フォア キャスティング。 バックキャスティングとフォアキャスティング|解決策を探すための思考法

バックキャスティングで考える「SDGs×トヨタ」

🌏。

13
ーーーーーー 「バックキャスティング思考に基づくショー構成」についても、 最近考えていることなので、ある程度まとまったらUPしてみようと思っており、 その前段として、そもそもバックキャスティングってなんやねんという話を 挙げておきたかったので投稿してます。

リーダー層に求められるバックキャストの思考法 [石田秀輝]

😎 成長が見込める中で、将来に必要な変革を起こすために 【オーラライトのミッション】 オーラライトは法人に対しサスティナブルな照明のソリューションデザインを提供し、コスト、エネルギー消費、環境負荷を低減するサポートをします 【ビジョン】 法人のお客様にとってサスティナブルな照明ソリューションを提供する、グローバルなパートナーになる オーラライトは、今はこのようなミッションとビジョンを掲げて活動していますが、 2007年までは北欧を営業エリアとする電球製造販売会社でした。 スウェーデンでこの夏にお会いした Martin Malmrosさんは、 2007年から約10年間 CEOを勤めたオーラライト社にサスティナブル戦略を導入し、 「眠れるスカンジナビア企業から、照明ソリューション・プロバイダーとしてダイナミックなヨーロッパ企業への転換」(ハーバードビジネススクールのケース)と表現される変革を成し遂げたリーダーです。 執筆者プロフィール(執筆時点) 末次 貴英(すえつぐ たかひで) アミタ株式会社 環境戦略デザイングループ グループリーダー これまで100社以上の企業に、サステナブル経営のためのビジョン策定、環境戦略立案、CSR・CSVコンサルティング、環境取り組みのアウトソーシングサービス等を提供している。

それを成功に導いたのが 2007年から約 10年間 CEOを務めた Martin Malmrosさんです。

ライフスタイルを変えよう! -環境テクノロジー最前線)

💖 現状を起点に、 「どこが悪いのか?」 「どこを改善すべきなのか?」 「どう改善すれば良いのか?」 を考えやすいため、持続的な改善活動ができる寸法です。 貴社の環境戦略をともに持続可能なものへ! アミタの支援サービス「The Sustainable Stage TSS 」 アミタの支援サービス「The Sustainable Stage」では、廃棄物管理を始め、脱炭素にかかる施策(CDP質問書への回答、SBT、RE100への取組み・実践体制の構築、支援など)、SDGs、生物多様性、バイオマス発電など企業の持続可能性を環境面から支えるための支援を行っています。 SDGsが大事なのはわかった、の後に 「とはいえ実際に達成するのは難しいですよね」 「とはいえ1人(1部門、1社)ができることなんて限られてますよね」 「とはいえ現場は四半期目標もあるし、新しいことをするゆとりなんてありません」 などなどあげればきりがないのですが、多くの組織でこういった声が出てきます。

7
。 。

バックキャスティングで人生をワガママに構想する

🎇。

13

シナリオ・プランニングとは何か?:今こそビジネスマンが習得したい発想法(1/2 ページ)

👌。 。

企画立案の際に知っておきたいフォアキャスティングとバックキャスティング

😅。 。

13