リオ オリンピック メダル 数。 オリンピックのメダル数とGDP

東京2020で史上最多58個のメダル獲得―金は27個 : 日本の夏の五輪メダル数

🌭 天板(の工場で製作 )には「Les yeux bleus(レジュブルー=青の瞳)」と名付けたからの復興を願った色を用いた (光の加減で青にもブラジルの森林をイメージした 緑にも見える )。

女子チーム 銅メダル 箱山愛香選手 1991年7月27日 25歳 乾友紀子選手 1990年12月4日 25歳 丸茂圭衣(まるも けい)選手 1992年3月6日 24歳 三井梨紗子選手 1993年9月23日 23歳 中牧佳南(なかまき かなみ)選手 1992年6月5日 24歳 小俣夏乃(おまた かの)選手 1996年7月24日 20歳 吉田胡桃選手 1991年12月1日 24歳 林愛子選手 1993年11月17日 22歳 ウェイトリフティングのメダル獲得者 ウェイトリフティング女子48kg級 決勝 ロンドンの銀メダルにつづく銅メダルを獲得。

国別メダル数

😇 銅メダルの獲得予想枚数 銅メダル獲得数競技別内訳 種目 名前 結果 柔道 女子78㎏超級 山部 佳苗 銅メダル 柔道 男子100㎏級 羽賀 龍之介 銅メダル 柔道 女子63kg級 田代 未来 4位 柔道 男子66kg級 海老沼 匡 銅メダル 柔道 男子73kg級 大野 将平 金メダル 競泳 男子100m背泳ぎ 入江 陵介 7位 競泳 男子200m背泳ぎ 入江 陵介 8位 競泳 女子200m平泳ぎ 渡部 香生子 準決勝敗退 卓球 男子シングルス 水谷 隼 銅メダル 卓球 女子シングルス 石川 佳純 初戦敗退 テコンドー 女子57kg級 濱田 真由 準々決勝敗退 レスリング 女子63kg級 川井 梨紗子 金メダル レスリング 女子69kg級 土性 沙羅 金メダル 合計 13個の獲得予想に対し、的中は 4個。 射撃や といった競技でも 金メダルがあるのは意外ですね! 2:メダル獲得数についてふと思うこと 1つの競技で複数のメダルを獲得できる競技は、やはり各国ともに注力したいところでしょう!日本は 階級別の 柔道や グ、 複数種目のある 水泳や 体操で大きくメダル数を獲得しています!一方で、集団競技でのメダル数は少ないように思いますが、 バレーボールや アーティスティックスイミング(旧シンクロ)などは チームの参加人数分だけのメダルがあると考えるとたいへん大きな価値があるように思います!「なぜ集団競技はチームで1つのメダルなのか」などと考えはじめると、不思議に思える部分が出てきて面白いですね! 3:新・旧で考える日本の 2016年ので記憶に新しいのは、 バトミントンや 卓球の活躍でしたね!どちらも近年、若い力が台頭してきている競技ですので、でも活躍が期待されます! 歴代のメダル獲得競技をみていると、かつて日本がにしていた意外な種目があります。 31 2 4 2 カタール 76,576. 銀メダルの獲得予想枚数 銀メダル獲得数競技別内訳 種目 名前 結果 柔道 男子100㎏超級 原沢 久喜 銀メダル 柔道 女子48kg級 近藤 亜美 銅メダル 柔道 女子52kg級 中村 美里 銅メダル 柔道 女子57kg級 松本 薫 銅メダル 競泳 男子200m平泳ぎ 小関 也朱篤 5位 競泳 女子200m平泳ぎ 金藤 理絵 金メダル 競泳 男子200m個人メドレー 萩野 公介 銀メダル 競泳 男子400m個人メドレー 瀬戸 大也 銅メダル 卓球 男子チーム 日本 銀メダル 卓球 女子チーム 日本 銅メダル 合計 10個の獲得予想に対し、的中は 3個。

10
柔道、 グ、 体操、 競泳の 4種目で全体の75%以上を占めています。 国名 金 銀 銅 合計 米国 46 37 38 121 英国 27 23 17 67 中国 26 18 26 70 ロシア 19 18 19 56 ドイツ 17 10 15 42 日本 12 8 21 41 フランス 10 18 14 42 韓国 9 3 9 21 イタリア 8 12 8 28 豪州 8 11 10 29 オランダ 8 7 4 19 ハンガリー 8 3 4 15 ブラジル 7 6 6 19 スペイン 7 4 6 17 ケニア 6 6 1 13 ジャマイカ 6 3 2 11 クロアチア 5 3 2 10 キューバ 5 2 4 11 ニュージーランド 4 9 5 18 カナダ 4 3 15 22 ウズベキスタン 4 2 7 13 カザフスタン 3 5 9 17 コロンビア 3 2 3 8 スイス 3 2 2 7 イラン 3 1 4 8 ギリシャ 3 1 2 6 アルゼンチン 3 1 0 4 デンマーク 2 6 7 15 スウェーデン 2 6 3 11 南アフリカ 2 6 2 10 ウクライナ 2 5 4 11 セルビア 2 4 2 8 ポーランド 2 3 6 11 北朝鮮 2 3 2 7 ベルギー 2 2 2 6 タイ 2 2 2 6 スロバキア 2 2 0 4 ジョージア 2 1 4 7 アゼルバイジャン 1 7 10 18 ベラルーシ 1 4 4 9 トルコ 1 3 4 8 アルメニア 1 3 0 4 チェコ 1 2 7 10 エチオピア 1 2 5 8 スロベニア 1 2 1 4 インドネシア 1 2 0 3 ルーマニア 1 1 3 5 バーレーン 1 1 0 2 ベトナム 1 1 0 2 台湾 1 0 2 3 バハマ 1 0 1 2 個人資格 1 0 1 2 コートジボワール 1 0 1 2 フィジー 1 0 0 1 ヨルダン 1 0 0 1 コソボ 1 0 0 1 プエリトリコ 1 0 0 1 シンガポール 1 0 0 1 タジキスタン 1 0 0 1 マレーシア 0 4 1 5 メキシコ 0 3 2 5 アルジェリア 0 2 0 2 アイルランド 0 2 0 2 リトアニア 0 1 3 4 ブルガリア 0 1 2 3 ベネズエラ 0 1 2 3 インド 0 1 1 2 モンゴル 0 1 1 2 ブルンジ 0 1 0 1 グレナダ 0 1 0 1 ニジェール 0 1 0 1 フィリピン 0 1 0 1 カタール 0 1 0 1 ノルウェー 0 0 4 4 エジプト 0 0 3 3 チュニジア 0 0 3 3 イスラエル 0 0 2 2 オーストリア 0 0 1 1 ドミニカ共和国 0 0 1 1 エストニア 0 0 1 1 フィンランド 0 0 1 1 モルドバ 0 0 1 1 モロッコ 0 0 1 1 ナイジェリア 0 0 1 1 ポルトガル 0 0 1 1 トリニダード・トバゴ 0 0 1 1 アラブ首長国連邦 0 0 1 1. 08 3 2 0 アメリカ 55,805. 20 6 104 46 中国 7,989. 2016年も、米国と中国がメダル獲得のトップ争いを展開 2016年6月16日 PwC Japanグループ *本プレスリリースは、2016年6月2日にPwC英国法人が発表したプレスリリースの翻訳です。

リオ五輪2016 柔道の日本代表の結果の一覧 メダルの数は?

⌛ 72 75 88 38 イギリス 43,770. イギリスは自転車競技でメダル総数が11個で第一位、第2位のオランダが2個と圧倒的な強さでした! ここからは少し視点をかえて、メダル獲得に関連しそうな項目との国別の比較! 人口あたりで見たらどうだろう? 2012年に開催された『ロンドンオリンピック』に於いてもイギリスは 開催国という事でのアドバンデージはありましたが、金メダル獲得数は29個で3位、メダル総獲得数で4位という成績でした。

金メダル12個 銀メダル8個 銅メダル21個 メダル層獲得数は史上最多となる41個となりました! 日本代表選手の皆さんの頑張りでとても楽しく感動的にオリンピックを楽しむことが出来ました。 - NHK 北海道 NEWS WEB()•。

国別メダル数

☺ 順位 国 金 銀 銅 TOTAL 1 アメリカ 44 37 38 119 2 イギリス 27 22 17 66 3 中国 26 18 26 70 4 ロシア 19 18 19 56 5 ドイツ 17 10 15 42 6 日本 12 8 21 41 7 フランス 9 17 14 40 8 韓国 9 3 9 21 9 イタリア 8 12 8 28 10 オーストラリア 8 11 10 29 11 オランダ 8 7 4 19 12 ハンガリー 8 3 4 15 13 ブラジル 7 6 6 19 14 スペイン 7 4 6 17 15 ケニア 6 6 1 13 16 ジャマイカ 6 3 2 11 17 クロアチア 5 3 2 10 18 キューバ 5 2 4 11 19 ニュージーランド 4 9 5 18 20 カナダ 4 3 15 22• 人口1千万人あたりのメダル個数 メダル総数 金メダル イギリス 9. 国名 2016年リオ五輪 メダル獲得数(予想) 2012年ロンドン五輪 メダル獲得数 増減 1.米国 108 103 5 2.中国 98 88 10 3.ロシア1 70 81 -11 4.英国 52 65 -13 5.ドイツ 40 44 -4 6.オーストラリア 35 35 0 7.フランス 34 34 0 8.日本 33 38 -5 9.韓国 27 28 -1 10.イタリア 26 28 -2 11.ブラジル 25 17 8 12.ウクライナ 20 20 0 13.カナダ 17 18 -1 14.オランダ 17 20 -3 15.スペイン 17 17 0 16.キューバ 16 15 1 17.ベラルーシ 13 12 1 18.ハンガリー 13 18 -5 19.インド 12 6 6 20.カザフスタン 12 13 -1 21.ケニア 11 11 0 22.ジャマイカ 10 12 -2 23.ニュージーランド 10 13 -3 24.ポーランド 10 10 0 25.イラン 8 12 -4 26.ルーマニア 8 9 -1 27.アゼルバイジャン 8 10 -2 28.チェコ共和国 8 10 -2 29.デンマーク 7 9 -2 30.トルコ 7 5 2 上位30カ国合計 771 801 -30 他の諸国 190 160 30 全参加国の合計 961 961 0 注:メダル獲得数(予想)は、モデルにより算出された数値を四捨五入していますが、各国の順位は四捨五入する前の数値に基づいています。 金メダル 体操 4個 柔道 3個 レスリング 3個 競泳 2個 バドミントン 1個 フェンシング 1個 銀メダル 柔道 4個 競泳 4個 卓球 2個 銅メダル 柔道 5個 競泳 3個 卓球 2個 レスリング 2個 テコンドー 1個 柔道で12個、競泳で9個、レスリングで5個、体操・卓球が4個ずつ、テコンドー、バドミントン、フェンシングといった感じになっています。

69 14 65 29 日本 32,485. (カッコ内は金メダル数) 1912年ストックホルム五輪 0 1920年アントワープ五輪 2 0 1924年パリ五輪 1 0 1928年アムステルダム五輪 5 2 1932年ロサンゼルス五輪 18 7 1936年ベルリン五輪 20 6 1952年ヘルシンキ五輪 1 9 1956年メルボルン五輪 19 4 1960年ローマ五輪 18 4 1964年東京五輪 29 16 1968年メキシコ五輪 25 11 1972年ミュンヘン五輪 29 13 1976年モントリオール五輪 25 9 1984年ロサンゼルス五輪 32 10 1988年ソウル五輪 14 4 1992年バルセロナ五輪 22 3 1996年アトランタ五輪 14 3 2000年シドニー五輪 18 5 2004年アテネ五輪 37 16 2008年北京五輪 25 9 2012年ロンドン五輪 38 7 リオ五輪の金、銀、銅メダルのデザイン リオ五輪の各国のメダル獲得数などをご紹介したが 実際に選手たちがどんなメダルをもらっているのだろうか。

94.1%の世帯で見られたリオ五輪(オリンピックメダル獲得数 最多41個) テレビ! 動画! SNS!日本人選手大活躍はどう見られた?

🤟。 。 。

20
。 。

リオ2016 夏季オリンピック

🐲。 。 。

14
。 。

中国、台湾、香港の夏のオリンピックでのメダル獲得数推移グラフ 【2016年リオデジャネイロ・オリンピックまで】

🤩。

19