チュパカブラ 正体。 チュパカブラの正体を検証!家畜の血を吸う悪魔UMAは実在するのか

UMAチュパカブラの水死体! パラグアイで発見、TVで大きな話題に!

⚠ 静岡のゴラム 2017年の8月1日にSNS上に とある謎の生物の写真が投稿されました その生物は人型をしていて、灰色の肌に少しだけ毛が生えており、大きな目はとび出ているようにも見えます その姿は、映画ロードオブザリングに登場する不気味な姿をしたクリーチャーである 「ゴラム」にそっくりだと話題になりました その「ゴラムのような生物」の死体が発見されたのは静岡県牧之原市に存在する静波海岸だそうです この海岸はレジャースポットとして人気で、サーフィンのスポットとしても人気があるのだそうです 「静岡のゴラム」が発見されたのは、SNSに投稿された日の前日である2017年7月31日でした 発見者の男性がサーフィンをしに訪れていたところ、浜に転がっていた謎の生物の死体を発見してしまったのです そして、男性はスマートフォンで撮影した写真を友人に送ったところ、あまりにも不気味な見た目の謎の生物だ ということで、 発見者の男性の友人がSNSに投稿したのでした 写っていた謎の生物の見た目のインパクトが凄まじくそれゆえに、あっという間にSNS上で拡散され、多くの人がその投稿に反応しました しかし奇妙なことに そのSNSの投稿は突如として削除され、投稿をしていたSNSのアカウントもIDが変えられてしまったのです 「これは、もしかしたら表には出てはいけない何かだったのかもしれない」とか、「どこかの施設から脱走して力尽きた 実験生物なのではないか」 というような憶測が飛び交いました さらに、日本に昔から伝わる妖怪である「河童」や「ヒョウスベ」なのではないか という説もありました 河童は皆さんもご存じだと思いますが、「ヒョウスベ」という妖怪は知っていましたか ヒョウスベは河童と同じように彼岸の時期になると、川と山を往来したりするなど、共通点があり似ているのですが、その存在は河童よりも古くから伝えられているとされています ひょーひょーという鳴き声を出すことから「ヒョウスベ」と呼ばれるようになったそうです ヒョウスベは奇妙で不気味な笑い声を上げるのですが、それにつられて自分も笑ってしまうと高熱が出て死んでしまうそうです。

これは、ヒゼンダニ( 疥癬虫 ( かいせんちゅう )。 恐ろしいですよね しかし、静岡のゴラムの正体として最も有力なのは「アカゲザル」なのだそうです アカゲザルは特定外来生物に指定されており、繁殖力がとても強く在来種であるニホンザルとも混じり合ってしまっているのだそうです たしかに、海外で発見された「静岡のゴラム」には尻尾がありますし、脚の形なんかもサルですよね そして、肌が灰色で毛が抜けてしまっているのは「疥癬」という皮膚病にかかっているからではないか と言われています チュパカブラ 世界的に有名なUMAであるチュパカブラ スペイン語で「チュパ」は「吸う」という意味で 「カブラ」は「ヤギ」という意味です その名の通り、ヤギや家畜の血液を吸うという恐ろしいUMAなのです 主に南米での目撃情報が多く、1995年の2月頃からプエルトリコで目撃され始め、その後にメキシコやアルゼンチン、チリにおいても目撃情報が相次ぎました さらに、それらの南米での目撃情報のもっと前である1970年代のアメリカでは、「キャトルミューティレーション」と呼ばれる家畜の集団不審死事件が多発していたのですが、 その犯人はチュパカブラなのではないか と言われているのです その「キャトルミューティレーション」では前日まで健康だった牛や鶏などの家畜たちが一夜にして全身の血液を抜かれ、死んでしまうのです 身体には噛まれたような跡があったり、レーザーのような物で切られたような跡があったのだといいます さらに、キャトルミューティレーションが発生する前後には、周辺でUFOが多数目撃されていたことから、「チュパカブラはエイリアンなのではないか」とも言われていました もう一つは、「アメリカの実験で生まれた生物兵器」という説です 別の動画でもお話ししていますが、アメリカは東西冷戦時に、UFOに関する極秘計画をおこなっていました。

【2018最新版】チュパカブラの正体と捕獲映像を公開!

♥ なぜ? 宇宙からわざわざ地球のヤギや牛の血を吸いに来る必要などあるのだろうか? それはどんな事情だろうか? 高級食材かなにかなのだろうか? だとしたら、なぜ自分たちで飼育したり、もっと被害が出ないのだろうか? よくわからないものは取り敢えず宇宙人だと主張する人が一定数いるので、これもその結果に過ぎないと私は思う。 今回は正体が判明してしまったUMAたちについてお話ししていきます UMAという呼び方は、英語で謎の未確認生物を意味する 「Unidentified Mysterious Animal」の頭文字を繋げたもので、1976年に当時のサイエンスフィクションを扱う雑誌の編集長 が 未確認飛行物体を意味する UFOを参考にして名付けた名称です 今回お話しする正体が判明してしまったUMAたちは、もはや謎の未確認生物ではなくなってしまうのでUMAではなくなる ということになります 私としては、UMAの正体が明かされるのはワクワクもするのですが、残念な気持ちになることもあります。

17
結果、動物が死後に放置された場合、血液は体内の低くなっている場所に 溜 ( た )まり、そこで通常の血液成分(ようするに赤色の原因成分)は分解されたり、あるいは地面に染み込んでいったりして、見事に消えてしまう感じになることが判明している。

チュパカブラの正体を検証!家畜の血を吸う悪魔UMAは実在するのか

😋 高速で飛行するスカイフィッシュがぶつかって切り傷を負ったという人もいたのだそうです しかし、スカイフィッシュの正体は なんとハエなのだそうです カメラの前をハエが飛んでいた場合、残像として写りこむのですが、その姿がスカイフィッシュそのものだ というのです これはモーションブラー現象と呼ばれています。 彼のチュパカブラに関する5年もの調査記録の集大成ともいえる本、「Tracking the Chupacabra: The Vampire Beast in Fact, Fiction and Folklore(チュパカブラの追跡。

11
棒状の体に羽のようなものが複数ついているその姿はまるで、約5億2,500万年前から5億500万年前の間に海中に存在していた 古代の節足動物である 「アノマロカリス」に似ていました アノマロカリスは古代の海において 「捕食者」というピラミッドの上部に存在しており、体長は数センチという小さなものから、 2メートルという巨大なアノマロカリスの化石も発見されています スカイフィッシュも同様で、数センチ程度のものから、大きいのだと30メートル程のものも存在したそうです また、スカイフィッシュの飛行速度は280キロ以上にもなるのだそうです。 ヒゼンダニが引き起こす疥癬 「 疥癬 ( かいせん )(Scabies)」という皮膚病がある。

チュパカブラ 正体

🚀リスナーの皆さんの中にも、UMAの正体はいつまでも謎のままがいい! 様々な考察や議論をするのが面白い! という方もいると思います もちろん、私もその中の一人なのですが現代の科学や技術が進化していくにつれて解明される物や事象が多いのも事実なのです 逆に、現代の技術を持ってしても未だに解明できない事も多いのです。 まさに、この現象がハエによって起こされていたのが 「スカイフィッシュ」の正体だと言われています たしかに、あれだけ大量のスカイフィッシュが撮影されておきながら一匹も捕獲できた事例がないのはおかしいですよね それでも、スカイフィッシュは存在する と言っている人もいますが、捕獲して欲しいですね。 。

6

怖すぎる未確認生物UMA!チュパカブラの正体6

🌏。 。 。

1

「チュパカブラ」家畜襲う謎の吸血生物の正体。なぜUFOと関連付けられるのか

💖。 。

。 。

「チュパカブラ」家畜襲う謎の吸血生物の正体。なぜUFOと関連付けられるのか

🤜。

。 。

怖すぎる未確認生物UMA!チュパカブラの正体6

👏。

7

伝説のUMA「チュパカブラ」の正体は犬だった!?|@DIME アットダイム

☮。 。

10
。 。

吸血UMA“チュパカブラ”の正体判明か

👋。

6