セレコキシブ 錠。 セレコキシブ錠100mg「ケミファ」

セレコキシブ錠100mg「ファイザー」、同200mg「ファイザー」発売

👀 , 30 12 , 3117, 2010. 慢性疾患 関節リウマチ、変形性関節症等 に対し本剤を用いる場合には、定期的あるいは必要に応じて臨床検査 尿検査、血液検査、腎機能検査、肝機能検査、心電図検査及び便潜血検査等 を行い、異常が認められた場合には、休薬や投与中止等の適切な処置を行う。 抗血小板薬 クロピドグレル等 [本剤と抗血小板薬を併用した場合、本剤のみを服用したときに比べて消化管出血の発生率が高くなることが報告されている これらの薬剤は血小板凝集抑制作用を有するため、NSAIDの消化管出血を助長させると考えられている ]。 : BMJ 342: c7086, 2011• , 40 9 , 1347, 1997. 1%) 疼痛強度差(VAS)(mm) c) / 12. 慢性疾患 関節リウマチ、変形性関節症等 に対し本剤を用いる場合には、定期的あるいは必要に応じて臨床検査 尿検査、血液検査、腎機能検査、肝機能検査、心電図検査及び便潜血検査等 を行い、異常が認められた場合には、休薬や投与中止等の適切な処置を行う。

9
FDA Center for Drug Evaluation and Research. 相互作用 ACE阻害剤 エナラプリルマレイン酸塩 イミダプリル塩酸塩 テモカプリル塩酸塩 等 アンジオテンシンII受容体拮抗剤 カンデサルタン シレキセチル バルサルタン ロサルタンカリウム 等 非ステロイド性消炎・鎮痛剤(NSAID)はアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤の降圧効果を減弱させる可能性があるとの報告がある。

セレコキシブ:セレコックス

✍ 相互作用 ACE阻害剤 エナラプリルマレイン酸塩 イミダプリル塩酸塩 テモカプリル塩酸塩 等 アンジオテンシンII受容体拮抗剤 カンデサルタンシレキセチル バルサルタン ロサルタンカリウム 等 非ステロイド性消炎・鎮痛剤(NSAID)はアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤の降圧効果を減弱させる可能性があるとの報告がある。

研究事例 [ ] 癌予防 [ ] ある種の癌において、セレコキシブがその発生率を抑制する可能性については、多くの研究が行われてきた。

セレコキシブ錠100mg「ファイザー」、同200mg「ファイザー」発売

😃 フロセミド、チアジド系利尿剤 トリクロルメチアジド、ヒドロクロロチアジド等 [患者によっては他のNSAIDがフロセミド及びチアジド系利尿剤のナトリウム排泄作用を低下させることが示されているので、本剤と、フロセミド又はチアジド系利尿剤との相互作用は明らかではないが、併用する場合は相互作用の起こる可能性を考慮する 他のNSAIDでは、腎臓におけるプロスタグランジン合成阻害によると考えられている ]。 中毒性表皮壊死融解症 Toxic Epidermal Necrolysis:TEN 、皮膚粘膜眼症候群 Stevens-Johnson症候群 、多形紅斑、急性汎発性発疹性膿疱症、剥脱性皮膚炎:中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑、急性汎発性発疹性膿疱症、剥脱性皮膚炎等の重篤で場合によっては致命的な皮膚症状の発現が報告されているので、観察を十分に行い、発疹、粘膜障害もしくは他の過敏症に関連する徴候が認められた場合は直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。

8
>NSAIDs コキシブ 系 価格 100mg1錠:19. 制酸剤 アルミニウム製剤、マグネシウム製剤等 [本剤の血漿中濃度が低下し本剤の作用が減弱する恐れがある 機序は明らかでない ]。 >NSAIDs コキシブ 系 価格 100mg1錠:69円/錠 200mg1錠:106. : Expert Opin Investig Drugs 17 2 : 197, 2008• 06 f) 患者の疾患活動性全般評価(VAS) b) 平均変化量(mm) 2. 本剤の投与により、中毒性表皮壊死融解症 Toxic Epidermal Necrolysis:TEN 、皮膚粘膜眼症候群 Stevens-Johnson症候群 等の重篤で場合によっては致命的な皮膚症状が発現する恐れがあり、多くの場合、これらの事象は投与開始後1カ月以内に発現しているので、治療初期には特に注意する。

セレコックス錠100mgの薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

📲 肝障害患者 (外国人データ) In vitro 及びin vivo 試験の結果から、本剤は主として薬物代謝酵素CYP2C9を介して代謝されることが明らかとなっている。 : Aliment Pharmacol Ther 37 3 : 346-54, 2013• 妊娠末期の婦人[「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照] 副作用 (頻度不明) ショック、アナフィラキシー ショック、アナフィラキシー、呼吸困難、血管浮腫、血管炎、気管支痙攣等の重篤な過敏症の発現が報告されているので、このような症状が認められた場合は投与を中止し、適切な処置を行うこと。 , Pharmacotherapy, 23 1 , 97, 2003. : BASIC AND CLINICAL PHARMACOLOGY. New York: McGraw-Hill Medical, 2008. , Pharmacogenetics, 7 5 , 405, 1997. : Gastroenterology 140(5,Suppl 1): S-587, 2011• 中毒性表皮壊死融解症 Toxic Epidermal Necrolysis:TEN 、皮膚粘膜眼症候群 Stevens-Johnson症候群 、多形紅斑、急性汎発性発疹性膿疱症、剥脱性皮膚炎 いずれも頻度不明 :中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑、急性汎発性発疹性膿疱症、剥脱性皮膚炎等の重篤で場合によっては致命的な皮膚症状の発現が報告されているので、観察を十分に行い、発疹、粘膜障害もしくは他の過敏症に関連する徴候が認められた場合は直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。

) 薬物動態 生物学的同等性試験 セレコキシブ錠100mg「トーワ」 セレコキシブ錠100mg「トーワ」と標準製剤を、クロスオーバー法によりそれぞれ1錠(セレコキシブとして100mg)健康成人男子に絶食単回経口投与(n=37)して血漿中未変化体濃度を測定し、得られた薬物動態パラメータ(AUC、Cmax)について90%信頼区間法にて統計解析を行った結果、いずれもlog 0. 慢性運動器疾患は、患者さんの肉体的・精神的な健康を低下させ得るNCD(Non-communicable Diseases; 非感染性疾患) 1のひとつであり、医療費を増大させる一方 2、未受診の患者さんが数多くいらっしゃいます 3。 : Prog Med 26 suppl. 培養細胞を用いた染色体異常試験において、細胞毒性が認められる濃度で染色体の数的異常 核内倍加細胞増加 が、生殖発生毒性試験で着床後死亡数増加や死産増加、横隔膜ヘルニア、胎仔体重減少等が認められている またラットにおいて本剤が胎仔に移行することが報告されている ]。

セレコキシブ (セレコックス ジェネリック)通販、購入(個人輸入)

✆ >NSAIDs コキシブ 系 価格 100mg1錠:19. ADAPT Research, Group: PLos Clin Trials 1 7 : e33, 2006• Journal of orthopedic science 2011 16:424—432• (50歳代開業医、整形外科) 用法・用量 (添付文書全文) 〈関節リウマチ〉 通常、成人にはセレコキシブとして1回100〜200mgを1日2回、朝・夕食後に経口投与する。 注意 慎重投与 次の患者には慎重に投与すること 心血管系疾患又はその既往歴のある患者(「重要な基本的注意」の項参照) 心機能障害のある患者[水、ナトリウムの貯留が起こる可能性があり、心機能障害を悪化させるおそれがある。 : Pharmacotherapy: A Pathophysiologic Approach. 335 8693 : 827, 1990• 本剤の投与により、中毒性表皮壊死融解症 Toxic Epidermal Necrolysis:TEN 、皮膚粘膜眼症候群 Stevens-Johnson症候群 等の重篤で場合によっては致命的な皮膚症状が発現する恐れがあり、多くの場合、これらの事象は投与開始後1カ月以内に発現しているので、治療初期には特に注意する。

10
抗血小板薬 クロピドグレル等 [本剤と抗血小板薬を併用した場合、本剤のみを服用したときに比べて消化管出血の発生率が高くなることが報告されている これらの薬剤は血小板凝集抑制作用を有するため、NSAIDの消化管出血を助長させると考えられている ]。 , 40 6 , 655, 2000. 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形紅斑、急性汎発性発疹性膿疱症、剥脱性皮膚炎(いずれも頻度不明 注)) 中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑、急性汎発性発疹性膿疱症、剥脱性皮膚炎等の重篤で場合によっては致命的な皮膚症状の発現が報告されているので、観察を十分に行い、発疹、粘膜障害もしくは他の過敏症に関連する徴候が認められた場合は直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

沢井製薬 セレコキシブ錠100mgを自主回収(クラスⅡ) 発売直後から溶出性試験に不適合も

😍 フロセミド チアジド系利尿剤 トリクロルメチアジド ヒドロクロロチアジド 等 患者によっては他のNSAIDがフロセミド及びチアジド系利尿剤のナトリウム排泄作用を低下させることが示されている。 アスピリン[本剤と低用量アスピリン 1日325mg以下 を併用した場合、本剤のみを服用したときに比べて消化性潰瘍・消化管出血等の発生率が高くなることが報告されている アスピリン併用によりNSAIDの消化性潰瘍・消化管出血等を助長させると考えられている ]。

1
: Eur J Clin Pharmacol 64 3 : 233, 2008• Journal of orthopedic science 2015 20 4 :750-760. : J Clin Pharm Ther 31 6 , 565, 2006• 制酸剤 アルミニウム製剤 マグネシウム製剤 等 本剤の血漿中濃度が低下し、本剤の作用が減弱するおそれがある。 高岸 憲二: Prog Med 29 suppl. 肝不全、肝炎、肝機能障害、黄疸:肝不全、肝炎、AST上昇 GOT上昇 、ALT上昇 GPT上昇 、ビリルビン上昇等、黄疸の発現が報告されているので、定期的に肝機能検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合は投与を中止するなど、適切な処置を行う。

セレコキシブ錠の薬価比較(先発薬・後発薬・メーカー・剤形による違い)

✔ , 20 4 , 397, 2004. 3 f) 医師の疾患活動性全般評価(VAS) c) 平均変化量(mm) -2. 間質性肺炎 頻度不明 :間質性肺炎が現れることがあるので、咳嗽、呼吸困難、発熱、肺音異常 捻髪音 等が認められた場合には、速やかに胸部X線、速やかに胸部CT、速やかに血清マーカー等の検査を実施し、間質性肺炎が疑われた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行う。

9
: Prog Med 26 suppl. , 278 6 , R1496, 2000. Celecoxib Long-Term Arthritis Safety Study(CLASS)試験ではそのようなイベント発生率の増大は発表されなかったが、専門家の多くは、ロフェコキシブの長期服用に関連するリスクは薬理学的に3つの異なる機序においてセレコキシブにも当てはまると考えている。

セレコックス錠100mg

☢ 製造販売: 販売提携: 効能・効果 用法・容量 効能・効果• , Circulation, 114 10 , 1028, 2006. 制酸剤 アルミニウム製剤、マグネシウム製剤等 [本剤の血漿中濃度が低下し本剤の作用が減弱する恐れがある 機序は明らかでない ]。 注意 慎重投与 次の患者には慎重に投与すること 心血管系疾患又はその既往歴のある患者(「重要な基本的注意」の項参照) 心機能障害のある患者[水、ナトリウムの貯留が起こる可能性があり、心機能障害を悪化させるおそれがある。 表1 関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、腱・腱鞘炎 疾患名 関節リウマチ 関節リウマチ 関節リウマチ 関節リウマチ 変形性関節症 変形性関節症 変形性関節症 変形性関節症 試験名 後期第 II相試験 28) 後期第 II相試験 28) 後期第 II相試験 28) 第 III相試験 29) 後期第 II相試験 30) 後期第 II相試験 30) 第 III相試験 31) :第 III相試験 31) 薬剤 用法・用量 プラセボ セレコキシブ 100mg 1日2回 セレコキシブ 200mg 1日2回 セレコキシブ 200mg 1日2回 プラセボ セレコキシブ 100mg 1日2回 プラセボ セレコキシブ 100mg 1日2回 投与期間 4週 4週 4週 12週 4週 4週 4週 4週 有効性解析症例数 a) 74 72 79 318 90 84 151 295 患者の疼痛評価(VAS) 平均変化量(mm) 3. : Digestion, 83: 108, 2011• , 79 3 , 287, 2006. : Aliment Pharmacol Ther 25: 1211, 2007• 2005-04-06 and recommendation for agency action regarding nonsteroidal anti inflammatory drugs and cardiovascular risk'• , 507 1-3 , 69, 2005 作業情報. 効能 【効能A】 次の疾患並びに症状の消炎・鎮痛//関節リウマチ 【効能B】 次の疾患並びに症状の消炎・鎮痛//変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、腱・腱鞘炎 【効能C】 手術後、外傷後並びに抜歯後の消炎・鎮痛 用法 【効能A】 通常、成人はセレコキシブとして1回100~200mgを1日2回、朝・夕食後に経口服用する。

4
ACE阻害剤 エナラプリルマレイン酸塩、イミダプリル塩酸塩、テモカプリル塩酸塩等 、アンジオテンシン2受容体拮抗剤 カンデサルタンシレキセチル、バルサルタン、ロサルタンカリウム等 [非ステロイド性消炎・鎮痛剤 NSAID はアンジオテンシン変換酵素 ACE 阻害剤の降圧効果を減弱させる可能性があるとの報告があるので、本剤とACE阻害剤又はアンジオテンシン2受容体拮抗剤との相互作用は明らかではないが、併用する場合は相互作用の起こる可能性を考慮する なお、リシノプリルを併用した臨床試験では、顕著な血圧変化は認められなかったとの報告がある 他のNSAIDでは、腎臓におけるプロスタグランジン合成阻害によると考えられている ]。

沢井製薬 セレコキシブ錠100mgを自主回収(クラスⅡ) 発売直後から溶出性試験に不適合も

🤲 : Cancer Cell 4 6 : 431, 2003• : BMJ 332 7553 : 1302, 2006• : JAMA 284: 1247, 2000• 142 3 : 157, 2005• クマリン系抗凝血剤 ワルファリン [プロトロンビン時間が延長する恐れがあり、海外で特に高齢者において、重篤で場合によっては致命的な出血が報告されているので、ワルファリン使用中の患者に本剤の投与を開始あるいは用法を変更する際には十分注意して観察する CYP2C9を介する代謝の競合阻害によると考えられている ]。 妊娠末期の女性(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照) 副作用 (頻度不明) ショック、アナフィラキシー ショック、アナフィラキシー、呼吸困難、血管浮腫、血管炎、気管支痙攣等の重篤な過敏症の発現が報告されているので、このような症状が認められた場合は投与を中止し、適切な処置を行うこと。 このため大規模無作為臨床試験が実施され、臨床成績が2006年8月にNew England Journal of Medicineで報告された。

4
, 513 3 , 229, 2005. : Mol Cancer 7 1 : 38, 2008• 【セレコキシブ錠「ファイザー」の概要】 製品名 セレコキシブ錠100mg「ファイザー」 (CELECOXIB Tablets 100mg [Pfizer]) セレコキシブ錠200mg「ファイザー」 (CELECOXIB Tablets 200mg [Pfizer]) 一般名 和名:セレコキシブ錠100mg「ファイザー」、セレコキシブ錠200mg「ファイザー」 洋名:Celecoxib Tablets 100mg [Pfizer]、 Celecoxib Tablets 200mg [Pfizer] 効能・効果 下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛 関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、腱・腱鞘炎 手術後、外傷後並びに抜歯後の消炎・鎮痛 製造販売承認取得日 2020年2月17日 薬価収載日 2020年6月19日 発売日 2020年6月19日 薬価 セレコキシブ錠100mg「ファイザー」 (100mg1錠):19. : Bioorg Med Chem Lett 11: 1541, 2001• 注意 慎重投与 次の患者には慎重に投与すること 心血管系疾患又はその既往歴のある患者[「重要な基本的注意」の項参照] 心機能障害のある患者[水、ナトリウムの貯留が起こる可能性があり、心機能障害を悪化させるおそれがある。

セレコキシブ錠100mg「ファイザー」

☺ 消化管への安全性 [ ] NSAID潰瘍リスク を含む、消化管障害リスクについては、一般的に広く知られている。

6
。 : J Med Chem 40 9 : 1347, 1997• , 28 3 , 308, 2000. [培養細胞を用いた染色体異常試験において、細胞毒性が認められる濃度で染色体の数的異常 核内倍加細胞増加 が、生殖発生毒性試験で着床後死亡数増加や死産増加、横隔膜ヘルニア、胎仔体重減少等が認められている またラットにおいて本剤が胎仔に移行することが報告されている ]。