日本文化の核心 「ジャパン・スタイル」を読み解く (講談社現代新書)。 m.centura.org: 日本æ

日本文化の核心〜「ジャパンスタイルを読み解く」|芝学園図書委員会|note

🚒 著書に『知の編集術』 講談社現代新書 、『花鳥風月の科学』 中公文庫 、『日本流』 ちくま学芸文庫 、『日本という方法』 NHKブックス 、『多読術』 ちくまプリマー新書 、シリーズ「千夜千冊エディション」 角川ソフィア文庫 、共著に『日本問答』 田中優子、岩波新書 、『読む力』 佐藤優、中公新書ラクレ ほか多数。 (「はじめに」より) <本書のおもな内容> ・なぜ日本はヤマトと呼ばれるのか ・神さまをカミと呼ぶようになった理由 ・日本人のコメ信仰にひそむ背景 ・日本人が「都落ち」にダンディズムを感じる理由 ・日本人が七五調の拍子を好むわけ ・世阿弥が必要と考えた「物学」の心 ・今の時代に求められる「バサラ」と「かぶき者」 ・「伊達」「粋」「通」はなぜ生まれたのか ほか <本書の構成> 第一講:柱を立てる 第二講:和漢の境をまたぐ 第三講:イノリとミノリ 第四講:神と仏の習合 第五講:和する/荒ぶる 第六講:漂泊と辺境 第七講:型・間・拍子 第八講:小さきもの 第九講:まねび/まなび 第一〇講:或るおおもと 第一一講:かぶいて候 第一二講:市と庭 第一三講:ナリフリかまう 第一四講:ニュースとお笑い 第一五講:経世済民 第一六講:面影を編集する もっとみる 商品情報 日本文化、芸術、システム工学に詳しい著者が、日本文化の根幹にあるものについて述べた本。 Amazon Bestseller: 88,092 in Kindle Store• 内藤廣や隈研吾という建築家は地鎮祭をたいへん重視しています」p27 「仮名の出現が日本文化の確立を促した最大の事件(ドナルド・キーン)」p44 「(リミックス)神仏習合もかなり大胆な日本特有の編集力によっておこった」p89 「王朝感覚の「あはれ」を武家が感じると「あっぱれ」になる」p119 「西行や能因法師がタブの途中で田舎家を訪ねても、その家の主人は「こんな田舎家を訪ねてくださってたいへんありがたい。

--This text refers to the edition.。

日本文化の核心 「ジャパン・スタイル」を読み解く(松岡正剛) : 講談社現代新書

🙌。 。

10

日本文化の核心 「ジャパン・スタイル」を読み解く(松岡正剛) : 講談社現代新書

😈。 。 。

。 。

日本文化の核心―「ジャパン・スタイル」を読み解く

✍。 。 。

17

日本文化の核心 「ジャパン・スタイル」を読み解く(松岡正剛) : 講談社現代新書

👀。 。

20
。 。

日本文化の核心〜「ジャパンスタイルを読み解く」|芝学園図書委員会|note

🖕。

7

日本文化の核心―「ジャパン・スタイル」を読み解く

👈。 。 。

5
。 。

日本文化の核心 「ジャパン・スタイル」を読み解く(松岡正剛) : 講談社現代新書

👍。

。 。

日本文化の核心 「ジャパン・スタイル」を読み解く(松岡正剛) : 講談社現代新書

😘。 。 。

8
。 。

日本文化の核心 「ジャパン・スタイル」を読み解く(松岡正剛) : 講談社現代新書

⚡。

9

日本文化の核心―「ジャパン・スタイル」を読み解く

⚑。

15
。 。