内閣 総理 大臣 歴代。 1980年以降の歴代首相(内閣総理大臣)の歴史をわかりやすく解説

歴代内閣ホームページ情報:安倍晋三 内閣総理大臣(第98代)

🖐 元首の地位とその議論 [ ] 「」も参照 とは違い、現行の日本国憲法にはに関する規定がない。

7
内閣広報官 長谷川 榮一(はせがわ えいいち) 第4次安倍内閣 第2次改造内閣 令和元年9月11日発足 令和元年10月31日現在 職名 氏名• 後期の大蔵省は大蔵卿1人ではなく、を長とし ()( Lords of the Treasury)で構成される大蔵卿委員会が率いることが多かった。 26 81歳 東京都 212 21 12 加藤友三郎 大正11. 26 大蔵大臣 高橋是清が内閣総理大臣臨時兼任) 30 19 齋藤 實 昭和7. 14 石川県 387 86 第2次 森 喜朗 平成12. 14 William Petty, 2nd Earl of Shelburne (1737—1805) 1782年 7月4日 1783年 4月2日 — 初のアイルランド生まれの首相、初の士官経験のある首相; 政治改革の推進を計画; アメリカ合衆国、、との間で平和を実現した。

内閣総理大臣

💢 内閣法制局長官 横畠 裕介(よこばたけ ゆうすけ) 職名 氏名• 2 89歳 鹿児島県 5 (第2次) 伊藤博文 明治25. 16 77歳 岡山県 156 臨時兼任 高橋是清 昭和7. 42 初代 ビーコンズフィールド伯爵 ベンジャミン・ディズレーリ Benjamin Disraeli, 1st Earl of Beaconsfield 1876年まで 庶民院議員(バッキンガムシャー選挙区選出) 1876年より ビーコンズフィールド伯爵 (1804—1881) 1874年 2月20日 1880年 4月21日 (1874-1876) (1876-1878) (1876-1880) 在任中に庶民院から貴族院に移籍した最後の首相。 6 三木武夫 1974年12月9日~ 1976年12月24日 汚職事件で田中角栄首相が辞任に追い込まれた後、椎名悦三郎・自民党副総裁の裁定で総裁に指名された。 3 大分県 561 82 53 第1次 橋本龍太郎 平成8. 10 田中角栄 1972年7月7日~ 1974年12月9日 中国との国交正常化を実現した。

37 第3代 パーマストン子爵 ヘンリー・ジョン・テンプル Henry John Temple, 3rd Viscount Palmerston 庶民院議員(ティバートン選挙区選出) (1784—1865) 1859年 6月12日 1865年 10月18日 ; 在任期間中にを結成; 任期中はに関する政策一色となる; が引き起こした苦難を軽減しようと努めた; 首相在職中に死去(在職中に死去した最後のイギリス首相であり、かつ最高齢で死去した首相でもある)。 2006年-2007年 2012年-2020年 1954-09-21 (66歳) 自由民主党 衆議院議員 2007年—2008年 1936-07-16 (85歳) 自由民主党 のとともに議員を退任、政界引退。

人物写真|内閣総理大臣

🐲 内閣職権、大日本帝国憲法及び内閣官制に基づく内閣 [ ] (明治18年)12月22日に成立した初代内閣のは、 及び(明治18年12月22日太政大臣公爵三条実美達)を設置根拠とした。 26 61歳 高知県 652 28 第2次 若槻禮次郎 昭和6. 退任と代理 [ ] 退任 [ ] 「衆議院でが可決、又はを否決した場合、10日以内に しないとき」()、また、「内閣総理大臣が欠けたとき」あるいは「衆議院議員総選挙の後に初めて国会の召集があった時」()は内閣総辞職をしなければならない。

12
28 87歳 広島県 644 79 50 細川護煕 平成5. The Lives Of The Kings And Queens Of England 英語. 49 第3代 ソールズベリー侯爵 ロバート・ガスコイン=セシル Robert Gascoyne-Cecil, 3rd Marquess of Salisbury (1830—1903) 1895年 6月25日 1902年 7月11日 (1895-1900) (1900-1902) ; 1901年—1910年 1897年。 , President of the Board of Control 29 April 1805. 20 71歳 京都府 220 48 第2次 吉田 茂 昭和23. 69 ハロルド・ウィルソン Harold Wilson 庶民院議員(ハイトン選挙区選出) (1916—1995) 1974年 3月4日 1976年 4月5日 ; ; 鉱山労働者との争議が終結; 経済に関して労働組合との「社会契約」 Social Contract 政策を推進; ; の加盟国入りするための条件について再交渉、1975年に加盟残留の是非を問う国民投票を実施して残留への賛成を確認; ; ; 健康状態の悪化を理由に辞任。

イギリスの首相の一覧

😈 1931年 8月24日 1935年 6月7日 () ・ 金本位制停止 1931年。 歴代 氏名 在職期間 在職 日数 就任時 年齢 生年月日 死去年月日 出身地 通算 在職 日数 1 1 (第1次) 伊藤博文 明治18. 1721年以前 [ ] 以前のは ()( Lord High Treasurer)が率いていた。

22 249 72歳 54 第3次 鳩山一郎 昭和30. で有罪判決を受けた元内閣総理大臣 田中角栄 かつて逮捕、起訴されたことがある内閣総理大臣 田中角栄 田中は法務政務次官時代にで逮捕され起訴された。 刑事裁判関連 [ ] 記録 氏名 事柄 、された元内閣総理大臣 芦田均 芦田はで逮捕され起訴された。

歴代内閣ホームページ情報:安倍晋三 内閣総理大臣(第98代)

🙃 10 65歳 山口県 14 (第2次) 西園寺公望 明治44. The Prince of Pleasure and his Regency 1811-20 英語. 職歴 [ ] 立法 [ ] 記録 氏名 事柄 就任時に国務大臣経験が全くなかった内閣総理大臣 伊藤博文 伊藤はのであり、(当時は官選)、、などを歴任したのち、 初代内閣総理大臣に任じられた。 逮捕収監されたことがある 内閣総理大臣 連合国軍最高司令官総司令部 GHQ よりA級戦犯としての逮捕命令が出て収監されるが、不起訴となり釈放。 Englefield, Dermot; Seaton, Janet; White, Isobel 1995. 5 William Cavendish, 4th Duke of Devonshire (1720—1764) 1756年 11月16日 1757年 6月25日 — ・ 内閣の実質的な指導者は(大ピット) 6 初代 ニューカッスル公爵 トマス・ペラム=ホールズ Thomas Pelham-Holles, 1st Duke of Newcastle (1693—1768) 1757年 7月2日 1762年 5月26日 1760年—1820年 大ピットと協力して七年戦争を遂行。

14
2020年9月29日、内閣 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 20 第3代 ポートランド公爵 ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンク William Cavendish-Bentinck, 3rd Duke of Portland (1738—1809) 1807年 3月31日 1809年 10月4日 (事実上) ポートランド公爵はホイッグ党員を自称していたが、実際にはトーリー党政権を指揮するために招かれた。

歴代内閣総理大臣リスト

😗 クラーク, ピーター『イギリス現代史 1900-2000』, , 訳、、2004年(平成16年)。

12
松野頼三元衆院議員が選んだ20世紀の内閣ランキング 2000年12月 順位 首相 主な業績など 1 吉田茂 講和条約と憲法作成 2 鳩山一郎 日ソ国交回復 3 佐藤栄作 沖縄返還 4 岸信介 日米安保改定 5 細川護煕 8党派の連立政権 6 三木武夫 田中後の政界刷新 7 池田勇人 経済立国の土台つくる 8 田中角栄 日本列島改造 9 森喜朗 小渕病死後の政権 10 村山富市 47年ぶり社会党政権 戦後の内閣・吉田茂首相がダントツ 20世紀の国内政治について、永田町と半世紀近くかかわってきた松野頼三元衆院議員(83)に戦後の歴代内閣の仕事ぶりを振り返ってもらった。 17 84歳 福井県 611 32 21 廣田弘毅 昭和11. 10 78歳 大阪府 226 45 32 第1次 吉田 茂 昭和21. 16 54歳 東京都 35 24 平沼騏一郎 昭和14. 9 Charles Watson-Wentworth, 2nd Marquess of Rockingham (1730—1782) 1765年 7月13日 1766年 7月30日 — アメリカ植民地住民と彼らの影響を被るイギリス本国の商人の双方からの抗議に喚起されたこと及びその施行の難しさにより、激しい論争を呼んだを廃止; それと共に、宣言法(議会の植民地に対する統治権を宣言した法律)を制定。