クロピドグレル 錠。 クロピドグレル硫酸塩75mg錠の薬価比較(先発薬・後発薬・メーカー・剤形による違い)

クロピドグレル+アスピリンの配合錠が登場へ:日経メディカル

♥ 、、 ()、、 ()、 抗凝血剤の、、 ()、、 ()、、 ()、 ()、、、、 プロトンポンプ阻害薬 [ ] のまたははクロピドグレルの活性化に必要なCYP2C19を阻害するので、クロピドグレルの効果が減弱する。 ) 遺伝子多型 [ ] CYP2C19 [ ] クロピドグレルの活性化に重要なCYP2C19には遺伝子多型が知られている。 Liu Q, Dang DS, Chen YF, et al. Mega JL, Close SL, Wiviott SD, et al. 閉塞性動脈硬化症(末梢動脈疾患) 脳卒中 くも膜下出血 一過性脳虚血発作(TIA) 心筋梗塞 狭心症 虚血性心疾患 クロピドグレル錠25mg「日新」の主な効果と作用• 効能 【効能A】 虚血性脳血管障害 心原性脳塞栓症を除く 後の再発抑制 【効能B】 経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される下記の虚血性心疾患• Circulation 126 25 : 3097—137. 柴田啓智, 坂本知浩, 丸山徹 等「」『日本臨床救急医学会雑誌』第16巻、日本臨床救急医学会、2013年、 595-8頁、 :、 2015年7月28日閲覧。

8
Mega JL, Hochholzer W, Frelinger, et al. Zakarija A, Bandarenko N, Pandey DK, Auerbach A, Raisch DW, Kim B, Kwaan HC, McKoy JM, Schmitt BP, Davidson CJ, Yarnold PR, Gorelick PB, Bennett CL 2004. Colombo A, Chieffo A, Frasheri A et al. 【効能又は効果】 虚血性脳血管障害 心原性脳塞栓症を除く 後の再発抑制 経皮的冠動脈形成術 PCI が適用される下記の虚血性心疾患 急性冠症候群 不安定狭心症,非ST上昇心筋梗塞,ST上昇心筋梗塞 安定狭心症,陳旧性心筋梗塞 末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制 効能又は効果に関連する使用上の注意 経皮的冠動脈形成術 PCI が適用される虚血性心疾患の場合 PCIが適用予定の虚血性心疾患患者への投与は可能である.冠動脈造影により,保存的治療あるいは冠動脈バイパス術が選択され,PCIを適用しない場合には,以後の投与は控えること. 用法及び用量 虚血性脳血管障害 心原性脳塞栓症を除く 後の再発抑制の場合 通常,成人には,クロピドグレルとして75mgを1日1回経口投与するが,年齢,体重,症状によりクロピドグレルとして50mgを1日1回経口投与する. 経皮的冠動脈形成術 PCI が適用される虚血性心疾患の場合 通常,成人には,投与開始日にクロピドグレルとして300mgを1日1回経口投与し,その後,維持量として1日1回75mgを経口投与する. 末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制の場合 通常,成人には,クロピドグレルとして75mgを1日1回経口投与する. 用法及び用量に関連する使用上の注意 空腹時の投与は避けることが望ましい 国内第I相臨床試験において絶食投与時に消化器症状がみられている . 虚血性脳血管障害 心原性脳塞栓症を除く 後の再発抑制の場合 出血を増強するおそれがあるので,特に出血傾向,その素因のある患者等については,50mg 1日1回から投与すること. 「1. J Am Vet Med Assoc 225 9 : 1406—1411. 経皮的冠動脈形成術 PCI が適用される急性冠症候群 経皮的冠動脈形成術 PCI が適用される不安定狭心症、経皮的冠動脈形成術 PCI が適用される非ST上昇心筋梗塞、経皮的冠動脈形成術 PCI が適用されるST上昇心筋梗塞。 Drug Safety 37 4 : 201—11. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 副作用 (頻度不明) 出血(頭蓋内出血、胃腸出血等の出血) [脳出血等の頭蓋内出血、硬膜下血腫等] 脳出血等の頭蓋内出血(初期症状:頭痛、悪心・嘔吐、意識障害、片麻痺等)、硬膜下血腫等があらわれることがある。

クロピドグレル硫酸塩錠の薬価比較(先発薬・後発薬・メーカー・剤形による違い)

☺ Journal of the American Academy of Dermatology 72 3 : 524-34. J Am Coll Cardiol 64 20 : 2086-97. Journal of American Board of Family Medicine 25 3 : 343—349. Simon T, Verstuyft C, Mary-Krause M, et al. Angiolillo DJ, Jakubowski JA, Ferreiro JL et al. Arch Intern Med 170 8 : 704—10. 作用機序 [ ] クロピドグレルはであり、活性化にはCYP酵素(主にCYP2C19 、他にCYP3A4、CYP1A2、CYP2B6 :55)が必要である。

3
Mega JL, Close SL, Wiviott SD, Shen L, Hockett RD, Brandt JT, Walker JR, Antman EM, Macias W, Braunwald E, Sabatine MS; Close, SL; Wiviott, SD January 2009. 出血傾向及びその素因のある患者 重篤な肝障害のある患者 重篤な腎障害のある患者 高血圧が持続している患者 高齢者 低体重の患者 他のチエノピリジン系薬剤(チクロピジン塩酸塩等)に対し過敏症の既往歴のある患者 重要な基本的注意 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)、無顆粒球症、重篤な肝障害等の重大な副作用が発現することがあるので、投与開始後2ヵ月間は、2週間に1回程度の血液検査等の実施を考慮すること。

医療関係者向け情報:クロピドグレル錠75mg「サンド」|サンド株式会社

✌ 〈効能共通〉本剤による血小板凝集抑制が問題となるような手術の場合には、14日以上前に投与を中止することが望ましい なお、十分な休薬期間を設けることが出来ない場合は重大な出血のリスクが高まることが報告されているので十分に観察すること 、また、投与中止期間中の血栓症や塞栓症のリスクの高い症例では、適切な発症抑制策を講じること 手術後に本剤の再投与が必要な場合には、手術部位の止血を確認してから再開すること 〔11. 経皮的冠動脈形成術 PCI が適用される安定狭心症、経皮的冠動脈形成術 PCI が適用される陳旧性心筋梗塞。

〈経皮的冠動脈形成術 PCI が適用される虚血性心疾患〉ローディングドーズ投与 投与開始日に300mgを投与すること 及びアスピリンとの併用によって出血のリスクが高まる可能性があることを十分考慮すること〔10. Michael D Randall; Karen E Neil 2004. 強力なCYP2C19誘導薬 リファンピシン [本剤の血小板阻害作用が増強されることにより出血リスクが高まるおそれがあるので、リファンピシン等の強力なCYP2C19誘導薬との併用は避けることが望ましい クロピドグレルは主にCYP2C19によって活性代謝物に代謝されるため、CYP2C19酵素を誘導する薬剤との併用により本剤の活性代謝物の血漿中濃度が増加する ]。

クロピドグレル錠75mg「サワイ」(プラビックス錠75mgのジェネリック医薬品)|沢井製薬

♥ Brown DG, Wilkerson EC, Love WE March 2015. , J Am Coll Cardiol, 2014;64:1005—1014• 2参照〕[セレキシパグの活性代謝物 MRE-269 のCmax及びAUCが増加したとの報告があるので、本剤と併用する場合には、セレキシパグの減量を考慮すること 本剤のグルクロン酸抱合体によるCYP2C8阻害作用により、これら薬剤の血中濃度が増加すると考えられる ]。 低体重 クロピドグレル錠25mg「日新」の注意が必要な飲み合わせ 薬剤名 影響 非ステロイド系抗炎症剤 消化管からの出血が助長 ナプロキセン 消化管からの出血が助長 血液凝固阻止剤 出血した時出血を助長、出血等の副作用 ワルファリン 出血した時出血を助長、出血等の副作用 ヘパリン製剤 出血した時出血を助長、出血等の副作用 血小板凝集抑制作用を有する薬剤 出血した時出血を助長、出血等の副作用 アスピリン 出血した時出血を助長、出血等の副作用 血栓溶解剤 出血した時出血を助長、出血等の副作用 ウロキナーゼ 出血した時出血を助長、出血等の副作用 アルテプラーゼ 出血した時出血を助長、出血等の副作用 薬物代謝酵素<CYP2C19>を阻害する薬剤 本剤の作用が減弱 オメプラゾール 本剤の作用が減弱 選択的セロトニン再取り込み阻害剤 出血を助長 フルボキサミンマレイン酸塩 出血を助長 塩酸セルトラリン 出血を助長 CYP2C8で代謝される薬剤 血中濃度が増加し血糖降下作用が増強 レパグリニド 血中濃度が増加し血糖降下作用が増強 セレキシパグ 活性代謝物<MRE-269>のCmax及びAUCが増加 強力なCYP2C19誘導薬 本剤の血小板阻害作用が増強されることにより出血リスクが高まる リファンピシン類 本剤の血小板阻害作用が増強されることにより出血リスクが高まる モルヒネ 本剤の血漿中濃度が低下. Jneid H, Anderson JL, Wright RS, Adams CD, Bridges CR, Casey DE, Ettinger SM, Fesmire FM, Ganiats TG, Lincoff AM, Peterson ED, Philippides GJ, Theroux P, Wenger NK, Zidar JP, Anderson JL August 2012. Adelaide: Australian Medicines Handbook; 2006. 重大な副作用として、 ・脳出血、吐血 ・吐き気、嘔吐 ・胃の不快感、食欲不振 ・かゆみ、発疹ができる などの症状が現れることが稀にあるので、念のため注意をするようにしましょう。

9
Toxic Epidermal Necrolysis:TEN 、(スティーブンス・ジョンソン症候群)、、、薬剤性過敏症症候群 である。

クロピドグレル錠50mg「サワイ」|沢井製薬

⚔ Ding Z, Kim S, Dorsam RT, Jin J, Kunapuli SP. Chan FK, Ching JY, Hung LC, Wong VW, Leung VK, Kung NN, Hui AJ, Wu JC, Leung WK, Lee VW, Lee KK, Lee YT, Lau JY, To KF, Chan HL, Chung SC, Sung JJ 2005. Genet Test Mol Biomarkers 16 11 : 1293-7. 【効能C】 末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制 用法 【効能A】 通常、成人は、クロピドグレルとして75mgを1日1回経口服用するが、年齢、体重、症状によりクロピドグレルとして50mgを1日1回経口服用する。 用法・用量 〈虚血性脳血管障害 心原性脳塞栓症を除く 後の再発抑制〉 通常、成人には、クロピドグレルとして75mgを1日1回経口投与するが、年齢、体重、症状によりクロピドグレルとして50mgを1日1回経口投与する。 Gurbel PA, Nolin TD, Tantry US. Lancet 376 9749 : 1312-9. , J Am Coll Cardiol, 2012;59:1928—1937• John J, Koshy SK 2012. クロピドグレルには、 ・クロピドグレル錠25mg ・クロピドグレル錠50mg ・クロピドグレル錠75mg 上記の3つの種類があります。

11
〈効能共通〉後天性血友病 活性化部分トロンボプラスチン時間延長 aPTT延長 、第8因子活性低下等 があらわれることがあるので、aPTTの延長等が認められた場合には、出血の有無にかかわらず、後天性血友病の可能性を考慮し、専門医と連携するなど適切な処置を行うこと〔11. Diener HC, Bogousslavsky J, Brass LM, Cimminiello C, Csiba L, Kaste M, Leys D, Matias-Guiu J, Rupprecht HJ 2004. 中毒性表皮壊死融解症 Toxic Epidermal Necrolysis:TEN 、皮膚粘膜眼症候群 Stevens-Johnson症候群 、多形滲出性紅斑、急性汎発性発疹性膿疱症 頻度不明。 () 43 2 : 183—6. Hasegawa M1, Sugidachi A, Ogawa T, et al. JAMA 307 23 : 2495-6. 薬物代謝酵素 CYP2C19 を阻害する薬剤 オメプラゾール [本剤の作用が減弱するおそれがある CYP2C19を阻害することにより、本剤の活性代謝物の血中濃度が低下する ]。

クロピドグレル+アスピリンの配合錠が登場へ:日経メディカル

⚠。

医療関係者向け情報:クロピドグレル錠75mg「サンド」|サンド株式会社

🤗。 。

18
。 。

クロピドグレル錠25mg「SANIK」

⚓。 。

2

クロピドグレル錠25mg「SANIK」

🤘。

15
。 。

クロピドグレル硫酸塩錠の薬価比較(先発薬・後発薬・メーカー・剤形による違い)

☣。 。

17

コンプラビン(クロピドグレル・アスピリン)の作用機序:抗血小板薬

🤑。 。 。

9
。 。

クロピドグレル錠75mg「SANIK」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

⚑。 。 。

16