内村光良 有吉。 東野幸治 ウッチャンナンチャン内村光良を語る

バラエティー界のトップに立つ『ウッチャンナンチャン』内村光良の隠された素顔 (2019年4月20日)

😊 2019年9月8日放送のJFN系列のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』 毎週日 20:00-21:55 にて、お笑い芸人・有吉弘行が、さまぁ~ずや内村光良らと会う機会がほとんどなくなり「一回一回の絡みをありがたい」と思うようになったと告白していた。

この2人は『夢で逢えたら』で出会い、共演してからは、テレビやラジオ番組で共演することはほとんどなく、プライベートでもめったに会うことはなくなったということですが、 先ほど触れた、2001年10月18日放送の『放送室』(TOKYO FM)において、 同番組のパーソナリティで、ダウンタウンの幼馴染みとして知られる構成作家の高須光聖(たかすみつよし)さんが、内村光良さんから、 『松ちゃん、元気?』 と聞かれたといい、 松本人志さんも 『いや何かね、俺自分で言うのも気持ち悪いんやけれどすっごいこー、気にしてくれてるみたい、俺の事を』 と感謝しているような口振りで語っています。

「ザ・ピンモネア」で見た内村光良と有吉弘行の信頼関係

😆 2ndステージでも、持ちネタの歌で瞬殺クリアをした大西ライオンに、 内村「有吉さん、いかがでした?」 有吉「いや、これぐらいやってもらわないとハリがないです」 内村「(指さして笑ったあと)お前、なんなんだよ!」 ウッチャンに怒られて、苦笑いの有吉さん。 三村「ところで今日は、何がやりたいの?」 有吉「はい、僕はあの~、最近そこそこ仕事が増えてきたんですよ」 大竹「へぇ~、ちょっとキテるよな」 三村「見てるよ」 有吉「ちょっとそろそろ、 本格的に売れたいなと思いまして」 内村「うん」 三村「本格的に売れるって何なの?」 有吉「 やっぱりMC(番組の司会)を……することじゃないかなと」 内村「あっ、それでこの格好(スーツ姿)なんだ」 有吉「そうなんです、これもう、MCの格好で」 まず、ここまでの状況で面白いのが、内村光良、さまぁ~ず(大竹一樹・三村マサカズ)、有吉弘行というメンバー構成です。 初回の番組内容がダイジェストで流れた後に、ブランチレポーターから今後やりたい企画について尋ねられると、 内村「あの〜、温泉めぐりしたいですね、普通に」 (スタジオ笑) ブランチリポーター「それなんか、プライベートで楽しもうという魂胆じゃないですか?」 内村「うっふっふっ、そうですね〜、温泉が大好きなもんですから、え〜、いろんな知られざる温泉とかあると思いますんでね」 南原「僕はね〜、青森県に行きたいですね」 ブランチリポーター「なぜですか?」 南原「あんまり行ったこと無いんで」 (内村と有吉爆笑) 有吉「いや〜、ラフですね!」 内村「それでいいんですよ」 南原「津軽三味線とかを聞いてみたいなと」 内村「ああ〜、聞いてみたい?弾くんじゃないのね」 南原「聞いてみたい」 内村「習うんじゃないのね」 南原「(かぶりを振りながら)習わない」 ブランチレポーター「そういう要望が通る番組なんですね」 南原「そうですね、多分」 ウンナンに続いて、有吉さんにも同じ質問をすると、 ブランチレポーター「有吉さんは?」 有吉「僕はやっぱりあの〜、 内村さんと南原さんが、楽しければいいですよ」 南原「おっ」 有吉「ええ、それが一番だと思います」 (スタジオ笑) 有吉「(作ったような真っ直ぐな表情で) いろんなこと背負ってやってらっしゃいますから、この番組ぐらいは楽にやってくれれば」 内村「(有吉の表情を覗き込みながら)あっはっはっはっはっ、お前変わったな」 有吉「(笑顔になって)ブランチ用に」 (スタジオ笑) 内村「ブランチ用か」 ブランチレポーター「あったかい感じになってますけど」 有吉「そんなにそのギスギスした感じの出ない番組・・・、ラフな感じで、楽しくやらしていただいてます、僕らも」 南原「いちばん番組分かってるね」 (スタジオ笑) 有吉「はい」 土屋「誰も傷つかないですからね」 有吉「(土屋を見て)ねっ」 ブランチ用と言って照れ隠しをする有吉さん。

18
。 有吉「(明石家さんま風に)はい、内村」 内村「あの、 有吉さんは今、キテると思いますから、1個1個大事にしていくんです、仕留めていきましょう」 有吉「1個1個」 内村「1個1個の仕事を仕留めていく」 有吉「(これまでの自分のMCっぷりを振り返り)今日のようなことがないように、ふふっ」 (内村笑) 内村「 仕留めていくことです、確実に」 有吉「 (真剣な顔で)分かりました……」 三村「2度目のブレイクは本物って言いますからね」 内村「あっ、今メモするところじゃないですか?」 有吉「これね、あの~、この前聞いたんです」 内村「あっはっはっはっ」 有吉さんは、ここで聞いた「1個1個大事にしていく。

有吉弘行「ウッチャンナンチャンが楽しければいい」

☕ 陣内「ということは、有吉はバラエティ、けっこうシミュレーションしてたの?」 有吉「やっぱ、1つ1つにやっぱり、ちょっと僕は時間をかけて」 陣内「あ~、そう」 有吉「夜眠れないぐらいですもん」 陣内「へぇ~、ホンマに?」 有吉「徹夜で行くこと多かったですよ」 陣内「へぇ~! ひろいきスゴいね」 有吉「ひろいきスゴいんですよ」 (スタジオ笑) その後、この話は半分ウソであることが有吉さんから暴露されます。

4
ブランチレポーター「土屋さんから見て、いかがですか?」 土屋「話に聞いてた通り、やっぱ人見知りオーラがすごいな、っていうのが内村さん」 (頷く内村) 有吉「存在感ないというか」 (スタジオ笑) 有吉「ロケバスの中とか、おとなしくされてますんで、非常に僕らやりやすい」 内村「ふっふっふっ」 南原「邪魔しない?」 有吉「あんまり邪魔しないなっていう、ウルセーこと言わないな」 (内村爆笑) ブランチレポーター「そうなんですか!?」 内村「確かにそうですね、あの〜、おとなしいって言われる」 (有吉爆笑) 内村「楽屋おとなしいって」 だんだんエンジンがかかってきた有吉さん。 ^^; 腕組みしながら首をかしげる有吉さんの脇に、ウッチャンナンチャンがやってきて、 内村「納得いかない?」 南原「どうしました?」 有吉「なんなんでしょうね?もう向いてないんでしょうね・・・(我に返り)だっ、絶対!今日自信ありましたもん!」 (内村爆笑) 有吉「何笑ってるんですか?なんなんすか!」 内村「(笑いが止まらず)だって・・・」 有吉「だって、毎回、毎回、1回戦だもん!うわ〜、もうホント難しい」 内村「次もう1回ってのはどうですか?」 有吉「もう1回だけやらしてください!」 内村「(観客に向かい)3度目の正直ですよ!みなさん!」 (拍手する観客) 有吉「いや、こんな拍手ウソですもん!こいつら絶対敵でしょう!」 早くも挑戦が終了してしまった有吉さんでしたが、他の挑戦者へのコメントで存在感をこれでもか!と見せ付けていきます。

「内村詣で」「有吉詣で」若手芸人が争奪戦! 2番組が登竜門的存在に

😍 陣内「嘘かいな! ええこと言うてるやん」 有吉「これはね、南原さんがずいぶん昔に言ったんです、こんなことを、『 1つの番組に出るときには10個ぐらい何か用意していけ』つって」 陣内「うん、ええことやん」 有吉「で、『 10個できなくてもいい、1つでもできたら今日はよかったと思って帰りなさい』って」 陣内「うんうん」 有吉「だから、それを真似した」 (スタジオ笑) 有吉さんは面白おかしく話していますが、おそらく、これが有吉さんの「本当の仕事への取り組み方」なのだと思います。

14
。 。

「ザ・ピンモネア」で見た内村光良と有吉弘行の信頼関係

⌚。

18
。 。

有吉弘行「20年前では考えられないね…」ずん・飯尾と若手時代を振り返りしみじみ

🤐。

13

有吉弘行「ウッチャンナンチャンが楽しければいい」

👣。 。

17
。 。

「ザ・ピンモネア」で見た内村光良と有吉弘行の信頼関係

👋。

。 。

バラエティー界のトップに立つ『ウッチャンナンチャン』内村光良の隠された素顔 (2019年4月20日)

😂。 。

6
。 。

「ザ・ピンモネア」で見た内村光良と有吉弘行の信頼関係

🐝。 。 。

14

バラエティー界のトップに立つ『ウッチャンナンチャン』内村光良の隠された素顔 (2019年4月20日)

😚。 。 。

9

「ザ・ピンモネア」で見た内村光良と有吉弘行の信頼関係

👀。 。 。