夏 夜 の マジック 歌詞。 indigo la End 冬夜のマジック 歌詞

夏夜のマジック 歌詞「indigo la End」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

🤪 3番 記憶に蓋をするのは勿体無いよ 時間が流れて少しは綺麗な言葉になって 夏になると思い出す別れの歌も 今なら僕を救う気がする 好きな人との別れは どんな形であれ散々なものです。

6

夏夜のマジック 歌詞「indigo la End」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

😀 試聽 在 KKBOX 中開啟 夏夜のマジック 作詞:川谷絵音 作曲:川谷絵音 夏の匂いを吸い込んで吐き出す 弱いまま大人になった僕でも今日は少し 強くなった気がしてはしゃぐ君の顔を思い浮かべた 祭りの音が聞こえ始める時間に 決まって鳴く野良猫の顔が嬉しそうだ 君の方が 僕より夏が好きだったね 夜が重なりあった 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 暮らしの中で生まれる歌を歌って 幸せ悲しみ摘んで 想いながら歩いた 打ち上がった花火を見て笑った君を思い出したよ 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 記憶に蓋をするのは勿体無いよ 時間が流れて少しは綺麗な言葉になって 夏になると思い出す別れの歌も 今なら僕を救う気がする 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 夏が終わる前に この歌が始まって こぼれる2人を見守るから 夏よ ラララ歌わせて ナツヨ ラララ歌わせて. All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

20
net Lyrics Asako Toki 土岐麻子 — 夏夜のマジック 歌詞 Kindly like and share our content. 夏 なつの 匂 においを 吸 すい 込 こんで 吐 はき 出 だす 弱 よわいまま 大人 おとなになった 僕 ぼくでも 今日 きょうは 少 すこし 強 つよくなった 気 きがしてはしゃぐ 君 きみの 顔 かおを 思 おもい 浮 うかべた 祭 まつりの 音 おとが 聞 きこえ 始 はじめる 時間 じかんに 決 きまって 鳴 なく 野良猫 のらねこの 顔 かおが 嬉 うれしそうだ 君 きみの 方 ほうが 僕 ぼくより 夏 なつが 好 すきだったね 夜 よるが 重 かさなりあった 今日 きょうだけは 夏 なつの 夜 よるのマジックで 今夜 こんやだけのマジックで 歌 うたわせて 今 いまなら 君 きみのことがわかるような 気 きがする 夏 なつの 夜限 よるかぎりのマジックで 今夜限 こんやかぎりのマジックで 身 みを 任 まかす 夜明 よあけが 流 ながれるまで 暮 くらしの 中 なかで 生 うまれる 歌 うたを 歌 うたって 幸 しあわせ 悲 かなしみ 摘 つんで 想 おもいながら 歩 あるいた 打 うち 上 あがった 花火 はなびを 見 みて 笑 わらった 君 きみを 思 おもい 出 だしたよ 今日 きょうだけは 夏 なつの 夜 よるのマジックで 今夜 こんやだけのマジックで 歌 うたわせて 今 いまなら 君 きみのことがわかるような 気 きがする 夏 なつの 夜限 よるかぎりのマジックで 今夜限 こんやかぎりのマジックで 身 みを 任 まかす 夜明 よあけが 流 ながれるまで 記憶 きおくに 蓋 ふたをするのは 勿体無 もったいないよ 時間 じかんが 流 ながれて 少 すこしは 綺麗 きれいな 言葉 ことばになって 夏 なつになると 思 おもい 出 だす 別 わかれの 歌 うたも 今 いまなら 僕 ぼくを 救 すくう 気 きがする 今日 きょうだけは 夏 なつの 夜 よるのマジックで 今夜 こんやだけのマジックで 歌 うたわせて 今 いまなら 君 きみのことがわかるような 気 きがする 夏 なつの 夜限 よるかぎりのマジックで 今夜限 こんやかぎりのマジックで 身 みを 任 まかす 夜明 よあけが 流 ながれるまで 夏 なつが 終 おわる 前 まえに この 歌 うたが 始 はじまって こぼれる 2人 ふたりを 見守 みまもるから 夏 なつよ ラララ 歌 うたわせて ナツヨ ラララ 歌 うたわせて 夏 natsu の no 匂 nio いを iwo 吸 su い i 込 ko んで nde 吐 ha き ki 出 da す su 弱 yowa いまま imama 大人 otona になった ninatta 僕 boku でも demo 今日 kyou は ha 少 suko し shi 強 tsuyo くなった kunatta 気 ki がしてはしゃぐ gashitehasyagu 君 kimi の no 顔 kao を wo 思 omo い i 浮 u かべた kabeta 祭 matsu りの rino 音 oto が ga 聞 ki こえ koe 始 haji める meru 時間 jikan に ni 決 ki まって matte 鳴 na く ku 野良猫 noraneko の no 顔 kao が ga 嬉 ure しそうだ shisouda 君 kimi の no 方 hou が ga 僕 boku より yori 夏 natsu が ga 好 su きだったね kidattane 夜 yoru が ga 重 kasa なりあった nariatta 今日 kyou だけは dakeha 夏 natsu の no 夜 yoru の no マジック majikku で de 今夜 konya だけの dakeno マジック majikku で de 歌 uta わせて wasete 今 ima なら nara 君 kimi のことがわかるような nokotogawakaruyouna 気 ki がする gasuru 夏 natsu の no 夜限 yorukagi りの rino マジック majikku で de 今夜限 konyakagi りの rino マジック majikku で de 身 mi を wo 任 maka す su 夜明 yoa けが kega 流 naga れるまで rerumade 暮 ku らしの rashino 中 naka で de 生 u まれる mareru 歌 uta を wo 歌 uta って tte 幸 shiawa せ se 悲 kana しみ shimi 摘 tsu んで nde 想 omo いながら inagara 歩 aru いた ita 打 u ち chi 上 a がった gatta 花火 hanabi を wo 見 mi て te 笑 wara った tta 君 kimi を wo 思 omo い i 出 da したよ shitayo 今日 kyou だけは dakeha 夏 natsu の no 夜 yoru の no マジック majikku で de 今夜 konya だけの dakeno マジック majikku で de 歌 uta わせて wasete 今 ima なら nara 君 kimi のことがわかるような nokotogawakaruyouna 気 ki がする gasuru 夏 natsu の no 夜限 yorukagi りの rino マジック majikku で de 今夜限 konyakagi りの rino マジック majikku で de 身 mi を wo 任 maka す su 夜明 yoa けが kega 流 naga れるまで rerumade 記憶 kioku に ni 蓋 futa をするのは wosurunoha 勿体無 mottaina いよ iyo 時間 jikan が ga 流 naga れて rete 少 suko しは shiha 綺麗 kirei な na 言葉 kotoba になって ninatte 夏 natsu になると ninaruto 思 omo い i 出 da す su 別 waka れの reno 歌 uta も mo 今 ima なら nara 僕 boku を wo 救 suku う u 気 ki がする gasuru 今日 kyou だけは dakeha 夏 natsu の no 夜 yoru の no マジック majikku で de 今夜 konya だけの dakeno マジック majikku で de 歌 uta わせて wasete 今 ima なら nara 君 kimi のことがわかるような nokotogawakaruyouna 気 ki がする gasuru 夏 natsu の no 夜限 yorukagi りの rino マジック majikku で de 今夜限 konyakagi りの rino マジック majikku で de 身 mi を wo 任 maka す su 夜明 yoa けが kega 流 naga れるまで rerumade 夏 natsu が ga 終 o わる waru 前 mae に ni この kono 歌 uta が ga 始 haji まって matte こぼれる koboreru 2人 futari を wo 見守 mimamo るから rukara 夏 natsu よ yo ラララ rarara 歌 uta わせて wasete ナツヨ natsuyo ラララ rarara 歌 uta わせて wasete. サビ1 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 上でも述べましたが 夏の夜には 突然恋のスピードが加速し、 男女の仲が深まることがままある。 夜風に当たるよ 私はロンリー その通り 今ロンリー まさかの言葉で終わりを迎えてロンリー 今ロンリー 今ロンリー 捕まえて欲しいの 恋敵も全部 にわか事の馬鹿野郎 夏の数だけ恋があるなんて許せない あなたが好き 私がフォトグラファーだったら 夏って感じで切り取るのに 今はまだハヤブサ通りで 雨宿り 傘を持たないあなたは来ない 不安の音をかき消す雨 涙にかまけて悲しみオンリー 鋭くて形がない 祭囃子の無気力さに 苛立った風まみれ 私この前ね 秋になった記念に 唇を奪われたんだ でもね、何にも感じなかったの あなたが好き 私がフォトグラファーだったら 夏って感じで切り取るのに 今はまだハヤブサ通りで 雨宿り 傘を持たないあなたは来ない 不安の音をかき消す雨 雨に負けずとも 風は吹いちゃった もう止められないの 過ぎたら滴るあなたの心の内を 覗き見してるような夢見て傷付くだけ それが夏 はやぶさみたいな恋だとしても 諦められない 落ちてく夜. だから 「今日だけは、今夜だけは」 歌う 願う ことを許して と言っているのです。

Lyrics indigo la End

🤪And please follow our blogs for the latest and best Japanese JPOP music, songs, pops and ballads. 感想 夏夜の情景漂う名曲 その歌詞は 過去の幸せと現在の寂しさが交差する 切ない物語でしたね。

2
試聴する KKBOXを起動 夏夜のマジック 作詞:川谷絵音 作曲:川谷絵音 夏の匂いを吸い込んで吐き出す 弱いまま大人になった僕でも今日は少し 強くなった気がしてはしゃぐ君の顔を思い浮かべた 祭りの音が聞こえ始める時間に 決まって鳴く野良猫の顔が嬉しそうだ 君の方が 僕より夏が好きだったね 夜が重なりあった 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 暮らしの中で生まれる歌を歌って 幸せ悲しみ摘んで 想いながら歩いた 打ち上がった花火を見て笑った君を思い出したよ 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 記憶に蓋をするのは勿体無いよ 時間が流れて少しは綺麗な言葉になって 夏になると思い出す別れの歌も 今なら僕を救う気がする 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 夏が終わる前に この歌が始まって こぼれる2人を見守るから 夏よ ラララ歌わせて ラララ歌わせて ラララ歌わせて ラララ歌わせて. 夏の匂いを吸い込んで吐き出す 弱いまま大人になった僕でも今日は少し 強くなった気がしてはしゃぐ君の顔を思い浮かべた 祭りの音が聞こえ始める時間に 決まって鳴く野良猫の顔が嬉しそうだ 君の方が 僕より夏が好きだったね 夜が重なりあった 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 暮らしの中で生まれる歌を歌って 幸せ悲しみ摘んで 想いながら歩いた 打ち上がった花火を見て笑った君を思い出したよ 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 記憶に蓋をするのは勿体無いよ 時間が流れて少しは綺麗な言葉になって 夏になると思い出す別れの歌も 今なら僕を救う気がする 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 夏が終わる前に この歌が始まって こぼれる2人を見守るから 夏よ ラララ歌わせて ナツヨ ラララ歌わせて. indigo la Endさん『夏夜のマジック』の歌詞 ナツヨノマジック words by カワタニエノン music by カワタニエノン Performed by インディゴラエンド. 夏の匂いを吸い込んで吐き出す 弱いまま大人になった僕でも今日は少し 強くなった気がしてはしゃぐ君の顔を思い浮かべた 祭りの音が聞こえ始める時間に 決まって鳴く野良猫の顔が嬉しそうだ 君の方が 僕より夏が好きだったね 夜が重なりあった 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 暮らしの中で生まれる歌を歌って 幸せ悲しみ摘んで 想いながら歩いた 打ち上がった花火を見て笑った君を思い出したよ 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 記憶に蓋をするのは勿体無いよ 時間が流れて少しは綺麗な言葉になって 夏になると思い出す別れの歌も 今なら僕を救う気がする 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 夏が終わる前に この歌が始まって こぼれる2人を見守るから 夏よ ラララ歌わせて ナツヨ ラララ歌わせて. 冬夜の魔法が解けるまで あなたを奪いたい ストップモーション陰った頃合い 見計らった スピッツ スピッツ 尖った口をした君を甘やかしたい 時間と時間が口説き合って ゼロになるところを恋と呼んだ 100 まで一緒にいませんか? もう勝手な尺度で君想う バランスがわからない ちょっとやそっとじゃ終わらない 自信はあるけど やりすぎた寒さに慣れるように いつの間にか好きになった どうにもなりゃしない どうにも悲しくなる予感しかしない でも春が来るまで 遠回りをしてる内 時間だけ刻む冬 君の数歩を大股で追いかける 心模様のコントラスト 変わらない 変わらないけど 90 の合図ベルが鳴った 今日まで一瞬だって別のこと 想いもしなかった そんな寒い季節のことなんて 忘れないだろう やりすぎた寒さに慣れるように いつの間にか好きになった どうにもなりゃしない どうにも悲しくなる予感しかしない でも春が来るまで もうすぐもうすぐもうすぐもうそこに 君がいない 飾り付けた部屋が 当たり前に寒くなくてさ もうすぐもうすぐもうすぐもうそこに 100 を打つさよならのベルが 当たり前に春を待ってる 冬夜の魔法が解けるまで あなたを奪いたい 冬夜の魔法で溶けるくらい あなたに恋したい. サビ2 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 1サビと同じです。 夏の匂いを吸い込んで吐き出す 弱いまま大人になった僕でも今日は少し 強くなった気がしてはしゃぐ君の顔を思い浮かべた 祭りの音が聞こえ始める時間に 決まって鳴く野良猫の顔が嬉しそうだ 君の方が 僕より夏が好きだったね 夜が重なりあった 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 暮らしの中で生まれる歌を歌って 幸せ悲しみ摘んで 想いながら歩いた 打ち上がった花火を見て笑った君を思い出したよ 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 記憶に蓋をするのは勿体無いよ 時間が流れて少しは綺麗な言葉になって 夏になると思い出す別れの歌も 今なら僕を救う気がする 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 夏が終わる前に この歌が始まって こぼれる2人を見守るから 夏よ ラララ歌わせて ナツヨ ラララ歌わせて Powered by この曲を購入する. net Lyrics indigo la End — 夏夜のマジック 歌詞 Kindly like and share our content. スポンサーリンク ラストサビ 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 夏が終わる前に この歌が始まって こぼれる2人を見守るから 夏よ ラララ歌わせて ナツヨ ラララ歌わせて 前半は上と同じです。

Lyrics indigo la End

💢。 。 。

16

Lyrics indigo la End

🤫。 。

10
。 。

夏夜のマジック 歌詞 indigo la End ※ m.centura.org

🌭。

。 。

土岐麻子 夏夜のマジック 歌詞

☎。 。 。

夏夜のマジック

👏。 。 。

19