産科 医療 補償 制度。 産科医療補償制度について

お産の「もしも」を支える「産科医療補償制度」

✍ 補償金の種類 一回当たりの支払額 支払い回数 準備一時金 600万円 1回 補償分割金 120万円 20回 申請期間 児の満1歳の誕生日から満5才の誕生日までです。

18
(平成21年1月1日から平成26年12月31日出生の場合) 在胎週数33週以上かつ出生体重2,000グラム以上、または在胎週数28週以上で低酸素状況を示す所定の要件を満たして出生したこと (平成27年1月1日以降出生の場合) 在胎週数32週以上かつ出生体重1,400グラム以上、または在胎週数28週以上で低酸素状況を示す所定の要件を満たして出生したこと 注記:在胎週数の週数は、妊娠週数の週数と同じです。

出産育児一時金等の支給額見直し・産科医療補償制度の見直しに関して

☝ 〒101-0061 東京都千代田区三崎町1丁目4番17号 東洋ビル 公益財団法人日本医療機能評価機構 産科医療補償制度運営部 産科医療補償制度専用コールセンター 電話:0120-330-637、03-5800-2231 受付時間:午前9時から午後5時まで(土曜日・日曜日、祝日を除く)• この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? 1 わかりやすかった 2 まあまあわかりやすかった 3 ややわかりにくかった 4 わかりにくかった その他 (50文字以内) Q2.。 ページID K1016765 更新日 平成29年8月9日 補償申請期間 補償請求者(保護者)が分娩機関に対して補償申請を行うことができる期間はお子様の満1歳の誕生日から満5歳の誕生日までです。 補償の対象 次の 1 ~ 3 の基準をすべて満たす場合、補償対象となります。

2
この記事は役に立つ情報だと思いましたか? 1 役に立つと思った 2 まあまあ役に立つと思った 3 あまり役に立つと思わなかった 4 役に立つと思わなかった その他 (50文字以内) Q3. 2万円 総額42万円 【産科医療補償制度】 現 行:出生体重が1,400g以上であり、かつ、在胎週数が32週以上であること 在胎週数が28週以上であること 所定の低酸素状況の要件を満たすこと 改正後:在胎週数が28週以上であること なお、産科医療補償制度の見直しについては、健康保険法施行規則第86条の2第2号の規定に基づき厚生労働大臣が定めるものを廃止する件(令和3年8月4日厚生労働省告示第303号)も発出されています。

産科医療保障制度|昭和大学藤が丘病院

✍。

8

産科医療補償制度

💙。 。 。

12

産科医療補償制度とは-赤ちゃんが脳性麻痺になった場合の経済的負担の補償と再発防止のための制度

🚒。 。 。

2

産科医療補償制度

🤚。 。

。 。

お産の「もしも」を支える「産科医療補償制度」

⚒。 。

1