シトラス 歌詞。 シトラス 歌詞 Archives

UNiTE. シトラス 歌詞

🤙 一人 hitori じゃないんだってわかれば janaindattewakareba もう mou 何 nani だって datte 恐 oso れはしないや rehashinaiya The SAME FLAVORS!! Shitorasu Night time ni aitai ne Night time ni aitai Hey! ずっと 側で笑っていて欲しかった 二度と戻れない 『戻ることはないよ』 君を忘れない 『僕も忘れないよ』 いつまでも 『いつまでも』 終わることなく 僕らの未来は続いてゆく約束だろう? 一人 hitori じゃないんだって janaindatte 思 omo えば eba もう mou 何 nani だって datte 恐 oso れはしないや rehashinaiya The SAME FLAVORS!! 熱 ねつを 奪 うばっていく 路地裏 ろじうらの 香 かおりが 昨日 きのうまでの 僕 ぼく 忘 わすれさせたんだ 酸 すいも 甘 あまいも 捨 すて 平凡 へいぼんに 埋 うもれても ここにある 幸福 こうふくは 何 なににも 代 かえ 難 がたい 指差 ゆびさし 笑 わらわれたとして 極 きわめる 道 みち 褪 あせることなく 右 みぎか 左 ひだり 迷 まよったなら 真 まっ 直 すぐに 飛 とべ 離 はなさないって 決 きめたから 守 まもりたいって 言 いったのさ ホンモノの 強 つよさだけ 見 みつけたくて 今 いま 未練 みれんなんかこれっぽっちも 無 ない 無作為 むさくいに 伸 のびてる 雑草 ざっそうも 自由 じゆうを 掴 つかんでる それぞれの 未来 みらいが 咲 さき 誇 ほこる 君 きみといれば 絆 ほだされてしまった シトラスの 香 かおりに 強 つよく 心 しんの 臓 ぞう 掴 つかまれた 様 ようで 上手 うまく 笑 わらえてる あの 日 ひの 僕 ぼくらよりも 悩 なやみ 方 かたすら 忘 わすれた 誇 ほこらしい 愛情 あいじょう そぞろに 鼻 はなを 利 きかせては 誰 だれかに 怯 おびえて 生 いきるより 上 うえも 下 したも 無 ない 世界 せかいで 包 つつみ 込 こんで 離 はなさないって 決 きめたから 守 まもりたいって 言 いったのさ ホンモノの 強 つよさだけ 見 みつけたくて 今 いま 未練 みれんなんかこれっぽっちも 無 ない もどかしく 燻 くすぶる 滑走路 かっそうろ 身動 みうごき 取 とれずに 後手後手 ごてごてにまわり 沈 しずむのなら 空 そらへカケろ 優 やさしさが 溢 こぼれないようにずっと 何 なにが 起 おきようと 変 かわらないままで 離 はなさないって 決 きめたから 守 まもりたいって 言 いったのさ ホンモノの 強 つよさだけ 見 みつけたくて 今 いま 未練 みれんなんかこれっぽっちも 無 ない 無作為 むさくいに 伸 のびてる 雑草 ざっそうも 自由 じゆうを 掴 つかんでる それぞれの 未来 みらいが 咲 さき 誇 ほこる 君 きみといれば 熱 netsu を wo 奪 uba っていく tteiku 路地裏 rojiura の no 香 kao りが riga 昨日 kinou までの madeno 僕 boku 忘 wasu れさせたんだ resasetanda 酸 su いも imo 甘 ama いも imo 捨 su て te 平凡 heibon に ni 埋 u もれても moretemo ここにある kokoniaru 幸福 koufuku は ha 何 nani にも nimo 代 ka え e 難 gata い i 指差 yubisa し shi 笑 wara われたとして waretatoshite 極 kiwa める meru 道 michi 褪 a せることなく serukotonaku 右 migi か ka 左 hidari 迷 mayo ったなら ttanara 真 ma っ xtu 直 su ぐに guni 飛 to べ be 離 hana さないって sanaitte 決 ki めたから metakara 守 mamo りたいって ritaitte 言 i ったのさ ttanosa ホンモノ honmono の no 強 tsuyo さだけ sadake 見 mi つけたくて tsuketakute 今 ima 未練 miren なんかこれっぽっちも nankakoreppotchimo 無 na い i 無作為 musakui に ni 伸 no びてる biteru 雑草 zassou も mo 自由 jiyuu を wo 掴 tsuka んでる nderu それぞれの sorezoreno 未来 mirai が ga 咲 sa き ki 誇 hoko る ru 君 kimi といれば toireba 絆 hoda されてしまった sareteshimatta シトラス shitorasu の no 香 kao りに rini 強 tsuyo く ku 心 shin の no 臓 zou 掴 tsuka まれた mareta 様 you で de 上手 uma く ku 笑 wara えてる eteru あの ano 日 hi の no 僕 boku らよりも rayorimo 悩 naya み mi 方 kata すら sura 忘 wasu れた reta 誇 hoko らしい rashii 愛情 aijou そぞろに sozoroni 鼻 hana を wo 利 ki かせては kaseteha 誰 dare かに kani 怯 obi えて ete 生 i きるより kiruyori 上 ue も mo 下 shita も mo 無 na い i 世界 sekai で de 包 tsutsu み mi 込 ko んで nde 離 hana さないって sanaitte 決 ki めたから metakara 守 mamo りたいって ritaitte 言 i ったのさ ttanosa ホンモノ honmono の no 強 tsuyo さだけ sadake 見 mi つけたくて tsuketakute 今 ima 未練 miren なんかこれっぽっちも nankakoreppotchimo 無 na い i もどかしく modokashiku 燻 kusubu る ru 滑走路 kassouro 身動 miugo き ki 取 to れずに rezuni 後手後手 gotegote にまわり nimawari 沈 shizu むのなら munonara 空 sora へ he カケ kake ろ ro 優 yasa しさが shisaga 溢 kobo れないようにずっと renaiyounizutto 何 nani が ga 起 o きようと kiyouto 変 ka わらないままで waranaimamade 離 hana さないって sanaitte 決 ki めたから metakara 守 mamo りたいって ritaitte 言 i ったのさ ttanosa ホンモノ honmono の no 強 tsuyo さだけ sadake 見 mi つけたくて tsuketakute 今 ima 未練 miren なんかこれっぽっちも nankakoreppotchimo 無 na い i 無作為 musakui に ni 伸 no びてる biteru 雑草 zassou も mo 自由 jiyuu を wo 掴 tsuka んでる nderu それぞれの sorezoreno 未来 mirai が ga 咲 sa き ki 誇 hoko る ru 君 kimi といれば toireba. 僕 boku がいたって gaitatte 証明 syoumei 途切 togi れない renai 呼吸 kokyuu が ga 意味 imi を wo 成 na す su YES! Citrus I want to see you at Night time I want to meet at Night time Hey! 一人 hitori じゃないんだって janaindatte 思 omo えば eba もう mou 何 nani だって datte 恐 oso れはしないや rehashinaiya The SAME FLAVORS!! 僕 boku がいたって gaitatte 証明 syoumei 途切 togi れない renai 呼吸 kokyuu が ga 意味 imi を wo 成 na す su YES! 夢みたいに醒めたこの時と 嘘みたいに晴れた青い空 忘れる事の出来ない君は 今でもずっと僕を照らす光となっているよ 太陽がジリジリと照りつける 退屈な昼下がり 雨上がりの水たまりに反射する ありふれた日常 コントロールを失った紙飛行機は 風に揺られてどこかへ消えた あの日見た空の色は まるであの日あの場所の僕らみたいだね 覚えているかい? 今日も昨日も多分明日だってさ 転んで躓いて失敗ばっかり 泣いて笑って傷もつけあったね 思い返せば全てが大切だった ずっと 変わらぬままでいよう 夢みたいに醒めたこの時と 君みたいに晴れた青い空 果たせないままの約束が 今でも心の奥で渦巻いてる 過ぎ去った時の中に置いてきた 空みたいに笑った君の顔 あの日とは違う空を見上げるたびに 何故かあの日の君を思い出す 風に揺られ消えてしまったのは 紙飛行機だけじゃなかった まさかあの日が最後で 二度と会えないだなんて思いもしなかった やっぱりずるいね 何だって何時だって誕生日だってさ 君は僕のいつも一歩先 泣いても笑っても人生は一度きり それじゃあ余りにも早すぎるだろう? ずっと 側で笑っていて欲しかった 二度と戻れない 『戻ることはないよ』 君を忘れない 『僕も忘れないよ』 いつまでも 『いつまでも』 終わることなく 僕らの未来は続いてゆく約束だろう? また巡り逢おう 忘れないって泣いたあの時と 嘘みたいに笑った君の顔 この先も叶わないはずの約束を 今でも心の奥で叫んでいる 過ぎ去った時の中に置いてきた 思い出は胸にしまったまま 君だけがいない世界に あの日と同じ太陽が僕に煌めいた. net Citrus — English Translation Burnt cherry swallowed Beautiful high time Hey! Shitorasu Night time ni aitai ne Night time ni aitai Hey! 君 kimi がいたって gaitatte 証明 syoumei 忘 wasu れないで renaide きっと kitto 実 mi を wo 成 naru せ se. And please follow our blogs for the latest and best Japanese JPOP music, songs, pops and ballads. 指さし笑われたとして 極める道あせることなく 右に左に迷ったなら まっすぐに飛べ 離さないで決めたから 守りたいって言ったのさ 本物の強さだけ 見つけたくて 今未練なんかこれっぽちもない 出典:Da-iCE公式サイト(視聴版より) 極主夫道の主題歌、Da-iCEの「CITRUS」まとめ 極主夫道の主題歌、Da-iCEの「CITRUS」について発売日やみんなの反応、歌詞についてまとめてみました。 advantage Lucyさん『シトラス』の歌詞 シトラス words by アイコ music by イシザカヨシハル Performed by アドバンテージルーシー. 僕 ぼくがいたって 証明 しょうめい 途切 とぎれない 呼吸 こきゅうが 意味 いみを 成 なす YES! 君 きみがいたって 証明 しょうめい 忘 わすれないで きっと 実 みを 成 なるせ 懐 natsu かしい kashii 香 kao り ri 午前六時前 gozenrokujimae の no 見慣 mina れぬ renu 街 machi を wo 独 hito り ri 歩 aru いているんだ iteirunda 昨日 kinou も mo 今日 kyou も mo 同 ona じような jiyouna 色 iro に ni 嫌気差 iyakesa した shita きっと kitto あの ano 向 mu こうに kouni 待 ma つのも tsunomo 変 ka わらぬ waranu 色 iro の no 未来 mirai だ da なんて nante 僕 boku がさ gasa 何 nani を wo 想 omo い i 掲 kaka げたって getatte 周 mawa りはさ rihasa 何 nani も mo 知 shi らず razu 好 su き ki 勝手言 kattei うんだ unda どうせそうさ dousesousa 君 kimi ごとき gotoki 何 nani も mo 出来 deki やしないさ yashinaisa 失笑 shissyou 生 u まれ mare 落 o ちた chita 果実 karada いつの itsuno 間 ma に ni 傷 kizu だらけなんだ darakenanda 懐 natsu かしい kashii 香 kao り ri 午前六時前 gozenrokujimae の no 見慣 mina れた reta 街 machi を wo 独 hito り ri 歩 aru いていたんだ iteitanda 変 ka わらないものに waranaimononi 縋 suga って tte 変化 henka を wo 恐 oso れる reru 毎夜 maiyo ずっと zutto 何者 nanimono にもなれず nimonarezu 期待 kitai もされない mosarenai 未来 mirai だ da なんて nante 君 kimi は ha 目 me を wo 閉 to ざしただけなんだ zashitadakenanda 何 nani もさ mosa 恐 oso れることはないよ rerukotohanaiyo 君 kimi と to 僕 boku だけじゃないさきっと dakejanaisakitto 誰 dare もが moga 見 mi たんだ tanda 一生変 issyouka えるようなその eruyounasono 分岐 bunki さぁ saa 走 hashi れ re 今日 kyou に ni 抗 araga うように uyouni YES! Shitorasu guzen janai kokiatsu ga kirei ni saita Hey! Find more lyrics at myjpop. Find more lyrics at myjpop. All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

4
ずっと 側で笑っていて欲しかった 二度と戻れない 『戻ることはないよ』 君を忘れない 『僕も忘れないよ』 いつまでも 『いつまでも』 終わることなく 僕らの未来は続いてゆく約束だろう? 一人 hitori じゃないんだってわかれば janaindattewakareba もう mou 何 nani だって datte 恐 oso れはしないや rehashinaiya The SAME FLAVORS!! Citrus I want to see you at Night time I want to meet at Night time Hey! 歌: 作詞:宮嶋淳子 作曲:トミタカズキ 今も忘れないよ シトラスが夕焼けに香って消える 初めての恋は 実らないっていうけど それでも全力で好きでした 桜の花も 一年に一度は 必ず咲くのにね 伝えたい言葉が多すぎて 空回りしては泣きたかった 大人になったらありふれてる そんな話でも 今も忘れないよ シトラスが夕焼けに香った こうすれば良かったって 記憶並び替えては 切なくなるよ ああ…本当に好きだったんだ いつか後悔とか 思い出もにじんでいくのかな 君が笑った顔も 鼻にかかった声も バイバイありがと 手を振る 君はいつだって自転車で追い越して じゃあねって言ったよね 帰り道 ずっとその背中 見送っていたんだよ 振り返る気がして 時の流れにうずもれながら 君じゃない人も好きになった それでもなぜだろう あの頃だけ 特別なままで 少し褪せた空に シトラスがふっと香る度 失くしてしまった何か 蘇る気がして 君がいた季節 行ったり来たりする 二度と会えないから こんなにもほろ苦いのかな 振り返らないまま 君が見えなくなった 遠い曲がり角 浮かべる 思えばそう 君と結ばれること その意味も知らないで ただ夢ばっかみていたね 君も夕暮れに思い出してるの? あの日の匂いや吹き抜ける風を 意味のない恋なら 何もかもとっくに消えてるよ 胸をチクッと刺すのは 今でも大事だから 言えなかったけど 好きになってよかった ずっと忘れないよ シトラスが夕焼けに香った 君が笑った顔も 鼻にかかった声も バイバイありがと 手を振る 真っ赤に染まる 街の片隅 目を閉じれば 感じるシトラス. Tobikiri no cheri horikonda kirei ni naita Hey!。 さん『シトラス』の歌詞 シトラス words by シイナミオ music by ミオカミヤマイチロウ Performed by ユナイト. 懐 なつかしい 香 かおり 午前六時前 ごぜんろくじまえの 見慣 みなれぬ 街 まちを 独 ひとり 歩 あるいているんだ 昨日 きのうも 今日 きょうも 同 おなじような 色 いろに 嫌気差 いやけさした きっと あの 向 むこうに 待 まつのも 変 かわらぬ 色 いろの 未来 みらいだ なんて 僕 ぼくがさ 何 なにを 想 おもい 掲 かかげたって 周 まわりはさ 何 なにも 知 しらず 好 すき 勝手言 かっていうんだ どうせそうさ 君 きみごとき 何 なにも 出来 できやしないさ 失笑 しっしょう 生 うまれ 落 おちた 果実 からだ いつの 間 まに 傷 きずだらけなんだ 懐 なつかしい 香 かおり 午前六時前 ごぜんろくじまえの 見慣 みなれた 街 まちを 独 ひとり 歩 あるいていたんだ 変 かわらないものに 縋 すがって 変化 へんかを 恐 おそれる 毎夜 まいよ ずっと 何者 なにものにもなれず 期待 きたいもされない 未来 みらいだ なんて 君 きみは 目 めを 閉 とざしただけなんだ 何 なにもさ 恐 おそれることはないよ 君 きみと 僕 ぼくだけじゃないさきっと 誰 だれもが 見 みたんだ 一生変 いっしょうかえるようなその 分岐 ぶんき さぁ 走 はしれ 今日 きょうに 抗 あらがうように YES! 試聴する KKBOXを起動 シトラス 作詞:椎名未緒 作曲:未緒・ICHIRO KAMIYAMA 夢みたいに醒めたこの時と 嘘みたいに晴れた青い空 忘れる事の出来ない君は 今でもずっと僕を照らす光となって 太陽がジリジリと照りつける 退屈な昼下がり 雨上がりの水たまりに反射する ありふれた日常 コントロールを失った紙飛行機 風に揺られて消えた あの日見た空の色は まるであの日あの場所の僕らみたいだ 覚えているかい? 今日も昨日も多分明日だってさ 転んで躓いて失敗ばっかり 泣いて笑って傷もつけあったね 全てが大切だった ずっと 変わらぬままでいよう 夢みたいに醒めたこの時と 君みたいに晴れた青い空 果たせないままの約束が 心の奥で渦巻いてる 過ぎ去った時の中に置いてきた 空みたいに笑った君の顔 あの日とは違う空を見上げるたびに あの日の君を思い出す 風に揺られ消えてしまったのは 紙飛行機だけじゃなかった まさかあの日が最後で 二度と会えないだなんて思わなかった やっぱりずるいね 何だって何時だって誕生日だってさ 君は僕のいつも一歩先 泣いても笑っても人生は一度きり それじゃあ余りにも早すぎるだろう? ずっと 側で笑っていて欲しかった 二度と戻れない 『戻ることはないよ』 君を忘れない 『僕も忘れないよ』 いつまでも 『いつまでも』 終わることなく 僕らの未来は続いてゆく また巡り逢おう 忘れないって泣いたあの時と 嘘みたいに笑った君の顔 叶わないはずの約束を 心の奥で叫んでいる 過ぎ去った時の中に置いてきた 思い出は胸にしまったまま 君だけがいない世界に あの日と同じ太陽が僕に煌めいた. 一人 ひとりじゃないんだってわかれば もう 何 なにだって 恐 おそれはしないや The SAME FLAVORS!! また巡り逢おう 忘れないって泣いたあの時と 嘘みたいに笑った君の顔 この先も叶わないはずの約束を 今でも心の奥で叫んでいる 過ぎ去った時の中に置いてきた 思い出は胸にしまったまま 君だけがいない世界に あの日と同じ太陽が僕に煌めいた. 一人 ひとりじゃないんだって 思 おもえば もう 何 なにだって 恐 おそれはしないや The SAME FLAVORS!! 今日も昨日も多分明日だってさ 転んで躓いて失敗ばっかり 泣いて笑って傷もつけあったね 思い返せば全てが大切だった ずっと 変わらぬままでいよう 夢みたいに醒めたこの時と 君みたいに晴れた青い空 果たせないままの約束が 今でも心の奥で渦巻いてる 過ぎ去った時の中に置いてきた 空みたいに笑った君の顔 あの日とは違う空を見上げるたびに 何故かあの日の君を思い出す 風に揺られ消えてしまったのは 紙飛行機だけじゃなかった まさかあの日が最後で 二度と会えないだなんて思いもしなかった やっぱりずるいね 何だって何時だって誕生日だってさ 君は僕のいつも一歩先 泣いても笑っても人生は一度きり それじゃあ余りにも早すぎるだろう? 眠る時代を呼びおこせ 眠る時代を呼びおこせ 眠る時代を呼びおこせ 眠る時代を呼びおこせ シトラス シトラス シトラスの風よ BRAND NEW WIND 今 シトラスの風が吹く その姿 りりしく その声 華やかに その瞳は 希望にみち ゆるがぬ愛を信じ 世界を変える TAKE A CHANCE GET A DREAM 未来に羽ばたけ ああ シトラスの風 シトラス シトラス シトラスの風よ BRAND NEW WIND 今 シトラスの風が吹く ほとばしる エネルギー 溢れる そのイメージ 胸一杯の 野心にみち とらわれるものなく 明日を作る TAKE A CHANCE GET A DREAM 未来に羽ばたけ ああ シトラスの風. 君 kimi がいたって gaitatte 証明 syoumei 忘 wasu れないで renaide きっと kitto 実 mi を wo 成 na せる seru 最初 saisyo は ha 君 kimi だってわからなかった dattewakaranakatta たった tatta1 年 nen で de 随分変 zuibunka わってしまっていた watteshimatteita けどそれは kedosoreha 僕 boku も mo 同 ona じだった jidatta それでも soredemo 何故 naze か ka 二人 futari の no 視線 shisen は ha 重 kasa なった natta きっと kitto 僕達 bokutachi はどっか hadokka 似 ni ているんだ teirunda 昔 mukashi からそうだったような karasoudattayouna 気 ki がしなくもなかったけど gashinakumonakattakedo 今 ima きっと kitto 僕 boku たちは tachiha 何 nan かに kani 行 i き ki 詰 tsu まっていて matteite 僕 boku らなりの ranarino コタエ kotae を wo 探 saga してる shiteru 途中 tochuu だったんだ dattanda YES! Lyrics KONCOS — Citrus 歌詞 Singer: KONCOS Title: Citrus 焼け焦げたチェリー 飲み込んだ きれいな ハイタイム Hey! シトラス 偶然じゃない 高気圧が きれいに 咲いた Hey! シトラス Night timeに 会いたいね Night timeに 会いたい Hey!Hey!Hey! シトラス Hey!Hey!Hey! シトラス Hey!Hey!Hey! シトラス Hey!Hey! とびきりのチェリー 放り込んだ きれいに 泣いた Hey! シトラス 偶然なら もう見ないさ きれいさ 会いたい Hey! シトラス Night timeに 会いたいね Night timeに 会いたい Hey!Hey!Hey! シトラス Hey!Hey!Hey! シトラス Hey!Hey!Hey! シトラス Hey!Hey! 会いたい Hey!Hey!Hey! シトラス Hey!Hey!Hey! シトラス Hey!Hey!Hey! シトラス Hey!Hey! Find more lyrics at myjpop. A superb cherry thrown in I cried cleanly Hey! 今日も昨日も多分明日だってさ 転んで躓いて失敗ばっかり 泣いて笑って傷もつけあったね 思い返せば全てが大切だった ずっと 変わらぬままでいよう 夢みたいに醒めたこの時と 君みたいに晴れた青い空 果たせないままの約束が 今でも心の奥で渦巻いてる 過ぎ去った時の中に置いてきた 空みたいに笑った君の顔 あの日とは違う空を見上げるたびに 何故かあの日の君を思い出す 風に揺られ消えてしまったのは 紙飛行機だけじゃなかった まさかあの日が最後で 二度と会えないだなんて思いもしなかった やっぱりずるいね 何だって何時だって誕生日だってさ 君は僕のいつも一歩先 泣いても笑っても人生は一度きり それじゃあ余りにも早すぎるだろう? net Lyrics KONCOS — Citrus 歌詞 Kindly like and share our content. 和氣あず未 シトラス 作詞:宮嶋淳子 作曲:トミタカズキ 今も忘れないよ シトラスが夕焼けに香って消える 初めての恋は 実らないっていうけど それでも全力で好きでした 桜の花も 一年に一度は 必ず咲くのにね 伝えたい言葉が多すぎて 空回りしては泣きたかった 大人になったらありふれてる そんな話でも 今も忘れないよ シトラスが夕焼けに香った こうすれば良かったって 記憶並び替えては 切なくなるよ ああ…本当に好きだったんだ いつか後悔とか 思い出もにじんでいくのかな 君が笑った顔も 鼻にかかった声も バイバイありがと 手を振る 君はいつだって自転車で追い越して じゃあねって言ったよね 帰り道 ずっとその背中 見送っていたんだよ 振り返る気がして 時の流れにうずもれながら 君じゃない人も好きになった それでもなぜだろう あの頃だけ 特別なままで 更多更詳盡歌詞 在 少し褪せた空に シトラスがふっと香る度 失くしてしまった何か 蘇る気がして 君がいた季節 行ったり来たりする 二度と会えないから こんなにもほろ苦いのかな 振り返らないまま 君が見えなくなった 遠い曲がり角 浮かべる 思えばそう 君と結ばれること その意味も知らないで ただ夢ばっかみていたね 君も夕暮れに思い出してるの? あの日の匂いや吹き抜ける風を 意味のない恋なら 何もかもとっくに消えてるよ 胸をチクッと刺すのは 今でも大事だから 言えなかったけど 好きになってよかった ずっと忘れないよ シトラスが夕焼けに香った 君が笑った顔も 鼻にかかった声も バイバイありがと 手を振る 真っ赤に染まる 街の片隅 目を閉じれば 感じるシトラス. 夢みたいに醒めたこの時と 嘘みたいに晴れた青い空 忘れる事の出来ない君は 今でもずっと僕を照らす光となっているよ 太陽がジリジリと照りつける 退屈な昼下がり 雨上がりの水たまりに反射する ありふれた日常 コントロールを失った紙飛行機は 風に揺られてどこかへ消えた あの日見た空の色は まるであの日あの場所の僕らみたいだね 覚えているかい? 歌: 作詞:椎名未緒 作曲:未緒・ICHIRO KAMIYAMA 夢みたいに醒めたこの時と 嘘みたいに晴れた青い空 忘れる事の出来ない君は 今でもずっと僕を照らす光となっているよ 太陽がジリジリと照りつける 退屈な昼下がり 雨上がりの水たまりに反射する ありふれた日常 コントロールを失った紙飛行機は 風に揺られてどこかへ消えた あの日見た空の色は まるであの日あの場所の僕らみたいだね 覚えているかい? 今日も昨日も多分明日だってさ 転んで躓いて失敗ばっかり 泣いて笑って傷もつけあったね 思い返せば全てが大切だった ずっと 変わらぬままでいよう 夢みたいに醒めたこの時と 君みたいに晴れた青い空 果たせないままの約束が 今でも心の奥で渦巻いてる 過ぎ去った時の中に置いてきた 空みたいに笑った君の顔 あの日とは違う空を見上げるたびに 何故かあの日の君を思い出す 風に揺られ消えてしまったのは 紙飛行機だけじゃなかった まさかあの日が最後で 二度と会えないだなんて思いもしなかった やっぱりずるいね 何だって何時だって誕生日だってさ 君は僕のいつも一歩先 泣いても笑っても人生は一度きり それじゃあ余りにも早すぎるだろう? ずっと 側で笑っていて欲しかった 二度と戻れない 『戻ることはないよ』 君を忘れない 『僕も忘れないよ』 いつまでも 『いつまでも』 終わることなく 僕らの未来は続いてゆく約束だろう? また巡り逢おう 忘れないって泣いたあの時と 嘘みたいに笑った君の顔 この先も叶わないはずの約束を 今でも心の奥で叫んでいる 過ぎ去った時の中に置いてきた 思い出は胸にしまったまま 君だけがいない世界に あの日と同じ太陽が僕に煌めいた. ・花村ソロ ・大野ソロ 熱を奪っていく 路地裏の香りが 昨日までの僕 忘れさせたんだ 酸いも甘いも捨て 平凡に埋もれても ここにある幸福は 何にも代え難い 指差し 笑われたとして 極める道 褪せることなく 右か左 迷ったなら 真っ直ぐに飛べ 離さないって決めたから 守りたいって言ったのさ ホンモノの強さだけ 見つけたくて 今未練なんかこれっぽっちも無い 無作為に伸びてる雑草も 自由を掴んでる それぞれの未来が咲き誇る 君といれば 絆されてしまった の香りに 強く心の臓掴まれた様で 上手く笑えてる あの日の僕らよりも 悩み方すら忘れた 誇らしい愛情 そぞろに鼻を利かせては 誰かに怯えて生きるより 上も下も無い世界で 包み込んで 離さないって決めたから 守りたいって言ったのさ ホンモノの強さだけ 見つけたくて 今未練なんかこれっぽっちも無い もどかしく燻る滑走路 身動き取れずに 後手後手にまわり沈むのなら 空へカケろ 優しさが 溢れないようにずっと 何が起きようと変わらないままで 離さないって決めたから 守りたいって言ったのさ ホンモノの強さだけ 見つけたくて 今未練なんかこれっぽっちも無い 無作為に伸びてる雑草も 自由を掴んでる それぞれの未来が咲き誇る 君といれば. ユナイト シトラス 作詞:椎名未緒 作曲:未緒・ICHIRO KAMIYAMA 夢みたいに醒めたこの時と 嘘みたいに晴れた青い空 忘れる事の出来ない君は 今でもずっと僕を照らす光となっているよ 太陽がジリジリと照りつける 退屈な昼下がり 雨上がりの水たまりに反射する ありふれた日常 コントロールを失った紙飛行機は 風に揺られてどこかへ消えた あの日見た空の色は まるであの日あの場所の僕らみたいだね 覚えているかい? 今日も昨日も多分明日だってさ 転んで躓いて失敗ばっかり 泣いて笑って傷もつけあったね 思い返せば全てが大切だった ずっと 変わらぬままでいよう 夢みたいに醒めたこの時と 君みたいに晴れた青い空 果たせないままの約束が 今でも心の奥で渦巻いてる 過ぎ去った時の中に置いてきた 空みたいに笑った君の顔 あの日とは違う空を見上げるたびに 何故かあの日の君を思い出す 更多更詳盡歌詞 在 風に揺られ消えてしまったのは 紙飛行機だけじゃなかった まさかあの日が最後で 二度と会えないだなんて思いもしなかった やっぱりずるいね 何だって何時だって誕生日だってさ 君は僕のいつも一歩先 泣いても笑っても人生は一度きり それじゃあ余りにも早すぎるだろう? ずっと 側で笑っていて欲しかった 二度と戻れない 「戻ることはないよ」 君を忘れない 「僕も忘れないよ」 いつまでも 「いつまでも」 終わることなく 僕らの未来は続いてゆく約束だろう? また巡り逢おう 忘れないって泣いたあの時と 嘘みたいに笑った君の顔 この先も叶わないはずの約束を 今でも心の奥で叫んでいる 過ぎ去った時の中に置いてきた 思い出は胸にしまったまま 君だけがいない世界に あの日と同じ太陽が僕に煌めいた. 僕 ぼくがいたって 証明 しょうめい 途切 とぎれない 呼吸 こきゅうが 意味 いみを 成 なす YES! 君 きみがいたって 証明 しょうめい 忘 わすれないで きっと 実 みを 成 なせる 最初 さいしょは 君 きみだってわからなかった たった1 年 ねんで 随分変 ずいぶんかわってしまっていた けどそれは 僕 ぼくも 同 おなじだった それでも 何故 なぜか 二人 ふたりの 視線 しせんは 重 かさなった きっと 僕達 ぼくたちはどっか 似 にているんだ 昔 むかしからそうだったような 気 きがしなくもなかったけど 今 いまきっと 僕 ぼくたちは 何 なんかに 行 いき 詰 つまっていて 僕 ぼくらなりのコタエを 探 さがしてる 途中 とちゅうだったんだ YES! 一人 ひとりじゃないんだって 思 おもえば もう 何 なにだって 恐 おそれはしないや The SAME FLAVORS!! 一人 ひとりじゃないんだってわかれば もう 何 なにだって 恐 おそれはしないや The SAME FLAVORS!! All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

シトラス 歌詞 和氣あず未 ※ m.centura.org

😛。 。 。

CITRUS 歌詞『Da

☭。 。 。

16

Da

☮。

19
。 。

和央ようか シトラスの風 歌詞

⚒。 。 。

11
。 。

Lyrics KONCOS

😉。 。

8
。 。

シトラス advantage Lucy 歌詞情報

📲。 。 。

4