ポケモン ss サトシ。 ショータ(トレーナー) (しょーた)とは【ピクシブ百科事典】

【ポケモン剣盾】アニポケのサトシパ解説と使い方

😃 80 ID:LgAXdEmbO ピカチュウ(育て屋かぁ…どんなところなんだろう…知り合いのメタモンによるととってもよい場所らしいけど…) ピカチュウ(まあ、どんなところであろうと休めるのなら問題ないだろう) ピカチュウ(最近ミミロルがべったりしてきて鬱陶しいしミミロルから離れられるのはラッキーだね) ピカチュウ(ご飯おいしいといいな) 育て屋ばあさん「ここがあんたの部屋だよ。

16
かわいい」ナデナデ サトシ「好きにしてもいいって言ったのはヒカリだぜ」チューチュー サトシ「固くなるんだ、乳首って」レロッ ヒカリ「ぁんっ……」 サトシの舌で舐める攻撃。

サトシ「ピカチュウを育て屋に預けることにした」

😚 13 ID:TUUN3WRzO サトシ「む、剥いてみて」ドキドキ ヒカリ「剥く?」 サトシ「そう……。 59 ID:TUUN3WRzO ヒカリ「えっと、上半身は磨きおわったからあとは……下半身よね?」チラッ サトシ「あっ、こ、ここはさすがに自分でやるよ!ありがとなヒカリ!」ササッ ヒカリ「どうして後ろ向くの?」 サトシ「どうしてって……」 ヒカリ「ねぇ、サトシ。 76 ID:TUUN3WRzO ヒカリ「……わかったわ」 サトシ「……?」 ヒカリ「わたし、勇気を出してサトシを誘ったんだよ。

1
10 ID:TUUN3WRzO サトシ「ヒカリぃ……オ、オレまた……」 ヒカリ「?」ニギニギ ヒカリ(一回皮剥けたらすぐ元に戻せるんだ。 早くお入り」 ピカチュウ「ピカ!(案内ありがと!)」 ガチャ ピカチュウ(ここが育て屋の中かぁ!とっても広く ミミロル「ミィ?」 ピカチュウ「ピッ!? サトシは鈍感だから、わかるまで 相当かかったとか… サトシ「ただいま!」 ハナコ「お帰りなさい…あら?そちら は?」 セレナ「セレナと言います!! 今の所監視はこのチップだけね」 タケシ「 やはり、、、! 成る程それで次なんだが」 サトシ「なぁタケシ」 タケシ「ん?」 サトシ「もしかしてお前セレナを疑ってるのか?」 タケシ「いや、、、確かに問い詰めているように感じてしまうかも知れないがな、俺は違う可能性を考えているんだ」 セレナ「!」 サトシ「違う可能性?」 タケシ「気づかなかったか?俺達が逃げるとき道に点々とあった建物に」 サトシ「いや見た覚えがないな,,,」 タケシ「なぁセレナ、お前はあの紫の建物と何か関係があるんじゃないか?」 セレナ「、、、見通されてたのね。

サトシ「何故,,,あいつが,,,」

☭ 16 ID:TUUN3WRzO ヒカリ「……次はサトシの番だよ」 サトシ「ヒカリ……」 ヒカリ「わたしにこんな恥ずかしい思いさせてるのに……嫌だなんて言わないよね?」 サトシ「……」 サトシ「……絶対笑わないって約束する?」 ヒカリ「もちろん。 」 タケシ「まぁあの頃は幼かったけどな」 サトシ「なんだと~」 セレナ「ふふ、それで?サトシはなんでカロスに行くことになったの?」 サトシ「ああ、それはな、俺はカロスリーグに出るんだ!今度こそアランを倒す!」 セレナ「え、アラン?」 サトシ「そうさ、強い選手たちの名前はもうチラシに乗ってるぜ?」 セレナ「そ、そう。 そうだよ」 セレナ「でも、本当にいいの?私で」 サトシ「いいに決まってるよ」 何がいいのかと言うと、セレナはカロス で サトシに告白をした。

13
49 ID:TUUN3WRzO サトシ「つまり……脱げってこと……?」 ヒカリ「水着の上から洗うわけにいかないでしょ?」 サトシ「……でも、タケシにすら見られたことないんだぜ」 ヒカリ「ピカチュウは?」 サトシ「何回かあるにはあるけど……ってピカチュウとタケシとではワケがちがうじゃないか」 ヒカリ「さっき言ったじゃない。

サトシ続投・降板問題とは (サトシゾクトウコウバンモンダイとは) [単語記事]

☺ カロスに着いたら解ってしまうことです」 サトシ「なんだ!カロスで何があったんだ!?」 セレナ「私からは言いにくいんだけどね,,,実は今カロスで,,,」 サトシ「、、、」 タケシ「、、、」 サトシ「でもあいつは、、、優勝して、、、楽しそうに、、、してたのに、、、!なんで、、、」 そこで アナウンス「間もなく、カロスです。 昔、 オーキド博士のキャンプで ご一緒させていただいて、 今はサトシの彼女です」 ハナコ「あら?彼女できたのサトシ?」 サトシ「まあね…」 ハナコ「セレナちゃん、 ゆっくりしていってね」 セレナ「ありがとうございます!」 こうして二人の同居が始まった。 ポッチャマ!いい子だからみんなで部屋に行ってて」 ピカチュウ「ピカッ、ピカチュウ」トコトコトコ ポッチャマ「ポチャアッ……」トコトコトコ ヒカリ「……」 ヒカリ「……行ったみたいね」 サトシ「ああ。

2
74 ID:TUUN3WRzO サトシ「そ、そのまま引き下げてみて」 ヒカリ「あっ、皮を剥くってそういう意味?でも大丈夫かな……?」 サトシ「あまりにも痛かったら言うからさ……やってくれ、頼む」 ヒカリ「わかったわ。

ショータ(トレーナー) (しょーた)とは【ピクシブ百科事典】

💔 でも、それがポケモンマスターとなんの関係があるんだ?」 タケシ「それがな、俺の出張期間が1ヶ月なんだがその間にカロスでポケモンリーグが行われるんだ!」 サトシ「そうなのか!知らなかったぜ!そうと決まれば特訓だ!なぁピカチュウ!」 ピカチュウ「ピカピカ!」 タケシ「ははは、サトシはいつでも元気なんだな。 92 ID:53ZHmm5wO ヒカリ「もう、普段はポケモンのことしか考えてないのにこういう時だけ意識するつもり? それに、ケンゴと入ったのはまだ物心がついてなかったころなのよ」 サトシ「……そりゃ入るのは構わないぜ。

56 ID:TUUN3WRzO ピカチュウ「ピカピ!ピカ!ピカッチュ!」 ヒカリ「なんて言ってるのかしら」 サトシ「心配して見にきただけじゃないか?入ってからずいぶん時間たったし」 ヒカリ「ポッチャマがぐずってるだけかもしれないわね。 わかったわ」 ~サトシ達の部屋~ タケシ「申し訳ございませんでした」 セレナ「いえいえ、大丈夫ですよ 正直変な人かと思ったわ 」 サトシ「タケシ、こいつまだ15歳だぞ?」 タケシ「ほんとか?既に二十歳は越えtフガフガ」慌ててタケシの口をサトシが封じる サトシ「と、ところでさ、セレナはカントーになんの用があったんだ?」 セレナ「 え?今あの人私の事二十歳越えてるって言ってた?え?私そんなに老けた? え、っとね、カントーでしか会えないポケモン達に会ってみたくて。

ショータ(トレーナー) (しょーた)とは【ピクシブ百科事典】

😗 96 ID:TUUN3WRzO サトシ「……」チラチラッ ヒカリ「なに?」 サトシ「い、いや、なにも。 今夜は野宿か、、、それならもっと奥に行かなきゃな」 サトシ「何でだよ?ポケモンセンターが、、、あ」 タケシ「そうだ、ポケモンがいないここにポケモンセンターがあるはずがない。あったとしても、街は今この騒ぎだ。今夜は野宿するしかないな」 サトシ「そう、だな、、、」 セレナ「そうね,,,ごめんなさいピカチュウがサトシの一部みたいになってて気づかなかったけど今この街ではポケモンがいなくなってしまったの」 タケシ「なんで船の中で言わなかった?」 セレナ「どこに監視の目があるかわからなかったのよ。

20
65 ID:TUUN3WRzO ヒカリ「……」 サトシ「……」ヌギヌギ サトシ「い、いいぜヒカリ」 ヒカリ「……」パチッ ヒカリ「!」 サトシ「あっ……」ササッ ヒカリ「隠しちゃダメ。 34 ID:TUUN3WRzO サトシ「おいしかったぁ」 ヒカリ「もういいの?」 サトシ「ああ。

サトシがポケモンマスターになるまで

🚀 サトシ「タケシー?どこだー?おかしいな、さっきまで横にいたのに、、」 すると背後から タケシ「なんて素敵な方なんだ,,,是非あなたと旅をご一緒したい!」 女トレーナー「は、はぁ」 タケシ「ぐぇっ!? ドグロッグの毒づき 」 なんて会話が聞こえてきた サトシ「タケシのやつ、まだやってたのかよ。

14
13 ID:TUUN3WRzO サトシ「とりあえず座ろうぜ」 ヒカリ「ええ」 サトシ「なんか緊張するなぁ……」 ヒカリ「サトシの好きにしていいよ。 24 ID:TUUN3WRzO ヒカリ「吸って」 サトシ「んっ……」チューチュー サトシは言われるがままに乳頭部を吸いこむ。

サトシ続投・降板問題とは (サトシゾクトウコウバンモンダイとは) [単語記事]

⚔ 23 ID:TUUN3WRzO ヒカリ「ここからおしっこがたくさん出てたのよね」クンクン サトシ「うわわっ!?ん、んなとこ嗅ぐなよ!」 ヒカリ「どんなにおいがするのかなって」クンクン サトシ「ううぅっ……」グググッ ヒカリ(すごくおっきい。 だから一緒に入ろ?」 サトシ「……」 サトシ「ヒカリがそこまで言うなら……」 ヒカリ「ほんと!?」 サトシ「ああ。 56 ID:TUUN3WRzO ヒカリ(さわってみたいな……) サトシ「さわってみるか……?」ドキドキ ヒカリ「!」 サトシ「なんかすごく興味津々みたいだし」 ヒカリ「い、いいの?」 サトシ「ダメって言ってもヒカリは強引だからなぁ……」 ヒカリ「もうっ、なによそれ。

17
サトシがおしっこするところ」 サトシ「…………胸」ボソッ ヒカリ「?」 サトシ「胸、揉ませてくれるか?」 ヒカリ「わたし小さいけど、それでもいいなら」 サトシ「……よし。

ショータ(トレーナー) (しょーた)とは【ピクシブ百科事典】

☭ 26 ID:HQMumnL1O サトシ「よし、特訓はこれぐらいでいいか!」 ヒカリ「サトシのポケモン達だいぶ強くなったわね!」 サトシ「ピカチュウを長い間育て屋に預けたままだから寂しがってるかもしれないな…」 ヒカリ「それならピカチュウと仲良しのミミロップを一緒に預けてるから心配ないわ」 サトシ「そうか、ありがとなヒカリ!」 育て屋 サトシ「すみませーん!ピカチュウを引き取りに来ましたー!」 育て屋ばあさん「あんたかい。 話はそれからだ」 サトシ「ああ、わかったよ,,,」 セレナ「 サトシ,,, 」 タケシ「逃げるって何処へ!?」 セレナ「近くに森があったはずよ!そこへ向かいましょう!」 ~森の中~ サトシ「はぁはぁ。 。

。 。

サトシ「何故,,,あいつが,,,」

🤘。

10
。 。

ショータ(トレーナー) (しょーた)とは【ピクシブ百科事典】

😍。 。

13
。 。

サトシ「何故,,,あいつが,,,」

🤙。 。

9
。 。