抗体 依存 性 感染 増強。 コロナワクチンによるADE (抗体依存性増強)の恐怖

コロナウイルス感染症と抗体依存性感染増強:ヒトと猫の場合

☢ 新型コロナ|抗体依存的感染増強ADEとSARS-CoV-2のワクチンおよび治療法 Nature Microbiology volume 5, 1185—1191 2020 和訳文中の数字はリファレンス論文の番号です。

10
The better term is vaccine enhanced replication or disease. 遺伝子学の権威でマローン博士は、mRNAワクチン(およびDNAワクチン)の発明者です ADE has not been confirmed in my opinion. 大阪大学 阪大 は5月25日、新型コロナウイルス感染症 COVID-19 患者由来の抗体を解析した結果、新型コロナに感染すると、感染を防御する中和抗体のほか、感染性を高める抗体 感染増強抗体 も産生されていることを発見したと発表した。

やはりワクチンは有害!?「ワクチンを接種した人々がこれほど多くコロナになる理由」研究論文が話題:抗体依存性増強(ADE)

😊 — Robert W Malone, MD RWMaloneMD 目次• 出典元・引用文献:国立研究開発法人 日本医療研究開発機構| 参考記事:厚生労働省| mRNAワクチン技術の発明者の1時間バージョンのインタビュー スパイクタンパクが体内に残っるのでは?と海外の研究者や獣医学者などが思考実験していたが、現実に報告された。 Nakayama, Songling Li, Miwa Sasai, Tatsuya Suzuki, Asa Tada, Akemi Arakawa, Sumiko Matsuoka, Kanako Akamatsu, Makoto Matsuda, Chikako Ono, Shiho Torii, Kazuki Kishida, Hui Jin, Wataru Nakai, Noriko Arase, Atsushi Nakagawa, Maki Matsumoto, Yukoh Nakazaki, Yasuhiro Shindo, Masako Kohyama, Keisuke Tomii, Koichiro Ohmura, Shiro Ohshima, Toru Okamoto, Masahiro Yamamoto, Hironori Nakagami, Yoshiharu Matsuura Atsushi Nakagawa, Takayuki Kato, Masato Okada, Daron M. 新型コロナウイルス SARS-CoV-2 のスパイクタンパク質の受容体結合部位 RBD に対する抗体は、ヒトの受容体であるACE2との結合を阻害することで、新型コロナの感染を抑える中和抗体としての役割を有しているが、スパイクタンパク質の他の部位に対する抗体の機能は不明であったという。

17
仲田洋美、、 ミネルバクリニック 院長 医師・仲田洋美の保有資格 医籍登録番号 第371210号 麻酔科標榜医 厚生労働省医政発第1017001号 麻 第26287号 日本内科学会 認定内科医 第19362号 日本内科学会 第7900号 日本プライマリ・ケア連合学会 指導医 第2014-1243号 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号 制度委員会認定 第755号 日本感染症学会認定 インフェクションコントロールドクター ID3121号 日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医 第J-535号 見ての通り、感染症専門医ではありませんが、感染症に関する二つの資格は一応持っているのと、「」の専門医でもあります。 長期的なワクチン被害の懸念 ファイザーとモデルナの COVID-19 ワクチンに含まれる mRNA は、 分解されやすいため長期間細胞内に残存することはなく( 「抗体依存性免疫増強」「抗体依存性免疫増強」では消えない例があると論文にあるが・・・)、またヒトの染色体に組み込まれることもないので、比較的安全性は高いことが予想されます。

やはりワクチンは有害!?「ワクチンを接種した人々がこれほど多くコロナになる理由」研究論文が話題 抗体依存性増強(ADE)が起こる可能性★77 [potato★]

🙏。

デルタ株 抗体依存性感染増強の可能性 研究発表

👎。 。 。

ADE(抗体依存性感染増強)って何?

😄。 。

6

新型コロナ|抗体依存的感染増強ADEとSARS

😃。

5

新型コロナウイルスの感染を増強する抗体を発見―COVID

🍀。 。

2
。 。