世界標準の経営理論。 【経営に活かす読書メモ】世界標準の経営理論 入山章栄|諸井伸吾|note

『世界標準の経営理論』入山章栄著|坂東太郎|note

🙏 ボンディング型: Dense (密な) , Closure• 255 〇「世界一のイノベーション企業」で共有されるメンタルモデル 〇トランザクディブ・メモリー・システム TMC 「SMMが「組織メンバー間の基本認識の共有」というメタ知だったのに対し、TMSは「組織内の知の分布」についてのメタ知である。 フィッシャーボディ 〇ホールドアップ問題の要因とその帰結 〇TCEは「なぜ企業が存在するか」を説明する 〇実証的か、規範的か 〇ヒアブリッド・ガバナンスに潜むトレードオフ 〇TCEから見る企業の国際化戦略 〇世界的な取引コストの低下圧力が、企業のあり方を変える 「第2の観点は、このように新興市場への進出では高い取引コストに気を配る必要がある一方で、世界的に見れば、全般的には市場の取引コストは間違いなく低下傾向にあることだ。 法則1:ポジティブ感情は、仕事への満足度を高めやすい 法則2:ポジティブ感情は、モチベーションを高めやすい 法則3:ポジティブ感情は、他者に協力的な態度をとることを促す 法則4:ネガティブ感情は、満足度を下げるのでサーチを促す 法則5:ポジティブ感情は知の探索を促す 法則6:ネガティブ感情は知の深化を促す ポジティブ感情だけでいいかというと、満足して気が緩んでしまう状況をもたらすので、ネガティブ感情も必要で、知の深化を促すものであると言うのは示唆に富む。

7
325 当たり前過ぎて鼻血が出そう… 〇理論4:リーダー・メンバー・エクスチェンジ(Leader-Menber-Exchange: LMX)[1970・80年代~] 〇リーダーは全員を「えこひいき」できるか 〇理論5:トランザクショナル・リーダーシップ(TLS)とトランスフォーメーショナル・リーダーシップ(TFL)[1980・90年代~] ・トランザクショナル・リーダーシップ(TSL) 「部下を観察し、部下の意思を重んじ、あたかも心理的な取引・交換(=トランザクション)のように部下に向き合うリーダーシップである。

『世界標準の経営理論』入山章栄著|坂東太郎|note

✌ まとめると、ボンディング型のソーシャルキャピタルとしては、 通常のビジネスでは取引できないようなモノ・情報・コンテンツがノームに基づいてやりとりされ、参加者全員のメリットになる便益 だったり、 あるいは安心などが手に入ったりと、 ブリッジング型にはなかったボンディング型独自の便益が得られるよ、とされています。 目次 『世界標準の経営理論』を手にされた方へ 序章 経営理論とは何か いまこそビジネスに経営理論が求められる、3つの理由 column1 理論とフレームワークの違い column2 世界の経営学のトップ学術誌 第1部 経済学ディシプリンの経営理論 第1章 SCP理論 「ポーターの戦略」の根底にあるものは何か 第2章 SCP理論をベースにした戦略フレームワーク ポーターのフレームワークを覚えるよりも大切なこと 第3章 リソース・ベースト・ビュー(RBV) バーニーの理論をようやく使えるものにしたのは誰か 第4章 SCP対RBV、および競争の型 ポーター vs. リアルな人々のつながりでは 、上にもあるようにボンディング型になりがちなところがあるので、 ゆるくつながる ブリッジング型を目指す流れ があるようで、 逆に最初からブリッジング型が強い デジタルでは 、 信頼関係が作りにくいためにフリーライダー問題が起きやすい、といった問題があるので、 ボンディング型の要素を取り込む流れ がある、と紹介されてます。 これまでは、低密度なネットワーク、弱いつながりのネットワークのメリットばかりが話に出てきていたのですが、 一方で 高密度に閉じたネットワーク においてもいくつか特徴があってメリットもあるよ!というのがボンディング型であり、 ボンディング型のソーシャルキャピタル です。

19
ソーシャルキャピタルには、 ブリッジング( bridging )型 、 ボンディング( bonding )型 の2種類ある• 191 ホンマ? 〇リアル・オプション戦略はいつ有効なのか 〇不確実性は1種類ではない 〇そして心理学ディシプリンへ 「第5章では、「情報の経済学」を扱った。 (ブロックチェーンは、江戸時代の株仲間制度と仕組みは変わらないって話も、なかなか興味深かったです) ブリッジング型とボンディング型の違い このように、ブリッジング型のソーシャルキャピタルだけではなく、 強いつながり、高密度なネットワークからくるボンディング型のソーシャルキャピタルもあって、 これらは全く異なるもの、ある意味正反対の効能だとも言われています。

世界標準の経営理論(第24・25章 p.439

😂 また、ソーシャルキャピタルには、 ブリッジング( bridging )型 、 ボンディング( bonding )型 の2種類あるとのことでした。 リアルな人々のつながりでは、ブリッジング型を目指す 動き、最初からブリッジング型が強い デジタルでは、ボンディング型を取り込む 動きがあり、 適切なバランスを見抜くことが重要 ソーシャルキャピタル、人と人とのつながりで得られる便益 このソーシャルキャピタルというワード、様々なところで使われるようになっているらしいのですが、 地域再生の文脈でも使われているそうな。

11
259 〇トランザクディブ・メモリー・システムを高める条件 〇顔を合わせてのインフォーマルな交流を促す仕掛け 〇ブレストは、アイデアを出すためにやるのではない 「しかし一方で、実はこれまでの研究で、「ブレストは、アイディアを出す上では必ずしも効率が良くない」ことも指摘されている…//では、それでもなぜIDEOではブレストが重視されるのか。

読書メモ: 世界標準の経営理論

⚑。 。 。

16
。 。

世界標準の経営理論(第24・25章 p.439

😛。 。 。

9
。 。

m.centura.org: ä¸

♻。 。

5
。 。

m.centura.org: ä¸

🤔。 。

4

【経営に活かす読書メモ】世界標準の経営理論 入山章栄|諸井伸吾|note

😎。 。 。

m.centura.org: ä¸

🤲。 。 。

3
。 。

『世界標準の経営理論』入山章栄著|坂東太郎|note

🤞。

1
。 。

m.centura.org: ä¸

🤘。 。 。

15
。 。