集部(編)『海軍機動部隊』 1992年7月号別冊 ISSN 0533-6716 雑誌 03242-7• 「昭和19年6月20日 軍艦利根戦闘詳報 第7号 あ号作戦中対空戦闘に対する分 」第11-12画像、安永弘『死闘の水偵隊』344頁、筑摩所属偵察機乗員。 C08030711000「戦闘詳報.第1機動部隊 あ号作戦 653空.第1機動艦隊司令部.千歳.千代田 2 」• NHK戦争証言プロジェクト 「マリアナ沖海戦 破綻した必勝戦法」『証言記録 兵士たちの戦争(2)』 NHK出版、2009年。

第十五話 マリアナ沖海戦

👌 午前7時25分から 246機 の第一次攻撃隊が、続いて第二次攻撃隊68機、延べ 314機 の攻撃隊を次々と発進させていきます。 小沢治三郎中将指揮の機動部隊からは6月19日0634に第1目標「7イ」、 0845に第2目標「15イ」および第3目標「3リ」を発見、 次の攻撃隊を発進させた。 0725 第1次 第3航空戦隊 64機 0745 第2次 第1航空戦隊 128機 0900 第3次 第2航空戦隊 49機 1020 第4次 第1航空戦隊 18機 1030 第5次 第2航空戦隊 65機 一方、 スプルアンス中将指揮の第58機動部隊は、 日本艦隊を発見できなかったため19日早朝にグァムを攻撃し、 トラッから来援した19機を含めこの早朝の戦闘で戦闘機および爆撃機35機を撃墜し、 滑走路を破壊しグアム基地を無力化した。 そこへ10時29分に150海里前方に第1次攻撃隊64機をレーダーで探知したため、 スプルアンス中将は迎撃機を発艦させた。 スプルアンス中将にとって幸運であったのは日本艦隊を発見できなかったため全戦闘機を保有していたことであった。 レーダーで導かれた第1次迎撃隊は部隊前方60浬の地点で25機を撃墜、 さらに第2次迎撃隊が16機を撃墜した。 迎撃戦闘機を突破した数機が戦艦サウス・ダコダに命中弾1発、 巡洋艦ミネアポリスに至近弾1発を与えたが、 第1次攻撃隊中で母艦に帰投したのは25機のみであった。 小沢本隊からの第2次攻撃隊の128機も60浬手前で迎撃され70機を失い、 さらに艦隊上空に達した航空機も近接信管の弾幕射撃により大部分を失い数機が機動部隊を攻撃しバンカーヒルに火災を起こさせ、ワスプに至近弾1発を与えたに過ぎなかった。 第2次攻撃隊の被害は大きく、 母艦に帰投したのは128機中31機に過ぎなかった。

重巡:ミネアポリス、ウイチタ 損失航空機 撃墜43機、着艦失敗や不時着など87機 死傷者 航空搭乗員戦死76名、艦乗組員戦死33名 結果と影響 [ ] マリアナ沖海戦の結果、日本海軍は空母3隻(内2隻は正規)と搭載機の大部分を失った。 戦力の格差 [ ] 航空戦力 [ ] 航空戦力に決定的な差があり、日本側498機に対しアメリカ側901機であった。

マリアナ沖海戦

🤜 「あ」号作戦ーマリアナ沖海戦の検証 はじめに 「あ」号作戦 マリアナ沖海戦 は草鹿参謀長によれば「綿密を極めた計画」であり、 また戦局においても「小沢部隊は敵に先んじて敵の位置を発見している。 そして攻撃隊は勢い立って全部出て行った。 正にベスト・コンディションである。 今や何の心配することもない。 へこたれたといっても、 まだ角田部隊 陸上航空部隊 はいるし、 それこそ祝杯でも挙げようかというくらいまでに勝利を信じていた」作戦であった。 しかし、日本海軍は完敗し全海上航空兵力と開戦前から日本海軍が「不沈母艦」と考えていた南洋群島に展開した全陸上航空兵力も失い、 以後組織的抵抗が不可能となってしまった。 日本海軍はなぜ負けたのであろうか。 そして、 このアウト・レンジの思想が日本海軍に常に列国海軍より射程の優る大口径砲や酸素魚雷、 さらには航続距離が長い零式戦闘機などを開発させた。 アメリカ海軍が1914年に竣工させた戦艦ニューヨークに初めて35・6センチ砲を装備し、 1921年に戦艦コロラドに40・6センチ砲を搭載した後は、 終戦まで主砲の口径を変えなかった。 しかし、 日本海軍は1913年に世界で最初に36センチ砲を搭載した巡洋戦艦金剛を、 1919年には41センチ砲を装備した戦艦長門を、 1941年には46センチ砲 射程4万メートル を搭載した世界最大の超大型戦艦大和を進水させた。 そして、 「我ガ主力艦ハ射程ニ於テ4、5千米優越シ」ているので、 「『アウト・レンジ』ニヨリ先制ヲ加フル」べきであるとし、 1939年6月策定の連合艦隊戦策においては、 「我主砲ヲ以テ敵主力トノ射程差ヲ利用シ、 遠大距離ヨリ先制射撃ヲ実施シ敵ノ射撃開始ニ先立チ之ニ一大打撃ヲ加ヘ、 以テ戦勢ノ均衡ヲ破リ勝敗ノ帰趨ヲ決スルハ帝国海軍ニ執リ戦勝ノ一大要訣」であるとしていた。

7
旗艦 空母) 空母3隻 戦艦1隻 巡洋艦1隻 駆逐艦8隻 前衛部隊(司令長官中将。 。

マリアナ沖海戦航空母艦一覧: 空のカケラ ライブラリ

⌚ 「昭和19年6月20日〜昭和19年7月10日 第61駆逐隊戦闘詳報 3 」40頁、45-46頁、「昭和19年5月1日〜昭和19年10月31日 特設運送船日栄丸戦時日誌戦闘詳報 3 」8頁• この戦闘での損害は、航空機の喪失約100機、艦艇の小破数隻にとどまったのに対し、日本軍は航空機約400機を喪失、空母3隻、補給船3隻を撃沈され、加えてこの決戦とその前哨 ぜんしょう 戦のなかで虎 とら の子の基地航空隊も壊滅的打撃を被った。 戦闘の経過 [ ] 6月18日まで [ ] 6月15日、決戦たるあ号作戦の発動を受けて、日本の第一機動艦隊はギマラス泊地を出撃し、翌16日に渾作戦部隊と合流した。

15
第3波の49機の大部分は第58機動部隊を発見できなかったが、 損害も7機にとどまった。 小沢部隊の第4波、 第5波の83機は分散し、 一群の18機は遠方で阻止され半数にに減った攻撃機が機動部隊上空に達したが、 軽微な被害を与えたに過ぎなかった。 第5波の49機は位置の誤差から機動部隊を発見できず攻撃の機会を失いグァムに向かった。 しかし、 グァム上空を警戒していたヘルキャットに30機が撃墜され、 撃墜を逃れた19機も破壊された滑走路に強行着陸を試みたため全機が大破してしまった。 このような結果となったのは搭乗員の練度を考慮することなく、 アウトレンジ戦法にこだわり航空機を400海狸の距離から発進させたことにあった。 このためアメリカ艦隊の上空に到着できたのは2隊、 さらにこれらの部隊が同時に到着できなかったため、 個々に逐次撃破されてしまったのであった。 3 敗因の分析 航空参謀であった源田実は作戦「計画そのものは殆ど非難すべきものは無いのであるが、 その裏付けとなる部隊の練度は開戦初期に比べ問題とならないほど低いものであった」と述べ、 マリアナ沖海戦の敗因を搭乗員の練習度不足、基地施設の不備、 アウト・レンジの遠距離攻撃などの用兵上の欠陥をあげ、 さらに敗因の原点は機密の漏洩とレーダー・迎撃機などを管制するウェアポンシステの概念の欠如にあったと述べている。 このほか研究者の多くがビアク作戦に幻惑されて作戦の発動方向を間違えたこと、サイパンの防備不足、 基地と艦隊航空部隊との連携の欠如、 アメリカ側のレーダーと航空管制、 VT信管、 潜水艦の活躍などを上げているが、 以下、 これらの敗因中から日本海軍の体質などに触れる基本的問題点を軸に敗因を考えて見たい。 午前7時25分から 246機 の第一次攻撃隊が、続いて第二次攻撃隊68機、延べ 314機 の攻撃隊を次々と発進させていきます。

【1944年 マリアナ沖海戦】多数の航空戦力を喪失。事実上の機動部隊壊滅

👈 学研編集部(編) 『 太平洋戦史シリーズ8 マリアナ沖海戦』 学習研究社、2001年• 1943年末くらいから VT信管を高角砲弾に導入したことも大きく、これは対空砲弾が命中しなくても目標物近く通過さえすれば自動的に砲弾が炸裂するというもので、従来の砲弾に比べて対空砲火の効果は概ね 3倍程度と アメリカ軍は 評価している。

3
旗艦 空母) 空母4隻 巡洋艦4隻 駆逐艦12隻 第58. しかも 新鋭戦闘機F6Fヘルキャット を投入し、 電波誘導システム で日本機上空まで誘導していたのです。 旗艦 空母) 甲部隊(小沢提督直卒) 空母3隻 巡洋艦3隻 駆逐艦7隻 乙部隊(司令長官少将。

マリアナ沖海戦: マリアナ沖海戦

☣ 防衛研修所戦史室編 『 41 捷号陸軍作戦 1 レイテ決戦』 、1970年 関連文献 [ ]• VT信管神話 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 敵の機動部隊での、レーダー搭載での 航空母艦、空母関係 さらに・・・CIC ルーム化!での艦橋内(旗艦での場合) 味方の戦闘機への対空無線誘導指示も可能 さらに、VT信管での対空砲(大型の対空砲)での 数、艦隊数!防空密度での体制、米海軍での 機動部隊での艦載機の中でも、戦闘機数は 約400~500機数での数、残りが・・・ 偵察機、艦上爆撃機 艦上攻撃機! 日本の機動部隊とは、大相違!戦闘機数の 配備、配置数の差! さらに・・・日本側では、戦闘機での護衛任務 での種目での零戦にも、攻撃重視!として 250kg爆弾等を胴体下に装備させて 出撃等をさせていますのでね。

日本は「 アウトレンジ戦法」による航空作戦を行うが、アメリカから マリアナの七面鳥撃ち Great Marianas Turkey Shoot と揶揄される一方的な敗北となり、日本海軍は空母3隻と搭載機のほぼ全てに加えて出撃潜水艦の多くも失う壊滅的敗北を喫し、空母部隊による戦闘能力を喪失した。

第十五話 マリアナ沖海戦

🤲 空襲を逃れたトラックの第2攻撃集団の一部が19日にグァムに来援した。 しかし、 これら来援した航空機は上空に待ち受ける米戦闘機の迎撃を受けて半数を失い、 本土から展開された八幡部隊も天候不良のため硫黄島への出進が遅れ決戦に間に合わず、 24日に硫黄島周辺の米国機動部隊を襲撃したが見るべき戦果はなかった。

3
-Wikipedia 2.参加兵力 ____ 日本軍 米軍 航空母艦 9(軽4) 15(軽8) 戦艦 5 7 巡洋艦 19(軽6) 21(軽13) 駆逐艦 27 58 潜水艦 24 28 給油艦 6 ? 艦載機 450 956 陸上機 300 ? -Wikipedia英語版 3.日本軍の主な兵器 1886年 明治19年 10月2日宮崎県児湯郡高鍋町にて出生。

マリアナ沖航空戦 (日本海軍機動部隊最後の闘い)

♨ 旗艦 重巡洋艦) 空母3隻 戦艦4隻 巡洋艦9隻 駆逐艦8隻 航空戦力 甲部隊(第601海軍航空隊) :、、 艦載機:204機 乙部隊(第652海軍航空隊) :、、 艦載機:134機 前衛部隊(第653海軍航空隊) :、、 艦載機: 88機 艦載機計:426機 第一航空艦隊(司令長官中将。 C08030710900「戦闘詳報.第1機動部隊 あ号作戦 653空.第1機動艦隊司令部.千歳.千代田 1 」• この日、聯合艦隊・豊田長官は 「渾」作戦一時中止 を発令、 「あ」号決戦発動 を全部隊に発令します。

4
戦史研究とか、戦術 戦略 勝利とは? 等を、マリアナ沖海戦時には、日本側は戦術を 変えていたら、もっと戦火を出せていた? 被害も低下していたハズ?などと言動をした方へと 伝えておいて下さいね。 角田長官は「集中可能ノ全基地航空兵力ヲ決戦海面ニ集結シ 友軍機動部隊ト緊密ナル連係ヲ保持シツツ 戦機ニ投ジ全力ヲ挙ゲテ敵機動部隊ヲ覆滅シ 敵ノ反攻企図ヲ撃推ス」ることとし、 決戦海面に「基地航空部隊ノ大部ヲ集中 第1集中 シ機動部隊ト協力決戦スルヲ本旨トシ 決戦ニ至ル迄ハ基地航空部隊ノ消耗ヲ伴フ如キ積極的反撃 作戦ヲ実施セズ」兵力の整備に努めた。

マリアナ沖航空戦 (日本海軍機動部隊最後の闘い)

🤫 しかし、100海里から300海里も離れた島嶼に分散する航空機を集中するのには、 早期警戒体制と優れた指揮通信組織が必要であったが、 日本海軍にそのような組織的防空態勢はなかった。 このため、 迎撃機を上回る優勢な航空兵力を集中し得る機動部隊に、 ヒツト・エン・ドランの急襲を受け各個に撃破されてしまった。 また、 基地相互間の支援もレーダーで探知され、 展開先の飛行場上空に待ち受ける母艦搭載戦闘機の迎撃を受け大部分を失しない、 日本海軍が長年期待していた不沈空母南洋群島を利用した航空邀撃漸減作戦は、 このような科学的欠陥のため「機動と集中」という戦略の基本を実現できず殆ど戦果らしい戦果を挙げることなく敗れ去ったのであった。 2 海上航空部隊の壊滅 ワシント会議で主力艦をロンドン会議で補助艦艇を劣勢な比率に押さえ込まれた日本海軍は、 1艦で多数の艦艇と戦える個艦能力の優越と訓練による練度の向上に期待した。 また、 劣勢を補うために自艦は損害を受けることなく相手に損害を与えるため、 相手の射程外から攻撃するアウト・レンジ戦法を極度に重視した。 空襲を逃れたトラックの第2攻撃集団の一部が19日にグァムに来援した。 しかし、 これら来援した航空機は上空に待ち受ける米戦闘機の迎撃を受けて半数を失い、 本土から展開された八幡部隊も天候不良のため硫黄島への出進が遅れ決戦に間に合わず、 24日に硫黄島周辺の米国機動部隊を襲撃したが見るべき戦果はなかった。

3
C08030710900「戦闘詳報.第1機動部隊 あ号作戦 653空.第1機動艦隊司令部.千歳.千代田 1 」• 余談 上記のように、この海戦の一方的な空戦は マリアナの七面鳥狩り(Great Marianas Turkey Shoot)と呼ばれたが、現在ではこれを元ネタとした 「オペレーション・ターキーシュート」という軍事演習を定期的に行っており、1000以上もの地上目標に対しが一斉に攻撃をかける内容となっている。 マハンに学んだ日本海軍は、 「艦艇は同一金額で建造された海岸砲撃台には対抗出きない」というマハンの宣託が陸上基地航空兵力と母艦航空兵力との間にも適用されると考えた。 しかし、 この原則は航空基地と航空基地との間が数百浬離れた南洋群島では適用できなかった。 それは陸上作戦にも適用できるマハンがジョミニから学び、 最も強調した総ての戦争に通ずる大原則である「集中と機動」の前に崩れ去ったのであった。 不沈空母南洋群島は「機動と集中」による圧倒的な母艦搭載航空兵力の前に無力化され、 さらに、 アウト・レンジしたはずの日本海軍は、 レーダーと組み合わされたEWの早期警戒システムとACの航空管制の前にアウト・レンジされ、 先制・奇襲攻撃をモットーとした日本海軍はレーダーと近接信管という技術的奇襲を受け敗退したのであった。. 双方の損害はミッチャー中将側、喪失迎撃機 17機 に留まり、一方の小沢中将は航空機 359機 に加え、空母『大鳳』『翔鶴』『飛鷹』の3隻を失うという完敗に終わります。