卓球 シングルス 結果。 張本智和の妹・美和、快勝で3回戦へ 女子シングルス2回戦結果<卓球・全中>(卓球メディアRallys)

オリンピック 卓球男子シングルス 張本 4回戦で敗退

💔 女子 中国電力 ( ) 概要 [ ] 毎年10月頃に翌年ののリハーサルとして行われる。

5
男子シングルス シード選手 第1シード:樊振東(中国) 第2シード:馬龍(中国) 第3シード: 張本智和(日本) 第4シード:カルデラノ(ブラジル) 第5シード:林昀儒(台湾) 第6シード:ファルク(スウェーデン) 第7シード:オフチャロフ(ドイツ) 第8シード:ボル(ドイツ) 第9シード:張禹珍(韓国) 第10シード:鄭栄植(韓国) 第11シード:ピッチフォード(イングランド) 第12シード: 丹羽孝希(日本) 第13シード:黄鎮廷(香港) 第14シード:ゴジ(フランス) 第15シード:アルナ(ナイジェリア) 第16シード:フレイタス(ポルトガル) 女子シングルス シード選手 第1シード:陳夢(中国) 第2シード:孫穎莎(中国) 第3シード: 伊藤美誠(日本) 第4シード:鄭怡静(台湾) 第5シード: 石川佳純(日本) 第6シード:馮天薇(シンガポール) 第7シード:田志希(韓国) 第8シード:杜凱栞(香港) 第9シード:A.。 男子シングルス 金:馬龍(中国) 銀:張継科(中国) 銅: 水谷隼(日本) 女子シングルス 金:丁寧(中国) 銀:李暁霞(中国) 銅:キム・ソンイ(北朝鮮) 男子団体 金:中国(馬龍、許昕、張継科) 銀: 日本(水谷隼、吉村真晴、丹羽孝希) 銅:ドイツ(ドミトリ・オフチャロフ、ティモ・ボル、バスティアン・シュテガー) 女子団体 金:中国(劉詩雯、丁寧、李暁霞) 銀:ドイツ(ハン・イン、ペトリサ・ソルヤ、シャン・シャオナ) 銅: 日本(石川佳純、福原愛、伊藤美誠) 前回大会は男子シングルス,女子シングルス,男子団体,女子団体の4種目。

世界卓球2019ブダペスト 男子シングルス結果|卓球レポート

☢ 男子 [ ] シングルス [ ] 大会名 金 銀 銅 KOR KOR SWE SWE FRA KOR CHN CHN CHN GER CHN SWE CHN KOR CHN CHN CHN CHN CHN CHN CHN GER CHN CHN JPN CHN CHN GER ダブルス [ ] 大会名 金 銀 銅 and CHN and YUG and KOR and CHN and GER and KOR and KOR and CHN and CHN and KOR and CHN and CHN and FRA and CHN and HKG and DEN 団体 [ ] 大会名 金 銀 銅 女子 [ ] シングルス [ ] 大会名 金 銀 銅 CHN CHN CHN CHN CHN PRK KOR CHN TPE CHN CHN CHN TPE CHN PRK KOR CHN CHN CHN CHN CHN SIN CHN CHN PRK CHN CHN JPN ダブルス [ ] 大会名 金 銀 銅 and KOR and CHN and YUG and CHN and CHN and PRK and KOR and CHN and CHN and KOR and CHN and CHN and KOR and CHN and KOR and CHN 団体 [ ] 大会名 金 銀 銅 混合 [ ] ダブルス [ ] 大会名 金 銀 銅 and JPN and CHN and TPE 外部リンク [ ]• 《男子シングルス結果》 ・金メダル:(中国) ・銀メダル:(中国) ・銅メダル:(日本) ・4位:(ベラルーシ) ・5位:(ナイジェリア) ・5位:(ポルトガル) ・5位:(ドイツ) ・5位:(日本) 《男子団体結果》 ・金メダル: ・銀メダル: ・銅メダル: ・4位: ・5位: ・5位: ・5位: ・5位: 《女子シングルス結果》 ・金メダル:(中国) ・銀メダル:(中国) ・銅メダル:(北朝鮮) ・4位:(日本) ・5位:(ドイツ) ・5位:(シンガポール) ・5位:(チャイニーズタイペイ) ・5位:(シンガポール) 《女子団体結果》 ・金メダル: ・銀メダル: ・銅メダル: ・4位: ・5位: ・5位: ・5位: ・5位: (ライター:masa雅). 大会概要 別名 天皇杯・皇后杯全日本卓球選手権大会 開始年 プレ 1935、第一回 1936 開催期間 1月 主催 開催国 開催都市 会場 参加選手数 男子シングルス267名 女子シングルス255名 男子ダブルス133組 女子ダブルス123組 混合ダブルス100組(2009年度) 使用球 プラ3スタープレミアム 優勝賞金 シングルス 100万円 、 サイト 、 前回優勝• カールソン) 第6シード:ブラジル(カルデラノ、ツボイ、イシイ) 第7シード:台湾(林昀儒、荘智淵、陳建安) 第8シード:フランス(ゴーズィ、ルベッソン、カサン) 第9シード:ポルトガル(フレイタス、アポロニア、モンテイロ) 第10シード:クロアチア(ガチーナ、プツァル、コジッチ) 第11シード:香港(黄鎮廷、林兆恒、何鈞傑) 第12シード:スロベニア(ヨルジッチ、トキッチ、コズル) 第13シード:エジプト(O. 準々決勝 横井咲桜 3(12,8,-9,-5,3)2 青井さくら(明徳義塾) 菅澤柚花里 3(8,-5,7,-9,6)2 赤江夏星(リベルテ) 枝廣愛 3(8,-5,10,6)1 白山亜美(明徳義塾) 大藤沙月 3(9,5,3)0 立川朋佳(進徳女子) 準決勝 横井咲桜 3(-8,-8,5,4,5)2 菅澤柚花里 大藤沙月 3(6,6,4)0 枝廣愛 決勝 横井咲桜 3(-3,-4,13,3,11)2 大藤沙月 3冠達成を果たした横井咲桜 準優勝:大藤沙月 3位:菅澤柚花里 3位:枝廣愛 5位:青井さくら 5位:赤江夏星 5位:白山亜美 5位:立川朋佳. ゴズィ(🇫🇷フランス) 3回戦 ボル(🇩🇪ドイツ)-7、6、7、2、1 ゲラシメンコ(🇰🇿カザフスタン) 張禹珍(🇰🇷韓国)-7、10、8、8、7 ドリンコール(🇬🇧イギリス) 荘智淵(チャイニーズタイペイ)-9、5、2、2、8 黄鎮廷(🇭🇰中国香港) ヨルジッチ(🇸🇮スロベニア)8、-7、10、-11、9、10 ピッチフォード(🇬🇧イギリス) フレイタス(🇵🇹ポルトガル)7、-3、7、6、-11、-2、3 Da. ゴズィ🇫🇷 10、9、9、5 グロート🇩🇰 馬龍🇨🇳 7、-8、11、4、4 アチャンタ🇮🇳 2回戦 林兆恒(中国香港)7、-7、-4、-5、9、10、6 グナナセカラン(インド) ルベッソン(フランス)6、8、10、11 ガチーナ(クロアチア) Da. 歴代結果 [ ] 年 度 開催地 男子シングルス 女子シングルス 優勝 準優勝 優勝 準優勝 1950 諏訪 竹内修 神谷節子 1951 京都 関原武 川口沙智子 1952 徳島 坂本昇 一井玲子 1953 天理 坂本昇 1954 横須賀 亀井敬子 1955 東京 中西義治 設楽義子 1956 東京 米田従道 小川節子 1957 東京 渡辺匡啓 藤井紀代子 1958 大宮 瀬川栄次 吉田たみ子 1959 東京 大橋紘明 1960 東京 有本登 黒崎南海子 1961 東京 根村猛 1962 東京 馬場園憲 富田洋子 1963 東京 石井清彦 大島洋子 1964 東京 坂本義枝 1965 東京 仲村渠功 1966 名古屋 高橋行光 村上静代 1967 名古屋 古賀法男 中村洋子 1968 名古屋 村上博己 大関政江 1969 東京 田村隆 1970 伊勢 黒田亨 猪狩栄子 1971 東京 久世雅之 内田恒代 1972 名古屋 内田恒代 1973 東京 天野悟 高橋紀子 1974 東京 清水正夫 松田一三 1975 東京 村松新五 川東加代子 1976 東京 竹之内君明 田村友子 1977 東京 吉浦忠行 岩田浩子 1978 東京 福田可信 小西淑子 1979 東京 漆尾ゆりえ 1980 東京 野尻俊宣 福田紀子 1981 東京 池田研一 細矢順子 1982 東京 小林智之 橘川美紀 1983 東京 室重明世 1984 東京 伊藤誠 内山京子 1985 東京 西川雅也 内山京子 1986 東京 矢島淑雄 吉田静子 1987 東京 1988 東京 佐藤利香 1989 東京 河合雅世 1990 東京 大島美絵 1991 東京 松岡りか 1992 東京 村上裕和 1993 東京 河野文江 1994 東京 辻本理恵 1995 東京 真田浩二 1996 東京 谷口祐二 1997 東京 柳田敏則 1998 東京 1999 東京 2000 名古屋 2001 東京 2002 東京 2003 東京 2004 東京 2005 東京 2006 東京 2007 東京 2008 東京 2009 東京 2010 東京 2011 東京 2012 東京 2013 東京 2014 東京 2015 東京 2016 東京 2017 東京 2018 大阪 2019 大阪 2020 大阪 カデットの部 [ ] 詳細は「」を参照 団体の部 [ ] 全日本卓球選手権大会団体の部 大会概要 開始年 1966 主催 参加チーム数 男女各12 前回優勝• 女子シングルス 4回 ( ) 概要 [ ] 全日本卓球選手権大会と同時期、同会場で行われる、18歳以下の高校2年生迄が出場可能なジュニアの大会である 高校3年生も出場可能な時期はあった。

14
〇篠原夢空(大阪・貝塚第二) 3-0 北代寿珠(島根・益田) 園田心愛(熊本・八代二) 1-3 照井莉胡(東京・武蔵野)〇 〇栗山優菜(福岡・福岡女学院) 3-1 伊藤夏歩(栃木・北押原) 柴山夢奈(鳥取・久米) 0-3 伊藤ゆづき(北海道・札幌南が丘)〇 〇山本真愛(大阪・四天王寺) 3-0 石井春朱(香川・丸亀東) 亀田ひより(栃木・益子) 0-3 山﨑友海(岡山・山陽学園)〇 〇牧野美玲(静岡・清水第五) 3-1 森國穂乃花(福井・社) 栗林花菜(兵庫・押部谷) 0-3 岩木仁香(神奈川・横浜隼人)〇 〇吉田一葉(山口・玖珂) 3-0 髙木陽菜(徳島・徳島城東) 下司恭子(兵庫・宝塚第一) 0-3 佐久間芽生(栃木・文星芸大附)〇 渡邉心葉(高知・明徳義塾) 0-3 兼吉優花(大阪・四天王寺)〇 宮國由梨乃(宮崎・日南学園) 0-3 附田美瑠姫(青森・上北)〇 〇中野優里奈(福井・大東) 3-0 大塚未来(埼玉・越谷富士) 〇竹谷美涼(大阪・貝塚第二) 3-0 保科美結(東京・武蔵野) 相原ちひろ(秋田・八竜) 0-3 近藤爽(愛知・知多東部)〇 西岡緩夏(高知・土佐女子) 0-3 伊藤詩菜(大阪・四天王寺)〇 〇清水愛未(大阪・四天王寺) 3-0 桐木亜美(北海道・苫小牧光洋) 〇鈴木美咲(岡山・山陽学園) 3-0 熊田陽茉梨(沖縄・知念) 池間優衣(福井・大東) 0-3 三谷愛姫(香川・丸亀南) 〇 川森天詩(滋賀・稲枝) 0-3 野々口彩乃(東京・聖が丘)〇 〇遊佐美月(三重・光陵) 3-0 梅澤美緒(東京・武蔵野) 〇西田留衣(兵庫・星和台) 3-2 米村胡美(青森・浦町) 〇吉本はな(大阪・貝塚第二) 3-0 島村果怜(神奈川・横浜隼人) 植野ひかり(山口・玖珂) 1-3 小塩悠菜(神奈川・星槎)〇 〇上澤杏音(大阪・貝塚第二) 3-0 長谷川愛佳(愛知・名古屋北) 〇山田彩心(島根・益田) 3-2 秋山晴名(北海道・門別) 〇山室早矢(熊本・三和) 3-0 綾井若菜(大阪・東我孫子) 〇髙須賀好詩乃(静岡・浜松修学舎) 3-1 水野瑞希(高知・明徳義塾) 〇面手凛(岡山・山陽学園) 3-1 笠田朋花(千葉・和洋国府台) 〇吉住文禎(東京・武蔵野) 3-0 山藤結夢(愛媛・港南) 〇東倫愛(富山・吉江) 3-2 大場心春(静岡・三方原) 和田奈都姫(奈良・二名) 0-3 張本美和(神奈川・川中島)〇. ハベゾーン(🇦🇹オーストリア) 張本智和(🇯🇵日本)9、11、-8、10、10 林兆恒(🇭🇰中国香港) 樊振東🇨🇳 3、4、3、4 ルベッソン🇫🇷 林昀儒 5、-9、7、7、9 シェルベリ🇸🇪 鄭栄植(🇰🇷韓国)-7、7、-8、-10、10、6、12 ギオニス(🇬🇷ギリシャ) ツボイ🇧🇷 -15、9、6、-7、7、6 アルナ🇳🇬 カルデラノ🇧🇷 11、7、-7、9、10 トキッチ 丹羽孝希🇯🇵 6、8、3、10 ワン・ヤン🇸🇰 オフチャロフ🇩🇪 11、3、11、4 スカチコフ O. アラミヤン(イラン) 林兆垣(中国香港)-7、9、-6、6、4、-12、8 アファナドル(プエルトリコ) コウ・レイ(ウクライナ)6、3、7、6 ハマム(チュニジア) シフエンテス(アルゼンチン)2、5、10、6 ヨシュア・シン(バヌアツ) スカチコフ(ロシア)4、-11、6、-7、5、8 レバヤツ(セルビア) ロブレス(スペイン)-11、4、12、2、7 アルト(アルゼンチン) パウエル(オーストラリア)不戦勝 シルチェック(チェコ) クマル(アメリカ)-8、8、8、7、-11、6 ミノ(エクアドル) アポローニャ(ポルトガル)7、9、6、5 オモタヨ(ナイジェリア) マジョロス(ハンガリー)1、5、5、2 ボウリア(アルジェリア) 男子シングルス シード16選手 1. ゾルヤ(ドイツ) 第12シード:ハン・イン(ドイツ) 第13シード:陳思羽(台湾) 第14シード:スッチ(ルーマニア) 第15シード:サマラ(ルーマニア) 第16シード:エーラント(オランダ) 男子団体戦 シード選手 第1シード:中国(馬龍、樊振東、許昕) 第2シード:ドイツ(オフチャロフ、ボル、フランチスカ) 第3シード: 日本(張本智和、丹羽孝希、水谷隼) 第4シード:韓国(鄭栄植、張禹珍、李尚洙) 第5シード:スウェーデン(ファルク、シェルベリ、K. 準々決勝 篠塚大登 3(3,10,4)0 萩原啓至(愛工大名電) 谷垣佑真 3(7,5,6)0 岡野俊介(愛工大名電) 吉山僚一 3(6,8,-8,8)1 鈴木颯 愛工大名電) 高橋航太郎 3(-6,5,5,-7,8)2 飯村悠太(野田学園) 準決勝 谷垣佑真 3(15,-9,4,6)1 篠塚大登 吉山僚一 3(9,-9,3,2)1 高橋航太郎 決勝 谷垣佑真 3(-9,12,8,2)1 吉山僚一 3冠を達成した谷垣佑真 準優勝:吉山僚一 3位:篠塚大登 3位:高橋航太郎 5位:萩原啓至 5位:岡野俊介 5位:鈴木颯 5位:飯村悠太 【女子シングルス】 とが決勝で対戦。

全日本卓球男子シングルス1回戦結果 最年少の中1・谷本が初戦突破

📞 混合ダブルス 5回 斎藤清 大会統計 観客動員数 25,300人 一日平均3,614人 2015年度 ( ) 全日本卓球選手権大会(ぜんにほんたっきゅうせんしゅけんたいかい、: All Japan Table Tennis Championships)は、が主催で毎年1月にで行われる、その年度の日本一を決めるの大会である。 。

7

全日本卓球男子シングルス1回戦結果 最年少の中1・谷本が初戦突破

🌭。 。 。

3
。 。

オリンピック 卓球女子シングルス 石川佳純 準々決勝で敗退

✌。

。 。

【卓球速報】東京オリンピック 男子シングルス 日程 試合結果 張本智和と丹羽孝希が出場【五輪】

😛。

17