アマンタジン 塩酸 塩。 アマンタジン塩酸塩錠50mg「ZE」

シンメトレル(販売移管案内中)|田辺三菱製薬 医療関係者サイト Medical View Point

💖 【効能又は効果】 〇 パーキンソン病 〇 脳梗塞後遺症に伴う意欲・自発性低下の改善 〇 A型インフルエンザウイルス感染症 アマンタジンの主なはたらきは、• 「パーキンソン症候群又は脳梗塞後遺症に伴う意欲・自発性低下の改善」に本剤を用いる場合 抗パーキンソン剤 レボドパ 抗コリン剤 プラミペキソール タリペキソール ドロキシドパ 中枢興奮剤 メタンフェタミン等 食欲抑制剤 マジンドール 幻覚、睡眠障害等の副作用が増強されることがあるので用量に注意すること。

7
島田祥三 他, 日本薬理学会雑誌, 69, 801, 1973. また,本剤は血液透析によって少量しか除去されない〕【2】妊婦・妊娠している可能性の婦人・授乳婦【3】本剤 成分 に過敏症の既往歴 効能・効果 脳梗塞後遺症に伴う意欲・自発性低下の改善。 「パーキンソン症候群又は脳梗塞後遺症に伴う意欲・自発性低下の改善」に本剤を用いる場合 頻度不明 精神神経系 睡眠障害、眠気、不安、気分高揚、激越、失調、興奮、めまい、頭痛・頭重、神経過敏、集中力障害、不随意運動(振戦、ジスキネジー等)、欲動亢進、言語障害、歩行障害の悪化、抑うつ、失見当識、躁状態、悪夢 眼 視調節障害(霧視等) 消化器 便秘、下痢、食欲不振、悪心・嘔吐、腹痛 自律神経系 口渇、立ちくらみ(起立性低血圧)、排尿障害 循環器 血圧低下、動悸 過敏症 多形滲出性紅斑、発疹 皮膚 光線過敏症 肝臓 AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-Pの上昇 腎臓 BUN、クレアチニンの上昇 その他 低体温、尿失禁、脱力感・倦怠感、発汗、網状皮斑、下肢浮腫、胸痛、白血球減少 高齢者への投与 アマンタジン塩酸塩錠50mg「サワイ」と標準製剤を健康成人男子にそれぞれ1錠(アマンタジン塩酸塩として50mg)空腹時単回経口投与(クロスオーバー法)し、血漿中アマンタジン濃度を測定した。

医療用医薬品 : アマンタジン塩酸塩 (アマンタジン塩酸塩錠50mg「サワイ」 他)

🤭 重大な副作用・国内1 【1】悪性症候群 Syndrome malin 〔 0. インフルエンザ治療 ~ ノイラミニダーゼ阻害薬の主流化に影を潜めるアマンタジン ~ 作用機序別に抗インフルエンザ薬を紹介しました。 効能 【効能A】 パーキンソン症候群 【効能B】 脳梗塞後遺症に伴う意欲・自発性低下の改善 【効能C】 A型インフルエンザウイルス感染症 用法 【効能A】 通常、成人はアマンタジン塩酸塩として初期量1日100mgを1~2回に分割経口服用し、1週間後に維持量として1日200mgを2回に分割経口服用する。 副作用 頻度不明 精神神経系 睡眠障害、眠気、不安、気分高揚、激越、失調、興奮、めまい、頭痛・頭重、神経過敏、集中力障害、不随意運動(振戦、ジスキネジー等)、欲動亢進、言語障害、歩行障害の悪化、抑うつ、失見当識、躁状態、悪夢 眼 視調節障害(霧視等) 消化器 便秘、下痢、食欲不振、悪心・嘔吐、腹痛 自律神経系 口渇、立ちくらみ(起立性低血圧)、排尿障害 循環器 血圧低下、動悸 過敏症 多形滲出性紅斑、発疹 皮膚 光線過敏症 肝臓 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、Al-P上昇 腎臓 BUN上昇、クレアチニン上昇 その他 低体温、尿失禁、脱力感・倦怠感、発汗、網状皮斑、下肢浮腫、胸痛、白血球減少 高齢者への投与. アマンタジンの特徴をおさらいすると、 【アマンタジンの特徴】 ・脳のドーパミン量を増やす事でパーキンソン病の症状を改善させる ・脳のドーパミン量を増やす事で意欲低下・楽しむ力の低下を改善させる ・A型インフルエンザウイルスの増殖を抑えるはたらきがある ・ジェネリック医薬品であり薬価が安い というものでした。

中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群) 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。 副作用 頻度不明 精神神経系 睡眠障害、眠気、不安、気分高揚、激越、失調、興奮、めまい、頭痛・頭重、神経過敏、集中力障害、不随意運動(振戦、ジスキネジー等)、欲動亢進、言語障害、歩行障害の悪化、抑うつ、失見当識、躁状態、悪夢 眼 視調節障害(霧視等) 消化器 便秘、下痢、食欲不振、悪心・嘔吐、腹痛 自律神経系 口渇、立ちくらみ(起立性低血圧)、排尿障害 循環器 血圧低下、動悸 過敏症 発疹、多形滲出性紅斑 皮膚 光線過敏症 肝臓 AST(GOT)の上昇、ALT(GPT)の上昇、Al-Pの上昇 腎臓 BUNの上昇、クレアチニンの上昇 その他 脱力感・けん怠感、発汗、網状皮斑、下肢浮腫、胸痛、白血球減少、低体温、尿失禁 高齢者への投与 アマンタジン塩酸塩細粒10%「ツルハラ」と標準製剤を、クロスオーバー法によりそれぞれ0. 低体重の高齢者 65歳〜 アマンタジン塩酸塩錠50mg「サワイ」の注意が必要な飲み合わせ 薬剤名 影響 抗パーキンソン剤 幻覚・睡眠障害等の副作用が増強 レボドパ 幻覚・睡眠障害等の副作用が増強 抗コリン作用を有する薬剤 幻覚・睡眠障害等の副作用が増強 プラミペキソール 幻覚・睡眠障害等の副作用が増強、ジスキネジー・幻覚等の副作用が増強 タリペキソール 幻覚・睡眠障害等の副作用が増強 ドロキシドパ 幻覚・睡眠障害等の副作用が増強 中枢興奮剤 幻覚・睡眠障害等の副作用が増強 メタンフェタミン 幻覚・睡眠障害等の副作用が増強 食欲抑制剤 幻覚・睡眠障害等の副作用が増強 マジンドール 幻覚・睡眠障害等の副作用が増強 チアジド系薬剤 本剤の作用が増強、錯乱、幻覚、失調、ミオクロヌス カリウム保持性利尿剤 本剤の作用が増強、錯乱、幻覚、失調、ミオクロヌス NMDA受容体拮抗作用を有する薬剤 相互に作用を増強 メマンチン 相互に作用を増強. アマンタジンの裏話 ~ 抗インフルエンザ作用以外の効果 ~ A型インフルエンザウイルスに対し選択的に増殖を抑制することが発見されたアマンタジンは、1959年米国において抗ウイルス剤として合成開発され、1967年より発売されました。

アマンタジン塩酸塩錠50mg「サワイ」(シンメトレル錠50mgのジェネリック医薬品)|沢井製薬

😛 , Psychopharmacologia Berl , 24, 296, 1972. 製品名 アマンタジン塩酸塩(全星薬品工業、全星薬品、日医工、沢井製薬、キョーリンリメディオ、杏林製薬) アテネジン(鶴原製薬、日本ジェネリック) シンメトレル(サンファーマ、田辺三菱製薬) 脳内でつくられるドパミン(神経のはたらきを活発にするアドレナリンの一種)の量を増やすとともに、ドパミンのはたらきを高める作用がある薬です。 新たな価値を見出された薬剤 ~ 薬の可能性 ~ アマンタジン以外にも、全く別の疾患に使用されるようになった薬剤はいくつかあります。 警告 【1】「A型インフルエンザウイルス感染症」に用いる場合:1 医師が特に必要と判断した場合にのみ投与すること2 治療に用いる場合は,本剤の必要性を慎重に検討すること3 予防に用いる場合は,ワクチンによる予防を補完するものであることを考慮すること4 A型以外のインフルエンザウイルス感染症には効果がない5 インフルエンザの予防や治療に短期投与中の者で自殺企図の報告があるので,精神障害のある又は中枢神経系に作用する薬剤を投与中の者では治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合のみ投与すること【2】てんかん又はその既往歴のある者及び痙攣素因のある者では,発作を誘発又は悪化させることがあるので,患者を注意深く観察し,異常が認められた場合には減量する等の適切な措置を講じること【3】本剤には催奇形性が疑われる症例報告があり,また,動物実験による催奇形性の報告があるので,妊婦・妊娠している可能性の婦人には投与しないこと 禁忌 【1】透析を必要とするような重篤な腎障害〔本剤は大部分が未変化体として尿中に排泄されるので,蓄積により意識障害,精神症状,痙攣,ミオクロヌス等の副作用が発現するおそれ。

14
「パーキンソン症候群又は脳梗塞後遺症に伴う意欲・自発性低下の改善」に本剤を用いる場合 抗パーキンソン剤 レボドパ, 抗コリン剤, プラミペキソール, タリペキソール, ドロキシドパ 中枢興奮剤 メタンフェタミン等 食欲抑制剤 マジンドール 幻覚,睡眠障害等の副作用が増強されることがあるので用量に注意すること。 ] 高齢者(「高齢者への投与」の項参照) 重要な基本的注意 抗パーキンソン剤 レボドパ 抗コリン剤 プラミペキソール タリペキソール ドロキシドパ 中枢興奮剤 メタンフェタミン 等 食欲抑制剤 マジンドール 幻覚、睡眠障害等の副作用が増強されることがあるので用量に注意すること。

医療用医薬品 : アマンタジン塩酸塩 (アマンタジン塩酸塩錠50mg「杏林」 他)

😁 【アマンタジンの特徴】 ・脳のドーパミン量を増やす事でパーキンソン病の症状を改善させる ・脳のドーパミン量を増やす事で意欲低下・楽しむ力の低下を改善させる ・A型インフルエンザウイルスの増殖を抑えるはたらきがある ・ジェネリック医薬品であり薬価が安い 2.アマンタジンはどのような疾患に用いるのか アマンタジンはどのような疾患に用いられるのでしょうか。 副作用 頻度不明 精神神経系 睡眠障害,眠気,不安,気分高揚,激越,失調,興奮,めまい,頭痛・頭重,神経過敏,集中力障害,不随意運動(振戦,ジスキネジー等),欲動亢進,言語障害,歩行障害の悪化,抑うつ,失見当識,躁状態,悪夢 眼 視調節障害(霧視等) 消化器 便秘,下痢,食欲不振,悪心・嘔吐,腹痛 自律神経系 口渇,立ちくらみ(起立性低血圧),排尿障害 循環器 血圧低下,動悸 過敏症 多形滲出性紅斑,発疹 皮膚 光線過敏症 肝臓 AST(GOT)上昇,ALT(GPT)上昇,Al-P上昇 腎臓 BUN上昇,クレアチニン上昇 その他 低体温,尿失禁,脱力感・けん怠感,発汗,網状皮斑,下肢浮腫,胸痛,白血球減少 高齢者への投与 アマンタジン塩酸塩錠100mg「日医工」及び標準製剤を,クロスオーバー法によりそれぞれ1錠(アマンタジン塩酸塩として100mg)健康成人男子に絶食単回経口投与して血漿中アマンタジン濃度を測定し,得られた薬物動態パラメータ(AUC,Cmax)について統計解析を行った結果,両剤の生物学的同等性が確認された。 。

10

アマンタジン塩酸塩錠50mg「サワイ」

🖕。

7

シンメトレル錠50mgの基本情報(副作用・効果効能・添付文書など) / パーキンソン病・症候群

🔥。 。 。

3

医療用医薬品 : アマンタジン塩酸塩 (アマンタジン塩酸塩錠50mg「サワイ」 他)

🤜。 。

19

KEGG DRUG: アマンタジン塩酸塩

👣。

。 。

アマンタジン塩酸塩錠50mg「日医工」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

✊。 。

5
。 。