レンゴー 株式 会社。 レンゴーの会社の口コミ・評判(一覧)|エン ライトハウス

レンゴー (3941) : 企業情報・会社概要 [Rengo Co.,]

👈 3941 1949年5月14日上場 本社所在地 〒530-0005 二丁目2番7号 設立 (9年) (聯合紙器株式会社) 事業内容 ・などの製造・販売 代表者 兼: 代表取締役兼: 代表取締役兼副社長執行役員: 代表取締役兼副社長執行役員: 資本金 310億6,600万円(2020年3月31日現在) 発行済株式総数 2億7,105万6,029株 (2015年3月31日現在) 売上高 連結:6,807億1,400万円 単体:3,212億800万円 (2021年3月期) 営業利益 連結:399億3,800万円 単体:184億7,500万円 (2021年3月期) 純利益 連結:285億9,900万円 単体:163億7,400万円 (2021年3月期) 純資産 連結:3,244億6,300万円 単体:1,744億3500万円 (2021年3月31日現在) 総資産 連結:8,699億9,200万円 単体:5,602億1,400万円 (2021年3月31日現在) 従業員数 連結:19,451人、単体:4,132人 (2021年3月31日現在) 決算期 会計監査人 主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(信託口) 5. 武生工場 - 福井県越前市、セロファン工場 国内子会社・関連会社 [ ]• ニューアジア・インダストリー社 New Asia Industries Co. ,] 3Q累計最終利益は8%減… レンゴー が2月9日後場 13:00 に決算を発表。

15
異動する子会社(トッパンコンテナー)の概要 名称 トッパンコンテナー株式会社 本店所在地 東京都台東区台東一丁目5番1号 代表者 代表取締役社長 山本貴之 事業内容 段ボール製品の製造 設立年月日 1952年10月1日 大株主及び持ち株比率 凸版印刷株式会社 100% 売上高 18,951百万円 (2017年3月期) 新会社(レンゴー・トッパンコンテナー)の概要 名称 レンゴー・トッパンコンテナー株式会社 本店所在地 埼玉県川口市八幡木二丁目32番1号(埼玉工場所在地) 代表者 未定(レンゴー株式会社より派遣予定) 大株主及び持ち株比率 レンゴー株式会社 60%、凸版印刷株式会社 40%. jp 郵便番号 530-0005 住所 大阪府大阪市北区中之島2-2-7 中之島セントラルタワー 部署名 人事部教育課 担当者名 田中 しおり. タイ・コンテナーズ・ラヨン社 Thai Containers Rayong Co. (昭和36年)10月 - 利根川製紙工場を開設 平成9年7月 利根川事業所に改称• 会社データ 事業内容 1 段ボール、段ボール箱、紙器、その他紙加工品の製造・販売 2 板紙(段ボール原紙、白板紙、紙管原紙等)の製造・販売 3 軟包装製品、セロファンの製造・販売 4 重包装製品(ポリエチレン重袋、クラフト紙袋、フレキシブルコンテナ等)、 樹脂加工品の製造・販売 5 包装関連機械の販売 6 各種機能材商品(多孔性セルロース粒子、ゼオライト高機能パルプ、 ワサビ・カラシ成分を利用した天然系抗菌剤等)の製造・販売 7 不織布、紙器機械の製造・販売、運送事業 ほか 創業・設立 1909年 8月 井上貞治郎が三盛舎(のちに三成社)の名称で日本で初めて 段ボール事業を創始 1920年 5月 聯合紙器 株 を資本金200万円で東京で設立 1926年 1月 本店を東京から大阪に移転 1936年 4月 原紙から段ボールまでを一貫生産する淀川工場が発足 1949年 5月 大阪証券取引所第1部に上場 1950年 4月 東京証券取引所第1部に上場 1972年 1月 社名を「聯合紙器株式会社」から「レンゴー株式会社」に変更 1990年 8月 マレーシアにて段ボール合弁事業に資本参加し、海外事業に進出 1991年 10月 福井化学工業 株 を合併(現在の金津工場、武生工場) 1998年 6月 朋和産業 株 の株式を取得し完全子会社化、軟包装事業に進出 1999年 4月 セッツ 株 を合併(現在の八潮工場、尼崎工場)、 段ボール部門はセッツカートン(株)として分社化 2000年 7月 丸三製紙(株)の株式を取得し、子会社化 2009年 4月 創業100周年 5月 日本マタイ 株 の株式を取得し子会社化、重包装事業に進出 (2009年12月完全子会社化) 2010年 5月 太陽光発電システムなど環境技術のノウハウを集結した 福島矢吹工場を開設 2011年 4月 コーポレート・ステートメントを 「ゼネラル・パッケージング・インダストリー(GPI)」 に変更 2012年 4月 東日本大震災からの復興再生の象徴 新仙台工場が正式開業 2014年 1月 名古屋工場を移転し、国内最大級のラック式免震自動倉庫を持つ 新名古屋工場を開設 2016年 10月 トライウォールホールディングス社を子会社化、重包装事業を強化 2018年 9月 トッパンコンテナー(株)を子会社化 (レンゴー・トッパンコンテナー(株)に社名変更) 2019年 4月 創業110周年 資本金 310億6,600万円(2019年3月31日現在) 従業員数(単体) 3,817名(2019年3月31日現在、単体) 売上高(単体) 323,989百万円(2019年3月期、単体) 売上高(連結) 653,107百万円(2019年3月期、連結) 代表者 代表取締役会長兼社長 大坪 清 事業所 本 社:大阪、東京 研究施設:中央研究所(大阪・福井)、包装技術部(大阪・埼玉) 工 場:直営工場34工場(製紙工場4、段ボール工場26、紙器工場3、セロファン工場1) 業績(単体) 【決算期】 【売上高】 【経常利益】 2006年3月 261,820 15,182 2007年3月 263,435 12,873 2008年3月 276,888 6,987 2009年3月 290,122 10,501 2010年3月 280,342 22,180 2011年3月 286,667 20,400 2012年3月 288,775 15,453 2013年3月 281,176 13,320 2014年3月 284,062 5,315 2015年3月 273,448 1,689 2016年3月 274,247 3,532 2017年3月 286,081 9,398 2018年3月 303,406 6,654 2019年3月 323,989 12,569 (単位:百万円). (昭和47年)1月 - 商号を 聯合紙器株式会社から レンゴー株式会社に変更• ダイナ・パックス社 Dyna Packs Company Limited• 会社データ 事業内容 1 段ボール、段ボール箱、紙器、その他紙加工品の製造・販売 2 板紙(段ボール原紙、白板紙、紙管原紙等)の製造・販売 3 軟包装製品、セロファンの製造・販売 4 重包装製品(ポリエチレン重袋、クラフト紙袋、フレキシブルコンテナ等)、 樹脂加工品の製造・販売 5 包装関連機械の販売 6 各種機能材商品(多孔性セルロース粒子、ゼオライト高機能パルプ、 ワサビ・カラシ成分を利用した天然系抗菌剤等)の製造・販売 7 不織布、紙器機械の製造・販売、運送事業 ほか 創業・設立 1909年 8月 井上貞治郎が三盛舎(のちに三成社)の名称で日本で初めて 段ボール事業を創始 1920年 5月 聯合紙器 株 を資本金200万円で東京で設立 1926年 1月 本店を東京から大阪に移転 1936年 4月 原紙から段ボールまでを一貫生産する淀川工場が発足 1949年 5月 大阪証券取引所第1部に上場 1950年 4月 東京証券取引所第1部に上場 1972年 1月 社名を「聯合紙器株式会社」から「レンゴー株式会社」に変更 1990年 8月 マレーシアにて段ボール合弁事業に資本参加し、海外事業に進出 1991年 10月 福井化学工業 株 を合併(現在の金津工場、武生工場) 1998年 6月 朋和産業 株 の株式を取得し完全子会社化、軟包装事業に進出 1999年 4月 セッツ 株 を合併(現在の八潮工場、尼崎工場)、 段ボール部門はセッツカートン(株)として分社化 2000年 7月 丸三製紙(株)の株式を取得し、子会社化 2009年 4月 創業100周年 5月 日本マタイ 株 の株式を取得し子会社化、重包装事業に進出 (2009年12月完全子会社化) 2010年 5月 太陽光発電システムなど環境技術のノウハウを集結した 福島矢吹工場を開設 2011年 4月 コーポレート・ステートメントを 「ゼネラル・パッケージング・インダストリー(GPI)」 に変更 2012年 4月 東日本大震災からの復興再生の象徴 新仙台工場が正式開業 2014年 1月 名古屋工場を移転し、国内最大級のラック式免震自動倉庫を持つ 新名古屋工場を開設 2016年 10月 トライウォールホールディングス社を子会社化、重包装事業を強化 2018年 9月 トッパンコンテナー(株)を子会社化 (レンゴー・トッパンコンテナー(株)に社名変更) 2019年 4月 創業110周年 資本金 310億6,600万円(2019年3月31日現在) 従業員数(単体) 3,817名(2019年3月31日現在、単体) 売上高(単体) 323,989百万円(2019年3月期、単体) 売上高(連結) 653,107百万円(2019年3月期、連結) 代表者 代表取締役会長兼社長 大坪 清 事業所 本 社:大阪、東京 研究施設:中央研究所(大阪・福井)、包装技術部(大阪・埼玉) 工 場:直営工場34工場(製紙工場4、段ボール工場26、紙器工場3、セロファン工場1) 業績(単体) 【決算期】 【売上高】 【経常利益】 2006年3月 261,820 15,182 2007年3月 263,435 12,873 2008年3月 276,888 6,987 2009年3月 290,122 10,501 2010年3月 280,342 22,180 2011年3月 286,667 20,400 2012年3月 288,775 15,453 2013年3月 281,176 13,320 2014年3月 284,062 5,315 2015年3月 273,448 1,689 2016年3月 274,247 3,532 2017年3月 286,081 9,398 2018年3月 303,406 6,654 2019年3月 323,989 12,569 (単位:百万円). - (昭和16 - 17年)- 社員で金を出し合い、献納機を海軍に出す。

レンゴー(株)【3941】:株価時系列

❤️ニューアジア・インダストリー社 New Asia Industries Co. 17 保有株数 株 451,820 保有目的 証券業務による保有 担保契約等重要な契約 消費貸借契約により、野村アセットマネジメント株式会社から24,800株、機関投資家等から435,500株 借入れている。 パルテック(アジア)社 Pal Tech ASIA Co. 3Q累計最終利益は8%減… レンゴー が2月9日後場 13:00 に決算を発表。 会社概要 社 名 レンゴー株式会社 本 社 〒530-0005 大阪市北区中之島2-2-7 中之島セントラルタワー TEL. タイ・コンテナーズ・ラヨン社 Thai Containers Rayong Co. パルテック(アジア)社 Pal Tech ASIA Co. (昭和36年)10月 - 利根川製紙工場を開設 平成9年7月 利根川事業所に改称• 3941 1949年5月14日上場 本社所在地 〒530-0005 二丁目2番7号 設立 (9年) (聯合紙器株式会社) 事業内容 ・などの製造・販売 代表者 兼: 代表取締役兼: 代表取締役兼副社長執行役員: 代表取締役兼副社長執行役員: 資本金 310億6,600万円(2018年3月31日現在) 発行済株式総数 2億7,105万6,029株 (2015年3月31日現在) 売上高 連結:6,531億700万円 単体:3,239億8,900万円 (2019年3月期) 営業利益 連結:252億9,200万円 単体:87億8,300万円 (2019年3月期) 純利益 連結:171億6,300万円 単体:83億9,600万円 (2019年3月期) 純資産 連結:2,746億9,700万円 (2019年3月31日現在) 総資産 連結:7,693億5,500万円 単体:4,916億9,800万円 (2019年3月31日現在) 従業員数 連結:16,968人、単体:3,817人 (2019年3月31日現在) 決算期 会計監査人 主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(信託口) 5. 主要事業所 [ ] 本社 [ ]• レンゴーペーパービジネス株式会社 ほか 海外子会社・関連会社 [ ]• 社名:レンゴー 代表者:川本 洋祐 資本金:31,066,000千円 上場市場:東証1部 上場年月日:1949年5月16日 単元株数:100 平均年齢:39. TCフレキシブル・パッケージング社 TC Flexible Packaging Co. パルテック(アジア)社 Pal Tech ASIA Co. 主要事業所 [ ] 本社 [ ]• - (昭和16 - 17年)- 社員で金を出し合い、献納機を海軍に出す。

13
APパッケージング社 AP Packaging Hanoi Co. 消費貸借契約により、ノムラ インターナショナル ピーエルシー NOMURA INTERNATIONAL PLC へ420,520株、機関投資家等へ12,900株 貸出している。 06-4706-9909 東京本社 〒108-0075 東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス TEL. ヤマトシキ(タイランド)社 Yamato Shiki Thailand Co. 沿革 1909年8月 井上貞治郎が三盛舎(のちに三成社)の名称で日本で初めて段ボール事業を創始 [同年4月12日井上貞治郎が独立自営を決意した日を以って創立記念日とす] 1920年5月 「聯合紙器株式会社」を資本金200万円で東京で設立 1926年1月 本店を東京から大阪に移転 1930年12月 淀川工場加工工場(のちの大阪工場)を開設 1936年4月 淀川工場製紙工場を開設、原紙から段ボールまでを一貫生産する淀川工場が発足 1937年3月 東京工場を開設 1938年2月 本店を現在の大阪市福島区に移転 1948年12月 名古屋工場を開設 1949年5月 大阪証券取引所第1部に上場 1950年4月 東京証券取引所第1部に上場 1957年3月 本社研究所を開設(1968年12月 中央研究所に改称) 1961年10月 利根川製紙工場を開設(1997年7月 利根川事業所に改称) 1962年4月 鳥栖工場を開設 1970年4月 聯合運送 株 他2社の子会社3社が合併し、 株 レンゴーサービスに社名変更 (2004年4月 レンゴーロジスティクス 株 に社名変更) 1971年9月 湘南工場を開設 1972年1月 社名を「聯合紙器株式会社」から「レンゴー株式会社」に変更 1975年9月 新京都工場を開設(2008年4月 新京都事業所に改称) 1980年5月 小山工場を開設 1985年9月 千葉工場を開設 1990年8月 マレーシアにて段ボール合弁事業に資本参加し、海外事業に進出 1990年9月 包装技術センターを開設 1991年10月 福井化学工業 株 を合併(現在の金津工場、武生工場) 1993年4月 三田工場を開設(大阪工場を移転) 1994年4月 新潟段ボール 株 ならびに旭川レンゴー 株 を合併 (現在の新潟工場、旭川工場) 1998年6月 朋和産業 株 の株式を取得し子会社化、軟包装事業に進出 1999年4月 セッツ 株 を合併(現在の八潮工場、尼崎工場)、 段ボール部門はセッツカートン 株 として分社化 2000年7月 丸三製紙 株 の株式を取得し、子会社化 2002年6月 取締役の任期を1年に変更 2005年8月 本社事務所を現在の大阪市北区中之島に移転 2007年4月 執行役員制度を導入 2007年6月 役員退職慰労金制度を廃止 2007年10月 川崎工場をリニューアル後の葛飾工場に統合 2008年4月 当社初の段ボール・紙器一体型工場である新京都事業所が発足 2009年4月 創業100周年 2009年5月 日本マタイ 株 の株式を取得し子会社化、重包装事業に進出 (2009年12月 完全子会社化) 2010年5月 太陽光発電システムなど環境技術のノウハウを集結した福島矢吹工場を開設 2011年3月 東日本大震災により仙台工場が壊滅的被害、宮城県黒川郡大和町に新工場建設を決定 2011年4月 コーポレート・ステートメントを 「ゼネラル・パッケージング・インダストリー(GPI)」に変更 2011年4月 米国ハワイ州にレンゴー・パッケージング社を設立 (2014年5月 同州唯一となる段ボール工場を開設) 2011年5月 山陽自動車運送 株 を子会社化 2011年8月 鴻興印刷集団有限公司(香港・中国)に資本参加 2012年4月 大震災からの復興再生の象徴 新仙台工場が正式開業 2013年1月 経営理念を改定 2013年3月 株 石川製作所に資本参加 2013年7月 マルソルホールディングス 株 を子会社化 (2014年4月 同社グループ3社が合併し、森下 株 に社名変更。

レンゴー株式会社のインターンシップ・1day仕事体験概要|リクナビ2023

🤑 レンゴー・パッケージング・マレーシア社 Rengo Packaging Malaysia Sdn. ビナクラフトペーパー社 Vina Kraft Paper Co. (平成30年)9月 - トッパンコンテナー 株 を子会社化• 武生工場 - 福井県越前市、セロファン工場 国内子会社・関連会社 [ ]• 機体概要は「報國-550 聯合紙器號 尾翼番号V-171 製造番号 5779」。 。 。

11
。 。

会社概要

⚔。 。 。

12

トクヤマ 樹脂フィルム子会社の株式をレンゴーに譲渡

😍。 。

レンゴー株式会社のインターンシップ・1day仕事体験概要|リクナビ2023

✇。 。 。

レンゴー

📲。

1

ニュース:レンゴー、金羊社を子会社化

✊。 。 。

6
。 。

レンゴー (3941) : 企業情報・会社概要 [Rengo Co.,]

🤗。 。 。

レンゴー 株式 会社

☝。 。

15
。 。

レンゴー 株式 会社

👀。

10

ニュース:レンゴー、金羊社を子会社化

⚛。 。 。

。 。