秋 の 交通 安全 運動 2021。 交通安全

秋の全国交通安全運動(2021年)ポスター等

⚒ 8月7 日 (土 )~ ~9月5日 ( 日) ・ 令和3年度 「第1回 運行管理者試験」(CBT試験) CBT試験は筆記による試験ではなく、テストセンターにてパソコン画面に表示される試験にマウス等を用いて回答します。 1 子供を始めとする歩行者の安全と自転車の安全利用の確保 キ 社内における広報啓発活動や職員による地域の交通安全啓発活動への参加の促進 2 協賛団体における実施要領 協賛団体は,主催機関・団体を始め他の関係機関・団体等との連携を密にして,地域と一体となった運動が展開されるよう上記1に準じ,組織の特性に応じた取組を推進するとともに,職員に対して本運動の趣旨等を周知し,職員自身が率先して模範的な交通行動を示すよう特段の配意をするものとする。 〇 大規模自転車道(4路線) ・ 吉備路自転車道 ・ 吉備高原自転車道 ・ 蒜山高原自転車道 ・ 片鉄ロマン街道 【安全に利用していただくために】 〇 タンデム自転車を利用される方 交通ルールをしっかりと守り、ヘルメットや手袋を着用するなど安全対策を万全にしてください。

交通事故死ゼロを目指す日 9月30日(木) 第3 主催 内閣府,警察庁,総務省,法務省,文部科学省,厚生労働省,農林水産省,経済産業省,国土交通省,防衛省,都道府県,市区町村,独立行政法人自動車技術総合機構,独立行政法人自動車事故対策機構,独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構,自動車安全運転センター,軽自動車検査協会, 一財 全日本交通安全協会, 公財 日本道路交通情報センター, 一社 全日本指定自動車教習所協会連合会, 一社 日本二輪車普及安全協会, 一社 日本自動車連盟, 公社 日本バス協会, 公社 全日本トラック協会, 一社 全国ハイヤー・タクシー連合会 第4 協賛 第5 運動重点 1 全国重点 運動の実施に当たっては,交通事故により,いまだ多くの人々が犠牲になり,あるいは心身に損傷を負っている厳しい交通事故情勢が国民に正しく理解・認識され,前記第5及び第6に掲げた運動重点及び推進項目の趣旨(以下「本運動の趣旨」という。 9月中旬 ・2021年8月末までの交通事故発生状況発表() 9月下旬 ・ 2021年 7月分 トラック輸送情報() 「早めにつけよう おもいやりライト 」 運動に 取り組みましょう! 9 月になると日没時間は日に日に早くなり、夕方5 時台に日が沈む地方が多くなります。

<広報くらしき>9月21日~30日は秋の交通安全市民運動(マイ広報紙)広報くらしき(岡山県倉敷市)2021年9月号■…|dメニューニュース(NTTドコモ)

⚑ 運動期間:2021年9月21日 火 〜9月30日 木 までの10日間 運動全国重点: 1 子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保、 2 夕暮れ時と夜間の事故防止と歩行者等の保護など安全運転意識の向上、 3 自転車の安全確保と交通ルール遵守の徹底、 4 飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶 運動地域重点:都道府県の交通対策協議会等は、上記の全国重点のほか、地域の交通事故実態等に即して必要があるときは、地域の重点を定めることができる。 毎年、4月 春 と9月 秋 に全国で実施されている「全国交通安全運動」ですが、ライダーやドライバーにとっては、取り締まりや検問を強化する時期であるという印象をお持ちの方も多いことでしょう。

1 子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保 2 夕暮れ時と夜間の事故防止と歩行者等の保護など安全運転意識の向上 3 自転車の安全確保と交通ルール遵守の徹底 4 飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶 また、各項目の趣旨はこのようになっています。 1 主催機関・団体における実施要領 キ 社内における広報啓発活動や職員による地域の交通安全啓発活動への参加の促進 2 協賛団体における実施要領 協賛団体は,主催機関・団体を始め他の関係機関・団体等との連携を密にして,地域と一体となった運動が展開されるよう上記1に準じ,組織の特性に応じた取組を推進するとともに,職員に対して本運動の趣旨等を周知し,職員自身が率先して模範的な交通行動を示すよう特段の配意をするものとする。

交通安全

💙 交通事故死ゼロを目指す日 9月30日(水) 第3 主催 内閣府,警察庁,総務省,法務省,文部科学省,厚生労働省,農林水産省,経済産業省,国土交通省,防衛省,都道府県,市区町村,独立行政法人自動車技術総合機構,独立行政法人自動車事故対策機構,独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構,自動車安全運転センター,軽自動車検査協会, 一財 全日本交通安全協会, 公財 日本道路交通情報センター, 一社 全日本指定自動車教習所協会連合会, 一社 日本二輪車普及安全協会, 一社 日本自動車連盟, 公社 日本バス協会, 公社 全日本トラック協会, 一社 全国ハイヤー・タクシー連合会 第4 協賛 第5 運動重点 1 全国重点 (1) 交通事故死者数全体のうち,歩行中の割合が最も高いこと,歩行者側にも横断歩道外横断や走行車両の直前直後横断等の法令違反が認められること,次代を担う子供のかけがえのない命を社会全体で交通事故から守ることが重要であるにもかかわらず,依然として道路において子供が危険にさらされており,特に,幼児・小学生の交通事故は歩行中の死者,重傷者の割合が高いことから,歩行者の安全確保を図る必要があること,自転車は,身近な交通手段であるが,自転車側に法令違反がある重大な交通事故が後を絶たないこと,特に,小学校5年生以降,自転車乗用中の死者,重傷者の割合が高くなることから,自転車利用者に対する交通ルール・マナーの周知徹底が必要であること,歩行中死者,自転車乗用中死者ともに高齢者の占める割合が高いこと (3) 秋口における日没時間の急激な早まりとともに,例年,夕暮れ時や夜間には,重大交通事故につながるおそれのある交通事故が多発すること,飲酒運転,妨害運転(いわゆる「あおり運転」)等の危険運転による悲惨な交通事故が依然として後を絶たないこと 2 地域重点 都道府県の交通対策協議会等は,上記1の全国重点のほか,地域の交通事故実態等に即して必要があるときは,地域の重点を定めることができる。 地域重点項目については、各都道府県によって異なるため本稿では割愛させていただきますが、全国重点項目においては、例えば2021年春季は、 1 子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保、 2 自転車の安全利用の推進、 3 歩行者等の保護を始めとする安全運転意識の向上と定められていました。

。 。

秋の交通安全県民運動を実施します

😛。

秋の全国交通安全運動について取材

👇。 。

10

2021年 秋の全国交通安全運動が実施されます

😀。

18
。 。