俺 ガイル ss 八幡 イケメン。 俺 ガイル ss 八幡 イケメン

俺ガイル ss 八幡 イケメン 俳優

😍 そのまま付き合ってたら妊娠しちゃったらしいの」 八幡「だ…大学は?」 雪乃「当然やめたらしいわ…とび職で旦那が生活を支えて由比ヶ浜さんは内職で生計を立ててるとか」 八幡「ま…まあいいんじゃね?男は逃げずに由比ヶ浜を支えてるだけマシじゃ…」 雪乃「内心引いてるでしょ…?」 八幡「いやもう俺の態度みりゃわかるだろ…今更だけどな…まああいつの人生だし…」 雪乃「案外達観してるのね。 エスパーかよ」 雪ノ下「何十社も落ちる社会のゴミを拾ってくれるのなんてそれくらいしかないでしょう……」 八幡「その頃は、昔お前に言われた"生きる産業廃棄物"っつー悪口思い出して毎晩枕を濡らしたもんだ」 雪ノ下「とんでもない時間差ね」 八幡「ブラックながらも頑張ったんだよ俺。

6
濁ってるっていうのか、なんだろうな」 雪ノ下「比企谷くんの眼球事情はそれくらいでいいわ」 雪ノ下「で、ブラック企業は何年続いたの?」 八幡「なんで俺がリタイアしてる前提なんですかね…」 雪ノ下「あら、違うの?」 八幡「3年続けたぞ」 雪ノ下「比企谷くんにしては頑張ったわね」 八幡「いや、違うんだって。 43 ID:A3Fv7f6T0 八幡「…………一色」 一色「……先輩にとって、わたしたちは所詮雪ノ下さんたちの代わりだったんですよね」 八幡「………違う」 一色「それならそれでもいいんです。

雪ノ下「もしかして……比企谷くん?」

☎ プロローグ編 2021年05月29日 土 12:00 改 2021年05月29日 土 21:00 2021年05月30日 日 18:00 改 2021年06月01日 火 12:00 2021年06月02日 水 06:00 改 第1章ー出会い編 2021年06月03日 木 06:00 改 2021年06月04日 金 06:00 2021年06月05日 土 06:00 2021年06月06日 日 06:00 2021年06月07日 月 06:00 改 2021年06月08日 火 21:00 2021年06月10日 木 06:00 改 2021年06月11日 金 06:00 改 2021年06月12日 土 06:00 改 2021年06月13日 日 06:00 2021年06月14日 月 06:00 2021年06月15日 火 06:00 2021年06月16日 水 06:00 改 2021年06月17日 木 06:00 2021年06月18日 金 06:00 改 2021年06月19日 土 12:00 2021年06月20日 日 12:00 改 2021年06月21日 月 06:00 2021年06月22日 火 06:00 改 2021年06月23日 水 21:00 改 2021年06月26日 土 09:00 改 2021年06月27日 日 06:00 2021年06月30日 水 06:00 改 2021年07月01日 木 06:00 2021年07月02日 金 06:00 2021年07月03日 土 06:00 2021年07月03日 土 13:00 改 2021年07月04日 日 06:00 改 2021年07月05日 月 06:00 改 2021年07月06日 火 06:00 2021年07月07日 水 06:00 2021年07月08日 木 06:00 2021年07月09日 金 06:00 2021年07月10日 土 06:00 改 第2章ー八幡と依頼 2021年07月10日 土 12:00 2021年07月11日 日 12:00 2021年07月12日 月 06:00 改 2021年07月14日 水 00:00 2021年07月18日 日 00:00 改 2021年07月19日 月 06:00 2021年07月20日 火 06:00 改 2021年07月21日 水 06:00 2021年07月22日 木 06:00 改 第3章Rー八幡・めぐりの逆襲編 2021年07月23日 金 06:00 2021年07月24日 土 06:00 改. 63 ID:0cNwdzKS0 sageてどうすんだ…… 八幡「やれ」 子供「あ、あ………」 陽乃「ま、待って!!」 八幡「初めてあなたの人間らしい声が聞けたと思いますよ」 八幡「今度は何ですか?こうしてる間にも三十分目は近づいてきているんですよね」 陽乃「…………撤退」 雪ノ下 …………!? 陽乃「人質の命が最優先よ。 28 ID:0cNwdzKS0 雪ノ下「はっ?」 大志「えっと……どういうことっすか」 警察B「ええ……最初に見せしめとして殺された女性がいたじゃないですか」 雪ノ下「………」 警察B「硝煙の匂いや、床に広がっている血液から、撃たれたのはほぼ間違いないはずなのですが…」 大志「撃たれたはずの、女性の死体がないってことっすか?」 警察B「え、えぇ……だから俺たちもわけがわからなくて」 雪ノ下「………………まさか」 雪ノ下「ねぇ、床の血液って、本物なの?」 警察B「はっ?いえ、詳しくは調べてませんが……状況的に本物かと」 雪ノ下「今すぐに調べて」 警察B「は、はぁ……」 大志「ゆ、雪ノ下さん、何を……」 雪ノ下「……あの男。

16
98 ID:0cNwdzKS0 八幡 葉山隼人…… 八幡 家督を継いで弁護士になってた彼だったが、弁護士になりたかったわけでもなく、ただ期待に答えるままに生きてきた結果、人生の目標を見失ってしまったのだと 八幡 正直、こいつがあんな簡単に落ちるとは思っていなかった 葉山「いろははどうしたんだ?」 八幡「……金と俺を車から放り出して、1人でアジトに突撃してった」 葉山「…………それって」 八幡「あぁ。 アジトは捨てる」 女「………えっ?」 八幡「あの陽乃さんが、あんなにあっさり俺たちを見逃すと思うか?」 女「…………まさか」 八幡「とっくにアジトなんて特定されてるんだろうな、おそらく今アジトは警察に包囲されているだろう」 女「そんな………じゃあどうするんですか」 八幡「慌てるな、ここまでのことをしたんだ。

雪ノ下「もしかして……比企谷くん?」

💖 12 ID:hLU5NYUb0 八幡「………そして、その人は会社に殺された」 八幡「誰よりも会社を思ってて、誰よりも働いてたのに、会社はその人を酷使し続けたんだ」 八幡「その人が死んだとき、社長はなんて言ったと思う?」 八幡「『〇〇君は命を懸けてこの会社のために働いてくれた。 いいぞ~」 八幡「うわあすげえ!師匠そんなお店行くんだあ!」 雪乃「!」結衣「!」 雪乃結衣「待ちなさい」「待ってよ!」ガシッ グイグイッ 八幡「なになに?なんだよ!」 雪乃「材木座さん!正気ですか? 八幡はまだ未成年です!変なこと教えないでください!」 結衣「そーですよ! 八幡くんがそんなお店いったら私が」ゴホンゴホン 93 : やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 「貴方の食事は誰が用意しているのは?」 「華琳ノヤシキノリョウリニン、ソレトタマニ華琳ジシン」 「貴方の普段使っているお金を渡しているのは?」 「華琳サンデス」 「貴方を養っているのは?」 「カリンサマデス」 専業主夫の夢が叶って良かったね! 八幡って頭いいし、舌戦強いし、実は真面目で事務仕事強いしかなり優秀な軍師の素養があるんだよな。

3
まぁあいつには会いたくないし 別にいいか 奉仕部 八幡「うーっす」ガララッ 由比ヶ浜「やっはろー!」 雪ノ下「あの... 本当なら正体見せるつもりはなかったけど、もう関係ないわね…あなたはここで死ぬのだから」 八幡「ちょっ!!」 雪乃「この私が結婚してあげるって…こんなに言ったのに断ったあげく…その理由がくだらない理由だなんて!」ゴオオオ 八幡「ま、まって!話し合おう!暴力はよくない!」 雪乃「だまりなさい!姉さん以外で私をここまでコケにした相手は初めてよ…かなりの屈辱だわ。 それより一発でオーケーだしなさいよ!わかったわね!」 八幡「ああ、わかったよ」 まあドアあけて終わりだしな 116 : やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

俺ガイル ss 八幡 イケメン 俳優

⚛ お待たせしました!」 ??「…」 八幡「うげ…」 ピシャ 戸を閉めて去ろうとした瞬間強引に開け帰された。 でもラーメン好きになったおかげでせんぱいと一緒にいる時間がもっと楽しくなりました」ギュ 八幡「ああ、もし旅行行くときがきたらラーメン屋巡りでもするか?」 いろは「はい!せんぱいと一緒ならどこでも行きますよ!」 八幡「いろは…」 静「おや、比企谷じゃないか。

18
絶対覗くなと言われていたんだが…」 八幡「…覗いてしまったのか?」 カマクラ「ああ…隠れてタバコでも吸っているかっと思って…」 八幡「あの人ヘビースモーカーだったからな…せっかく美人なのに」 カマクラ「覗いた部屋の中にいたのは一羽の鶴だった。 そのまま付き合ってたら妊娠しちゃったらしいの」 八幡「だ…大学は?」 雪乃「当然やめたらしいわ…とび職で旦那が生活を支えて由比ヶ浜さんは内職で生計を立ててるとか」 八幡「ま…まあいいんじゃね?男は逃げずに由比ヶ浜を支えてるだけマシじゃ…」 雪乃「内心引いてるでしょ…?」 八幡「いやもう俺の態度みりゃわかるだろ…今更だけどな…まああいつの人生だし…」 雪乃「案外達観してるのね。

俺ガイル~別れ、そして出会い~

👌 46 ID:hLU5NYUb0 雪ノ下「あら、それは………ご愁傷様」 雪ノ下「と、いうべきなのかしら……おめでとうというべきなのかしら……」 八幡「何も言わなくていいんだよ」 八幡「だから友達すくねぇんだよ…」 雪ノ下「そのセリフ、あなただけには言われたくなかったわね……」 八幡「だが事実だ」 雪ノ下「で、何でいきなり会社が倒産なんてしたの?」 八幡「ブラック企業にはよくある話だろ」 八幡「労働基準法違反」 八幡「社員の誰かが告訴した。

14
なんかそういえ節操ないというかまるで体目当てみたいで嫌だろ」 いろは「まあたしかに毎回しつこく求めてくるような男はあまり好きじゃないですね」 八幡「だろ…そういうのはほどほどにして別の事をしてる方が健全だろ」 いろは「ですけど…もっと求めて欲しいというか…ほんとは私に興味ないんじゃないかっと、たまに不安になるんですよ…」シュン 八幡「すまんな…プロボッチ人生が長かったから、どう言い出せばいいかわからねえんだよ。

【俺ガイルSS】雪ノ下八幡「なぁ雪ノ下って好きな奴とかいんのか?」

😜 アジトは捨てる」 女「………えっ?」 八幡「あの陽乃さんが、あんなにあっさり俺たちを見逃すと思うか?」 女「…………まさか」 八幡「とっくにアジトなんて特定されてるんだろうな、おそらく今アジトは警察に包囲されているだろう」 女「そんな………じゃあどうするんですか」 八幡「慌てるな、ここまでのことをしたんだ。 2019年12月01日 日 19:00 改 2019年12月01日 日 19:00 改 2019年12月01日 日 19:00 2019年12月01日 日 19:00 2019年12月01日 日 19:00 2019年12月01日 日 19:00 2019年12月01日 日 19:00 2019年12月01日 日 19:00 2019年12月01日 日 19:00 2019年12月01日 日 19:00 2019年12月01日 日 19:00 改 2019年12月01日 日 19:00 2019年12月01日 日 19:00 改 2019年12月01日 日 19:00 2019年12月01日 日 19:00 2019年12月01日 日 19:00 改. 扱いをよくわかってる」 「キャンキャン ワンワンワンッ」タタタタタタッ 八幡(き、きた!)「お、犬?」 雪乃(やった! チャンスよ!)「ひ、比企谷くんっ!」ダキッ ギュッ ムギューーー 八幡「飼い主どーこーだー?」ダキアゲッ (雪乃くっつきすぎだろ! 身動きが……) 八幡「んー飼い主はどkあっ痛ぇええええええええええ!」 犬 ガルルルル 監督「比企谷くん! もっと優しく抱かなきゃダメだって!」 八幡「なんで俺が怒られるんですか……被害者なのに……ってててて」 小町「お兄ちゃんー」タタタタッ 八幡「小町……」 小町「雪乃さんこれ」ヒソヒソ 雪乃「なによ?」 小町「つかって下さい。 」 雪乃「こちらこそよろしくお願いします…」ポロポロ 八幡「何で泣いてるの?」 雪乃「ドラマみたいじゃないかしら?初恋が叶うなんて…」 八幡「初恋だったのか?」 雪乃「えぇ…そうよ。

11
後は通報する間もなく制圧できただろう 八幡 ………考えられる可能性は! 八幡「葉山、やってくれたな」 葉山「なんで俺なのかな?」 八幡「陽乃さんと一番近い人物」 葉山「ははっ!ほとんど勘の域じゃないか。
12 ID:hLU5NYUb0 八幡「………そして、その人は会社に殺された」 八幡「誰よりも会社を思ってて、誰よりも働いてたのに、会社はその人を酷使し続けたんだ」 八幡「その人が死んだとき、社長はなんて言ったと思う?」 八幡「『〇〇君は命を懸けてこの会社のために働いてくれた この私があなたごときを探し求めていたとでも言うのかしら? 身の程をわきまえなさい」 八幡「なにこれ? なんでいきなり現れて罵倒されなきゃいけないのオレ?」 ?「あら、むしろ私のようなかわいい女性から声をかけてもらえることに光栄に思いなさい あなたに声をかける女性は慈悲深い私くらいじゃないのかしら? あなたの腐った目はまるで妖魔そのものですもの」 八幡「あいにくオレはMじゃない
あとセクハラなんかしてねぇよ」 由比ヶ浜「まぁ二人とも!喧嘩してないで行こうよ!」 八幡雪ノ下「おう 分かったわ 」 八幡 やっぱりリア充たくさんいるな... 61 ID:kmLyvREV0 静「なら、頼んだぞ!雪ノ下」 八幡「二人きりだよ!ゆきのん!」 雪乃「私に何かしようものならどうなるか分かっているでしょうね?」 八幡「ニブルヘイムでお仕置きですか?」 雪乃「それはできないけれど、」 八幡「じゃあ問題ない 第一章 社会人比企谷八幡 2016年01月16日 土 03:09 改 2016年01月16日 土 04:37 改 2016年01月16日 土 11:32 改 2016年01月16日 土 15:29 改 2016年01月17日 日 20:50 改 2016年01月18日 月 01:02 改 第二章 再始動 2016年01月18日 月 22:22 改 2016年01月21日 木 02:50 改 2016年01月24日 日 01:43 改 2016年02月14日 日 23:02 改 2016年04月03日 日 19:16 改 2016年04月17日 日 17:53 改 2016年05月03日 火 23:04 改 2016年05月03日 火 23:10 改 第三章 変革 2016年05月15日 日 22:23 改 2016年05月15日 日 22:25 改 2016年06月12日 日 11:43 改 2016年07月24日 日 01:54 2016年08月15日 月 23:41 2016年08月15日 月 23:44 2016年09月23日 金 21:21 改 2016年09月24日 土 00:18 改 2016年10月03日 月 22:12 改 第四章 そして 2016年10月09日 日 23:04 改 2016年10月26日 水 19:08 2016年11月09日 水 23:41 改 2016年11月24日 木 23:51 改 2016年12月17日 土 23:19 2016年12月25日 日 16:11 2017年03月15日 水 23:18 2017年05月22日 月 21:55 2017年06月20日 火 09:36 改 2017年07月04日 火 20:22 改 2017年08月08日 火 10:13 2018年02月14日 水 10:37. 37 ID:A3Fv7f6T0 八幡「たぶんさ、俺もお前も、大きな勘違いをしてたんだと思うんだ」 一色「……は?勘違い?」 八幡「居場所なんてさ……作る必要なかったんだよ